よっしーのまんぷくブログ

なんもり法律事務所弁護士の吉田昌史です。日常のことをなんとなく書きます。食べもの話が多いかもしれません。たまには、同性愛について、法律問題について、少年事件について、時事問題についてなどを、真面目に話してもみようかとも思っています。たまにですが。


テーマ:

今日の午後9時から,テレビ東京で「池上彰のJAPANプロジェクト」という番組が放送された。


テーマは,憲法ということで,前半は安保法制と憲法について,後半は,憲法をからめたミニドラマを題材に生活と憲法と言うようなテーマであった。


そして,後半の中で,同性婚と憲法についても取り扱うということで僕と南がVTR用の取材を受けた。


そのVTR自体は特に何も思わないのだが,その前の部分で,同性婚と憲法の問題には看過できない問題があった。


それは,「憲法24条が同性婚を禁止しているというのが一般的解釈」とされたこと。


ミニドラマの中で,女性と結婚したいと,大学生の娘が言う。それについて,憲法を解説する役回りを与えられた祖父が「憲法24条が同性婚を禁止していると,一般に解釈されている」との趣旨の解説をするのである。


これは,明確な誤りである。


当然,僕の立場からすれば,憲法24条が同性婚を禁止しているという解釈は間違っていると思う。しかし,同条が同性婚を禁止しているとの解釈も世の中に存在するのは間違いない。


ではあるが,存在するということと,「一般にそう解釈されている」というのは,全く違う。


従来,日本の法学,憲法学の世界においては,24条と同性婚という問題は,十分な議論がなされてこなかった。またこの点についての判例も存在しない。


これまで,そもそも同性婚ということが想定されてこなかったのだから当然である。


そして,その状況は現在も大きく変わっていない。ようやく議論はされはじめたが,何か通説的な見解があるというのではない。


24条が同性婚を禁止していないというのは,別に当事者だけが願望的に主張しているのではなく,そう論じる学者もいる有力説である。むしろ,僕は,禁止されているという説をとっている論者を,それほど多くも見ていない。


また,こんなこともある。


とある自治体で,同性カップルの婚姻届けを不受理とする理由に,憲法24条をあげた。しかし,その後,別の自治体に同性カップルが婚姻届を提出した際には,憲法24条を根拠とはせずに不受理にされている。


「一般的に24条が同性婚を禁止していると解釈されている」という事実は,存在しない。


24条が同性婚を禁止するとの見解があることを述べるのはもちろん誤りではないが,その解釈が一般的だと述べるのは,明確に誤りである。


そして,この禁止説が,明確な根拠なく,なんとなく世の中に流布している。今日のような放送がなされると,禁止説が誤った形で,さらに流布されることになり非常に問題であると思う。


せっかく,今回,池上彰さんという著名な方の番組で同性婚と憲法が取り上げられたのに,非常に残念である。

また,明確な誤りは,この点につきるが,そもそも番組の構成や,扱いについてはドラマの演出含め,なんだかとても大きな違和感が残るもので、楽しみに見たのだが,見た後は,がっかり感と疲れが残った。

コツコツと情報発信をしていかなければならないと思うと同時にほんのわずかながら自分が取材に協力した番組でこのような誤った情報が流されたので,一言説明する責任があると思って,この記事をアップした次第である。



それにしても,はぁ,,,つかれた,,,。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

よっしーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。