2010年07月12日(月)

決勝: オランダ 0 vs 1 スペイン

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

前半立ち上がりから15分まではスペインのペース。細かいパスがよく回った。

その後、オランダが激しい当たりでボールを奪い返し、サイドチェンジを多用した攻撃をしだす。

互いの長所が良く出ている、スペクタルな戦いだ。


相手選手との争いに絶対に負けまいとする意地と意地とのぶつかり合い。ボール際での一対一の攻防。

チーム同士の戦いであると共に個人同士の戦いも内包されるのがフットボールの醍醐味であり、それが良く現われた前半だった。


前半の45分間があっという間に終わってしまった・・・。



後半はスペインが息を吹き返す。一度はオランダに傾きかけたペースを引き戻す。オランダの体力が低下してきたのだ。スペイン選手達のスタミナは無尽蔵なのか!? スペインの攻撃は続く。どこまでもパス&パスで敵陣に攻め入るMF7イニエスタ、MF8シャビ、MF10ファブレガスらの選手達。FW22ナバスは右サイドからドリブルを仕掛け、ゴール前にクロスを上げる。どこまでも魅惑的なサッカーをする。

そして118分、ついにスペインMF7イニエスタのゴール。


無敵艦隊がついに世界を征服した。


スペインのサッカーが世界の頂点を極めること。 それは、今後の世界のフットボールを更に面白くしてくれることに繋がる。 ヤッタね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年07月08日(木)

準決勝: ドイツ 0 vs 1 スペイン

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

圧倒的なスペインのポゼッション。パス回し。

今大会、中盤の選手達の速い出だしと活動量で、イングランドやアルゼンチンを圧倒してきたあのドイツがまるで歯が立たない・・・。ドイツの選手はボールが取れない・・・。


凄いぞ、スペイン! この準決勝でついに本来の調子がでてきたのか!?

美しいパス・サッカーを標榜し、それを実現し、そして勝つ。

今大会、って云うか、大抵のW杯では、堅守からの速攻によって勝利を見い出すサッカーが主流となる中、そうしたスタイルに真っ向から対立するサッカーを体現するチームが勝ち残った。 これが喜ばずにいられようか。


MF6イニエスタ、FW7ビジャ、MF8シャビ、といったタレント達は華麗なだけでなく、守備でも貢献する。比較的前から敵を追いまわし、MF14アロンソとMF16ブスケッツの二人のボランチがインターセプトするのを助けていた。

ディフェンス・ラインも終始かなり高い位置をキープしていた。そのディフェンス・ラインをコントロールしていたDF5プジョルとDF3ピケの二人も凄かった。プジョルのガッツ、ピケの自陣奥深くからの前線への高精度のパス。

DF15セルヒオ・ラモスの右サイドからの攻撃参加はドイツ・ディフェンスを押し込め、ドイツに攻撃の糸口を与えなかった。

個性豊かなスペインの全ての選手が、チームとしての動きを自在にこなす。強いはずだ。


欲を言えば、もっと点を取ってもらいたい。 攻撃回数の割りに点が入らない。が、こればかりはしょうがない。世界的な問題だ。

タマタマ運よく現われる一人の超天才ストライカーを待つより、今のスペインのように圧倒的なポゼッションを有して相手の攻撃回数を極端に減らし、自分たちの攻撃機会を増やすサッカー。 こうしたサッカーを標榜するチームが増えて欲しい。


現段階での日本サッカーに、このスタイルを求めるのは現実的ではないだろうが、いつかは・・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年07月07日(水)

準決勝: オランダ 3 vs 2 ウルグアイ

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ


イヤーっ! 面白い試合だった。


どちらかといえばオランダが優勢に進めていた試合だったが、前半の20分過ぎや後半終了際などはウルグアイも押していたし、その他の時間帯でもウルグアイの堅守からの速攻は迫力のあるものだった。どちらも持ち味を出したすばらしいゲームだった。


堪能した。


さて、次もハイライトだ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年07月04日(日)

ROUND8: ドイツ 4 vs 0 アルゼンチン 

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

今日も、本大会屈指の好カード。

昔からのサッカー大陸、南米とヨーロッパのサッカー戦争が今日も始まる。


前半3分。MF7シュバインシュターガーがカーブをかけてゴール前に入れたボールは、MF13ミューラーがほんのチョット頭で擦らせただけだった。セットプレイからドイツが先制。

ドイルは中盤のタレント達が面白いようにパスを繋げる。ボールも人も動くサッカー。華麗だ。

ドイツのパス回しに手こずったアルゼンチンは、前半の開始からしばらくの間、ボールを持てなかった。

だが、ドイツのパスのタイミングに慣れてきた頃から、ボールを奪えるようになり、攻撃陣にお得意のドリブルが出だしてからは、徐々にペースを引き寄せるようになってきた。


パスのドイツ vs ドリブルのアルゼンチン。

中盤に屈指のタレントを揃えるドイツ vs 自由奔放な攻撃を繰り出す3人を有するアルゼンチン。

互いのチームの特徴が際立ってきた。そうこなくっちゃ! 面白くなってきた。


面白くなってきたところで、前半終了。


後半。

まさかココまでアルゼンチンがやられるとは・・・。 ドイツMF7シュバインシュタイガーにしてやられた。

なんということだ・・・アルゼンチンが沈んだ。 しかも木端微塵にされて・・・(TωT)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年07月03日(土)

ROUND8: ブラジル 1 vs 2 オランダ

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

オランダとブラジル、お互いここまでポゼション・サッカーで勝ち上がって来たチーム。


前半。

どうやら、この試合ではブラジルに分があるようだ。


ブラジル相手のオランダはカウンター攻撃をせざるを得ないはずだが、守備から攻撃に移った瞬間の中盤の選手の動き出しが遅い。っていうか、ブラジル守備陣の戻りが速すぎるのか?

オランダは手詰まり感いっぱい・・・。なす術がない・・・。


それにしても、開始10分のあのスルーパスは何だったんだ!? センターサークルより後方にいたMF5フェリペ・メロから最前線にいたFW11ロビーニョへの40m以上のスルーパスは?? あの二人の間に誰もいなかったのか?

ブラジル 1 vs 0 オランダ で折り返し。

後半10分。 オランダのセットプレイ。

MF10スナイデルの蹴ったボールは、ブラジルGK1セーザルとMF5フェリペ・メロが交錯した隙にゴール・イン。

ブラジル 1 vs 1 オランダ。 なんと、オランダ、追いついたよ!


同点にされてからのブラジルは浮き足立つ。オランダは冷静にパスを繋ぐようになる。ブラジルは焦りからかファールとミスが目立ち出す。しかも、ブラジルは中盤のスペースが空きだしてきた。明らかに走っていない選手がいる。

サイドでのオランダFW11ロッベンのボール・キープとドリブルが効いている。彼を止めるためにブラジルは、またファール。 

で、オランダのセットプレイからMF10スナイデルがヘッドで決めて2点目。

ますますブラジルは浮き足立つ。明らかに感情を抑え切れていない選手が目立つ。FW11ロビーニョなんて駄々っ子なガキだ。 ア~ァッ! ブラジルMF5フェリペ・メロがオランダFW11ロッベンを踏みつけて一発レッドカードで退場。 オイオイ、ブラジルはガキどもの集団か? 何をそんなに焦ってるんだ・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブラジルが壊れた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


試合終了。


世界中に不様な試合を魅せてしまったブラジル。

リードされてからのブラジルはチームとしての呈を成していなかった。退場者を出してからのドゥンガの選手交代もお粗末だった。


それに対してオランダは大人の試合をした。技術的には劣っていたが、試合展開への対応と主審への対応、そして、試合終了まで全員が走りきったガッツによって勝利した。

見事オランダ!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年06月30日(水)

ROUND16 パラグアイ 0 vs 0 日本

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

Round16に入ってからの各試合はどれも点が入って面白い。

やはり、アルゼンチン、ブラジルは目立つ存在だ。


さて、日本代表のRound16は・・・?



前半。

日本の先発メンバーはグループリーグ3試合と変わらず。

戦い方も変わらずに、カウンター狙い。 ピンチもチャンスも五分五分。

試合自体は面白いものじゃァない。 しょうがないけど・・・。


後半。

基本的には前半と同じペース。

MF14中村の投入によって多少は攻撃的布陣になったようだが、ドラスティックな変化はみえず。


0vs0のまま、延長へ。

延長戦も30分を終えて、結局スコアレス・ドロー。

両チームとも決め手に欠けた。


今までのRound16の試合の中では最も面白くない戦いだった。 しょうがないけど・・・。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年06月26日(土)

グループG: ブラジル 0 vs 0 ポルトガル

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

前半。

圧倒的じゃないかブラジルのポゼッションは!

ポルトガルはもう少しボールを持てるのかと思ったが、ほとんど相手のミス待ち以外に手立てがない模様・・・。



後半。

一転してブラジルがミスを連発。 流れはポルトガルに傾きつつも、引き分けでよいポルトガルはC・ロナウドを前線に残し、残りの面子で守備のブロックを構築。ブラジルはポルトガル・ディフェンスの中に入っていけなくなった。


結局、ゼロ・ゼロ。 終わってみれば凡戦。
第二戦までの戦績で決勝トーナメント進出を決めていたチーム同士では、ヒリヒリするような緊迫した試合は無理ってことか!?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年06月25日(金)

グループE: デンマーク 1 vs 3 日本

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

デンマークはいきなり怒涛の攻撃を仕掛けてきた。予想していたとはいえ、あそこまでのパス回しをしてくるとは。ワンタッチでボールをはたくと同時にフリースペースに動き、そこでまたパスを貰い、そしてまたワンタッチではたく。素晴らしいパスワークだ。ロングボールを放り込んでくるのでは?との当初予想を覆すデンマーク。


このデンマークの攻撃に、最初のうち日本は間誤付いた。 だが、ラッキーなことにこの攻撃を10分間凌ぐことができた。これが大きかった。


前半を終了した時点で日本が2点を得た。 嬉しい予想外。

本田と遠藤。二人のフリーキックはいずれも見事だった。特に遠藤のは、デンマークの裏を完全に衝いたものだった。

午前3時に起きたカイがあったってもんだ。


2点のリードによって、日本は攻撃のリズムも活性化され、いい形で試合を折り返すことが出来た。


後半。

デンマークのパワープレイはカメルーンに比べれば緩いものだった。そう見えたのも、日本の守備の安定が向上したからなのか?

デンマークに1点を返された後にも、カウンターでまた1点を追加し返したことが大きかった。


それにしても、このチームがここまで楽しませてくれるとは思ってなかった。


次の相手はパラグアイ。 コリャまた面白い相手となった。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年06月24日(木)

グループC: イングランド 1 vs 0 スロベニア

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

前半の出だしはどちらかというとスロベニアの積極性が目だった。

オッ!と思わせるスロベニアのゲーム・スタート。イングランド相手であろうと、カテナチオを掛けるような守りはしない。その姿勢が気に入った。

どちらかというとイングランド寄りでこのゲームを見始めたのだが、こうなったら、ヨーロッパの古豪サッカー・ネイションにはフランス共々消えてもらっても構わないか!?などという気もしてきた私は途中からスロベニア贔屓へと心変わりした。


だが、前半23分、イングランドFW9デフォーの先制点。見事なクロス。見事なボレー。 なんだか悔しいがサスガだ。


結果としては、イングランドが勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。スロベニアは惜しくも予選敗退となった。


両チームとも技術的に圧倒するような場面はお互いになかったが、どちらのチームもガッツが表に出たイイ試合だった。特に後半、体力を消耗してきてからの両チームの気迫は、画面を通しても伝わってきた。

イングランドのセントラル・フィールドの選手たち、MF4ジェラード、MF6テリー、MF8ランパードはココゾと云うときに気力を振り絞って身体を投げ出し、タックルをし、全力で走っていた。

スロベニアの選手達もほとんど全員が最後まで良く走り、攻撃の意志を捨てなかった。守備でもイングランド選手達に身体を寄せていた。


敗れはしたが、スロベニアの選手達は堂々と国に帰れるだろう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月23日(水)

グループA: 南アフリカ 2 vs 1 フランス

テーマ:2010南アフリカ・ワールドカップ

戦前。

決勝トーナメント進出の可能性がゼロではない両チーム。

だが、どちらも大量点を得て勝たなければならない・・・・・って、ことは、余程のことがない限り決勝トーナメントに進出することは実質的に無理だということだ。


だが、どうしてもこの試合は観ておきたかった。

フランスは落ちるところまで落ちてしまったのか? あるいは最後の意地を見せるのか?

南アフリカも最後に開催国としての意地を見せてくれるのか? それとも、アフリカのチームをオーガナイズドするのは厳しい、という先入観をまたも世界に示してしまうのか?


個人的には、南アフリカに頑張ってもらいたいのだが・・・



結果的には凡戦だったナ。

フランスの選手は全然走らないし、コンビネーションなんてほとんど機能していなかった。後半にアンリが入ってからは多少の改善は見られたものの時既に遅し・・・だった。

南アフリカの攻撃は、パスこそ繋がるものの、MF8チャバララによるフランス・ディフェンスの崩し以外にはたいした工夫も見られなかった。それでも南アフリカは勝とうとする意志は魅せてくれた。それが救い。


フランスは次のユーロまでにチームをどこまで建て直せるのか?

大幅な若返りが図られるのは間違いないんだろうが・・・ 先行きは簡単そうには見えない・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。