1つ目の龍は、火山に住む龍です。
火龍  salamnder   サラマンダー

第1チャクラはムーラダーラ(根、支えるもの)です。
基底部のチャクラです。

{BF5716B7-0DFF-4F2E-B58C-2A7BCD66989E}
場所は脊柱の底部(会陰)にあります。
(1の場所)

このチャクラは地球🌏(大地)のエネルギー
を変換して放射します。

第1チャクラ(根のチャクラ)は、原初のエネルギーを4本のスポーク変換して放射する為に、その波動は4分割したに分かれて作用し色は交互に赤とオレンジになっている。

境界線は凹んでいる。

この形は十字の印のように見えるので、このチャクラ「蛇の火」(大地のエネルギー)をあらわす為に燃える十字で表されたりする。
このチャクラはオレンジの色を呈している。
{90988C2A-B1F5-4EF2-A5F2-4302F6545C8C}

スポークは4本で十字に見えます。
(花びらが4枚と言う表現もある。)

第1チャクラ(ムーラダーラ)から取り込まれるエネルギーは身体を縦型に貫いています。

第1チャクラから第7チャクラ(サハスラーラ)まで上昇してゆくエネルギークンダリーニ(蛇の火)と言います。

クンダリーニ螺旋(コイル)と言う意味で
螺旋状に竜巻のごとく上昇していきます。
その姿をトグロを巻くに例えたのでしょう。

大地のエネルギーはです。
のエネルギーとは、?

私は、火山🌋から噴き出す溶岩だと思います。

ただし地球内部にあるマントル(mantle)です。
マントル(mantle)とは「覆い、マント」と言う意味でその名の通り地面の下から地球を覆っています。

{8A318E34-9B59-4D38-BF26-6A15EB4D0708}

マントルの中にはマグマが対流しています。

対流するマグマ常に圧力がかかっているので静電気 が起きています。

マントルの上は地殻ですから水を含んだ場所に静電気漏電し地上にいる生物はもれなく電気供給され電化しています。

地球は大きな電池ですから、空気から無尽蔵に電気が取り出せるはずです。
地熱発電とか.....。

火山が噴火する時に🌋火山雷⚡️が起こります。

{EFA19CAA-F8B9-4291-B957-A560E6464D69}
(桜島です。)

溶岩にたまった静電気が外気にぶつかって雷⚡️が起きます。

地球のエネルギーに最初に触れるのは赤ちゃんです。

赤い火のエネルギーは波動が低い為赤ちゃんはむずかります。

赤ちゃんは波動の高い星⭐️の世界からやってくるので地球の居心地の悪さにゴネてゴネて穏やかな心がすっかり消え怒り💢ばかりになってしまいます。

思い通りに行かないと怒って泣いて大変です。

体が小さくて可愛いうちは駄々をこねて怒らせていても大丈夫ですが.......。

そのまま大人になったら困りますよね。
傍若無人の愚か者、間違いなく今の政治家みたいになります。

地球の環境に根を張り生きていく為のチャクラです。

先ず、クンダリーニ(蛇の火)エネルギーをコントロールしなければならないのです。

それはクンダリーニエネルギーが、後々に生まれてくる霊能力未来を決めるからです。

むずかる赤ちゃんが次に行くチャクラ
第2チャクラ(スワディスターナ)です。

お気軽にお電話くださいね(^^)

ご面倒かけます、ポチッとよろしくお願いいたします。


古代史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
AD