元なにわ娘のボルダリング日記

なにわ娘も今や東京のコンクリート砂漠でOL生活…
もはや『娘』とも言えない年齢になりましたが、そこはご愛嬌ということで。ぼちぼち再開します。


テーマ:
さて、2/16にJFAのNEWSにアップされ、Twitterでも一部話題になっていた
豊田の天ヶ峰エリアに関して。

JFAでは「立ち入り禁止」という表現が使用されていましたが、
きちんとしたソースや詳細が明示されていなかったために
「工事をしていなければ入ってもいいらしい」「原則禁止」
「行ってみないとわからない」など情報が錯綜し始めていたので、
森林組合に直接問い合わせてみました。
以下は担当者とやり取りした会話の核心部分です。

※S=satomix  担:森林組合の担当者

S 「石楠町上藪(せきなんちょうかみやぶ)で行われている森林整備事業
  第一号の工事について質問です。平日と土曜日は作業があるので
  立ち入り禁止と伺いましたが、完全に禁止でしょうか?」

担 「いえ、作業に支障が出なければ平日と土曜日でも立ち入ってもらって
   構いません」

S 「作業の邪魔にはなりませんか?」

担 「大型のダンプカーの通行がある場合は車の移動をお願いしたり、
   作業員が作業中に来られた場合は終わるまで待っていただくことが
   あるかも知れません。
   なお、クライマーの方が先に登っておられたような場合は、
   我々の方が別の場所で作業するなどして登り終わられるのを
   待つことも考えています」

S 「いっそ立ち入り禁止にして作業を優先された方がよくありませんか?」

担 「あの工事は禁止制限ができない種類のものなので、立ち入り禁止には
   できないんです。よって、お互いに譲り合いながら…という形になると
   思います」

S 「わかりました。ちなみに日曜日は作業はありませんか?」

担 「はい、日曜日は休工なので終日立ち入りOKです」

S 「工期はいつまでですか?」

担 「3月15日までです」


てな感じです。
現在、豊田は路上駐車の多さからアクセス問題に発展する危険を
はらんだエリアになりつつあり、ローカルを中心に特にピリピリとした
雰囲気になっています。

そうした現状があるためか、ともすると情報がマナーやモラルといったものと
一緒くたになって論じられる傾向にあります。
個人的に情報は情報として認識・精査し、マナーモラル論は別軸で
議論されるべきだと考えているため、ここでは森林組合の担当者との
やり取りを単なる「事実情報」という形で記載しました。

この文面だけだと、平日も工事の邪魔にさえならなければ登りに行っても
大丈夫ということになります。
しかし、工事関係者は良しとしても、

周辺に住む地元の方がどう思われるか

これは別問題です。
ここからはマナー・モラルの話に直結してきますので、あくまでも私見として
読んでいただければ幸いですが…

工事現場の近くに駐車している
作業員がクライマーに気を遣いながら仕事をしている…

道交法的にアレなのはさることながら、“心象という点で考えても、
工期中にクライマーが訪れて登るのは、
やはりいいことは一つもないように
私は思います。
よって、「工期終了の3月15日までは日曜日以外は立ち入るべきでない」
これが私の意見です。
天下峰は主にルートのエリアなので、ボルダラーのお前が言うなと
言われそうですが、“ロッククライマー”としての意見ということで…(汗)

前述のやり取りを読んでどのように感じ、どのように行動するか。
今回の一件に関しては個々人の判断でいいと思います。
どの場所でどういう行動がどんな結果を生むのか、クライマーみんなが
考えるきっかけになれば幸いです。


satomix
AD
いいね!(0)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。