◆・南紀田辺会だより・◆

このブログは、南紀田辺に係わるあらゆる情報を発信し、役立つことを目的としています。
感想や追加情報、新たな情報などコメントをお寄せください。
なお、本ブログ情報の信頼性保持のため、コメントは承認制とさせていただきます。

・~・お知らせ・~・
こちらには最新のお知らせをアップしていきます。


◆・平成29年度総会講演者決定・◆
平成29年10月21日(土)に開催される南紀田辺会総会での講演スピーチを、現在山形大学の学長をされている
小山清人さん
(68歳)が引き受けて下さり、
「セレンディピティな半生」と題して、お話をいただくことになりました。
小山さんは、すさみ町出身で田辺高校(第19回生)を卒業後、山形大学工学部で繊維工学を学び、副学長を経て2014年4月、学長に就任されました。高分子領域の物性研究における世界トップレベルの科学者です。


詳細はブログ記事 *平成29年度総会講演者決定 にてご覧ください。




テーマ:

平成29年10月21日(土)に開催される南紀田辺会総会での講演スピーチを、現在、山形大学の学長をされている小山清人さん(68歳)が引き受けて下さり、「セレンディビティな半生」と題して、お話をいただくことになりました。小山さんは、すさみ町出身で田辺高校(第19回生)を卒業後、山形大学工学部で繊維工学を学び、副学長を経て2014年4月、学長に就任されました。高分子領域の物性研究における世界トップレベルの科学者です。

 学生時代には誰もがアルバイトを経験します。

ほとんどが大学や高校でのことですが、小山さんのバイトの始まりは小学生の時でした。

中学時代、週末は大阪に出稼ぎに通いました。高校時代は家計に負担をかけないため、奨学金とバイトで3年間を過ごしました。

 

山形大学の副学長時代、ある進学塾で講演された小山さんのスピーチからその一部を要約して引用します。

 

「大学で卒業研究を始めた時、指導教授から与えられたテーマが『溶融紡出走行糸のX線回折』。ポリプロピレンという高分子を溶融させ、溶融状態で小さな穴から押し出し、細い糸となって固まる様子をX線で調べた。液体を流して固まる際、長い高分子鎖がどのようにして伸ばされて、固まっていくかを、夢中になって実験した。研究の途中で、農協から『お米のパンを作ってほしい』との要望がきた。お米も高分子からなっている。ポリプロピレンの研究結果をお米に適用して、お米100パーセントでパンを作ることに成功し、特許をとるとともにベンチャー会社を作った。さらに、計算機の中で実験していた『どのように流れるか』を商品化しないかとの声を受け、世界トップクラスの製品ができて、もう一つのベンチャー会社を作った。何事もきっかけは偶然でも、夢中になることによって世界で一番になることができる。」 

 

当日の講演で、小山さんはどんなお話を聞かせてくれるでしょうか。

 

南紀田辺会総会の開催は、

平成29年10月21日(土)

千代田区平河町にあるホテル「ルポール麹町」です。

みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

 

文責(玉井洋一)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年は、南方熊楠、生誕150周年。

この生誕150年に合わせ、劇団民藝では1995年に初演の「熊楠の家」を22年ぶりに再演する事となり、南紀田辺会の会員の皆様にも是非ご案内いただきたいとのご要請をいただきました。

 

劇団民藝公演

「熊楠の家」 作=小幡欣治 演出=丹野郁弓

和歌山出身の南方熊楠(1867~1941)は生物学者として、民俗学者として、在野のまま波乱に富む75年の人生を送った近代日本の巨人です。反骨精神旺盛な自由人、18か国語に通じた博覧強記の熊楠は、故郷の和歌山で粘菌の採集と研究を続け、人間の「こころ」と「いのち」を追求したのです。日常生活では虚実様々な奇行が伝えられていますが、一見豪快で天衣無縫な人物でありながら、実は自然科学者らしい繊細な神経の持ち主で、生涯に数人分の人生を生きたとも言われています。

 いわば庶民の学者だった南方熊楠の半生を、戯曲の達人といわれる小幡欣治さんが書き下ろし、菊田一夫演劇賞特別賞を受賞したこの作品は1995年に民藝で初演され、和歌山県でも3ステージを上演、好評を得ました。

 南方熊楠生誕150年の今年、初演以来22年ぶりの再演。今回はスタッフ・キャストを一新し、新たな熊楠像に迫ろうとする試みです。

 

◆・◆・ あらすじ ・◆・◆

足掛け14年に及ぶ欧米での調査研究を切り上げて帰国した南方熊楠は和歌山県田辺に腰を落ち着け、粘菌の研究に明け暮れている。

神社合祀による自然破壊に熊楠は怒りを爆発させ、ついには監獄に放り込まれる始末。

それでも藻類や菌類の珍種を発見するなど世界的業績を積み上げた彼に、摂政(昭和天皇)に粘菌の標本を献上するという話が舞い込む。

だが脳の病に冒された息子の熊弥に、献上する標本を目茶目茶にされてしまう。

やがて昭和天皇の行幸が決まり、熊弥と同じ年頃の天皇を同業の研究者と見た熊楠は……

◆・◆・◆・◆

 

出演 千葉茂則(南方熊楠)、中地美佐子(南方松枝)、大中耀洋(南方熊弥)、八木橋里紗(南方文枝) ほか

 

上演日程:会場

6月15日(木)〜26日(月)

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿南口)


◆入場料金(全席指定、税込)

一般:6,300円/U25(25歳以下):3,150円

夜チケット:4,200円(夜公演全席)

 

◆前売開始

4月27日(木)

 

劇団民藝

〒215-0035

神奈川県川崎市麻生区黒川649-1 

電話 044-987-7711

 月~土 10:00~18:00

 

※ 劇団民藝はご存じの方も多いのではと思われますが、1947年滝沢修、宇野重吉らにより結成された「民衆芸術劇場」を前身として1950年に設立された歴史ある劇団です。

 

南紀田辺会会員の皆様には、郵送で、案内文・パンフレット・返信葉書等をお送りする予定です。

たくさんの方々に劇場でお楽しみいただければと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月30日、「南紀田辺会」総会実施に向けての第2回打ち合わせを行いました。

 

 

1.冊子 (第一回を踏まえ、検討及び再確認)

▶今年のテーマ•構成骨子

▶原稿依頼/追加候補を人選

 

2.事務局の役割分担 (第一回を踏まえ、検討及び再確認)

 ▶冊子の追加原稿の依頼候補を絞った段階で、あらためて担当者を決定。
 ▶総会冊子の編集 
 ▶会員名簿の管理
 ▶広告の依頼 
 ▶案内状の送付 
 ▶懇親会の企画原 
 ▶会場下見

 

3.〆切厳守事案

 ▶総会案内原稿執筆
 ▶封筒宛名印刷
 ▶開催案内送付
 ▶冊子編集仕上げ

 

4.その他

 ▶内容については後日こちらにアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅干しを遊び尽くす1週間!

2/6-2/12の “PLAY UMEBOSHI” というイベントに、山形会長、玉井事務局長、梶原事務局員が参加してきました。

その様子をご報告します。

 

********

東京駅の真ん前、新丸ビルに行って来ました。

2017年2月10日13時到着。

[W世界遺産のまち]田辺WEEK

PLAY UMEBOSHI

 

夕方18時から21時までのイベント開催で、「立ち食い梅干し屋」や「梅干しの種飛ばし」などには参加出来ず残念でしたが、ランチの梅干し創作料理を味わってきました。

 

南紀田辺会事務局より、梶原、山形、玉井の3名で探検して参りました。

 

7Fのレストラン「SO TIRED」・・・オフィス街大手町に隣接する新丸ビルだけに、ハードな残業で心身共に疲れ果てたビジネスマンを優しく迎えるという含意なのでしょうか・・・ここの創作料理は「スッパイ、ヘルシー、ウメボシー。野菜たっぷり梅酸辣湯(ウメスーラータン)」という長い名前のスープです。

ネーミングからして、そうなのかと思われますが、食してみると、

中華スープの酸辣湯に程よく梅の味が加わったスープでした。

酸辣湯本来の酢の代わりに梅を使用しているのかと思われますが、梅の存在感がしっかりあってとても美味しかったです。

 

また、「梅しらす炒飯」も一緒にいただきました。こちらはカリカリ梅を小さく刻んで、しらすと炒り卵でまとめた炒飯です。

しらすと炒り卵の甘みにカリカリ梅のピリリとした酸味がとても良い味のハーモニーとなっていました。

 

東京駅は文字通り東京の玄関口ですから、この東京駅の真ん前の新丸ビルでこのようなイベントを企画し、実践された田辺市役所の皆様の力量は凄い物だなと感心した次第です。

「梅干し種飛ばし」ゲームに参加出来なかったのが唯一の心残りです。

 

以上、[W世界遺産のまち]田辺WEEK PLAY UMEBOSHIの探検レポートでした。

(文責 山形友紀)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の「南紀田辺会」総会は10月21日(土)です。

それに向けての第1回会合が

2月2日(木) 18時~19時半

高田馬場 戸塚地域センターで行われました。

 

総会までのそれぞれの役割分担、又、今年の総会で講演していただきたい方の候補を相談し、お願いの打診をする事に決まりました。

 

第2回会合は3月30日(木)です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 会長 : 山形 友紀(21回生)

 副会長 : 杉若 吉彦(22回生)
 会計監査 : 佐山(濱口)紗千子(18回生)
 顧問 : 鈴木俊郎(10回生)
 事務局長 : 玉井洋一(21回生)


【 事務局員 】

 梶原(小出)峰子(19回生)  

 嶋脇(益山)(22回生)
 笠原(愛須)まち(25回生)   

 星(真砂)さち子(25回生)
 橋本(尾崎)景子(28回生)  

 西村守弘(42回生)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「南紀田辺会」新会長挨拶

昨年度の第14回定時総会において会長に選任され、本年1月1日に就任いたしました。
微力ではございますが、南紀田辺会の発展のために力を尽くしたいと考えております。何卒、ご支援を賜りますよう改めてお願い申し上げます。

平成29年1月    南紀田辺会会長  山形友紀

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。