1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月17日(水)

『文化進化論 ダーウィン進化論は文化を説明できるか』

テーマ:なんでも読んでみよう

 

アレックス・メスーディ/著, 野中香方子/訳, NTT出版(2016)

 

 

ここ数ヶ月の間に読んだモノの中で最も印象に残っているのがコレ.

設計とか解析とかを生業とし,理系寄りの思考にバイアス掛かっている私は,当然のことながら(当然と言ってイイのか?)ダーウィンを尊敬・敬愛している.

そこへきて,『文化進化論』という書名を見たときは,つい触手が動いた.

“ダーウィン進化論は文化を説明できるか”,という副題(問い)にも心引かれた.

 

20世紀後半は,ダーウィンの進化論が理論フレームとなって様々に細分されていた生物学の各分野が統合されだした.そして,今世紀に入ってから,進化生物学は飛躍的発展を遂げており,それは今も進行中だ.

 

人文科学とか社会科学と呼ばれる分野,いわゆる人類学,考古学,経済学,歴史学,言語学,心理学,社会学などの分野は,それぞれに研究されてきたものの,分野間をつなぐ理論的枠組みなどは見当たらず,相互理解に及んでいようには見えない.

理系の世界では,医学と工学とか,機械系と化学系とか,心理学と脳科学とか,文学とコンピュータサイエンスとか,分野を横断した研究,いわゆる学際的研究が頻繁に行われている.

それに対して,文系同士,人文・社会科学の異分野間では,学際的研究が図られているようには見えない...というのが,これまでの私の認識だった.

だが,人文・社会科学の分野,枠組みにも変化は現れてきているのだ.

 

本書は,ダーウィン的進化論のフレームワークを使って人文・社会科学の各分野を統合しようとする企ての書だ.文化を(自然)科学的に説明する書,といってもイイかもしれない.

 

文化を進化論的に説明するとは,社会科学分野の現象や項目が,変異,競争,継承,という3つの条件に当てはまるものなのか否かを検証することだ.

そして,その上で,

 ・過去から現在への流れが説明できる

 ・定量化できる

 ・ミクロとマクロを統合できる

 ・実験や実地調査が,その分野の事柄を説明するのに有効的なツールとなる

ことなどを,示していくのである.

著者は最終的に,文化進化の構造を進化生物学の構造と対比してみせ,自然科学(理系)と人文・社会科学(文系)との統合までが可能であることを示唆している.

 

細かな突っ込みどころがあった気がするが,総論的には非常に面白くエキサイトさせられた記憶がある.日本語訳も熟れていて300ページ強を一気呵成に読むことができた.

 

それにしても,NTT出版は良質の本を出すというイメージが強い.文庫化してくれれば更に良いのだが.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月04日(日)

『里山資本主義』

テーマ:なんでも読んでみよう
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)/KADOKAWA / 角川書店

藻谷浩介・NHK広島取材班/著、 角川oneテーマ21(2013)



かなり前から話題になっていた新書。
ブックオフで購入。

(A) 忙しく働いて高い給料をもらうが、日々の生活に掛かる出費も大きい都会で働くこと。

(B) 余り多くはない給料だが余裕のある働き方で、生活費はさして掛からず、仕事以外の
   生活にも時間を費やせる里山での暮らし。

収入と支出の差が(A) と(B) で大して変わらないのなら・・・、

里山への移住がそれほど大変なことではなく、場所によっては簡単で歓迎されるのであれば(実際、そういう所も増えてきている)・・・、

(A)ばかりではなく(B)という選択肢もあること。
ある時期・年齢までは(A)で、別の時期・年齢からは(B)で、という生き方もあること。

などを示している本書。魅力的な提案。


「経済成長」というコトについても考え方の転換を図るような示唆があったり、他にもいろいろと考えさせるコトがふんだんに書かれている。

ベストセラーになるのも解る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年11月05日(水)

『理科系のための英文作法』

テーマ:なんでも読んでみよう

『理科系のための英文作法―文章をなめらかにつなぐ四つの法則』  杉原厚吉/著, 中公新書(2011),電子版(2013)


もうホント,今更!って感じがタップリなんだけど,こんな本を読んだ。

少しでもマシな英語の論文を書けるようになれればと・・・・・。いい歳して,何を今更だよな・・・。


kindleを購入して,電子版で読み終えた最初の本がコレ,ってことで,恥ずかしいけど記録しておく。f^_^;


電子版で読んで良かったと思えるのは,途中判らない英単語が出てきたときに,その単語を指で押さえると,その単語がハイライトされて,直ちにkindleに内蔵されている英和辞典に跳んで,ポップで意味や用法などを表してくれることだ。

おかげで細部に拘ることなく,本筋がスイスイ読めた。

今後,このテの本は電子版で読もっと!


肝心の中身についても目から鱗のコトばかりで,英語論文を書くときには傍らに置いておくべき本になりそうだ。

日本語の文章を書くときにも役に立つ内容が満載。お薦めです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年08月14日(木)

『アホウドリの糞でできた国』

テーマ:なんでも読んでみよう

20分もあれば読めちゃう本。

仙台で飲んで,ほろ酔いで新幹線に乗る前に,駅構内の書店で目に付いて衝動買いしたモノ。


『アホウドリの糞でできた国』  吉田靖/文, 寄藤文平/絵, アスペクト文庫(2014)

赤道付近の太平洋上に浮かぶ島国,ナウル共和国。

サンゴ礁に来たアホウドリの糞によってできた島。このアホウドリの糞が長年にわたって堆積した岩は燐鉱石という資源になった。


第二次世界大戦後,占領から解放され独立したナウル共和国政府は,この燐鉱石を採掘して世界中に売ることにした。

莫大な富を得た共和国。ナウル国民は税金なし,教育費や社会保障費なし,の生活が保障されることになった。

あげくの果てに食事はすべて外食。国外からお手伝いさんを雇い,共和国民は誰も働かなくなった。それでも国は富んでいる。


だが,鉱物資源には限りがある。そりゃそうだ。

しかも,枯渇は早くやってきた。20世紀中に。


国家の危機に直面したナウルの人々はどうしたか・・・。


日本人からみたら,行き当たりばったりの付け焼刃的な対処しかしない・・・。

そんな国はどうなるのか? 働くことを忘れ,怠け者しかいないナウルの人々はどうなるのか??


↑ かようなことが,ユル~イ調子の文章と絵で描かれている。そんな文調や画体からなのか,ナウルの人々には深刻さや悲壮さが窺えない。

ケセラ・セラ, レット・イット・ビー(ゴー),なるようになるさ,的な暮らしもイイのかも。。。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年06月06日(金)

『小布施 まちづくりの奇跡』

テーマ:なんでも読んでみよう

『小布施 まちづくりの奇跡』  川向正人/著、 新潮新書(2010)


長野県北部の小さな町、小布施(おぶせ)。

この町には毎年、人口の100倍=120万人の観光客が訪れるらしい。

観光客の主な目当ては、町の中心部にある「修景地区」と呼ばれる地域を散策することにあるのだという。どこか懐かしい趣きを醸し出す場所らしい。


通常の「伝統的町並み保存」とは異なる手法=修景(しゅうけい)によってまちづくりを行う小布施町が、どのような経緯で今の状況に至っているのか。

小布施町に「まちづくり研究所」を立ち上げた東京理科大学の教授が、小布施流まちづくりを内側から描く・・・。



まさに奇跡と呼べるような、ラッキー要素がいくつも重なった状況で小布施の修景地区が形成されたことが判る。

幕末に葛飾北斎が何度もこの地を訪れ、多くの作品を残してくれていたこと。

建築物単体ではなく、それと連続する空間をも考慮に入れて設計する建築家:宮本忠長が近隣地区の出身だったこと。

町長が修景地区の住人だったこと。

五者会議と呼ばれる修景地区に住んでいる住人は、もともと公共に対する意識も高く、それなりに所得も高い人達だったこと。

・・・などなど、この地域独自の条件の基でまちづくりがなされてきた。



他の地域のまちづくりに携わる人たちが、小布施を見習って似たようなことをしようとしてもダメだろう。

本書は、ドキュメンタリーとして読むもので、まちづくりの教科書にはならない。おそらく著者もそんなことは考えていないだろう。

地域デザインやまちづくりを志す若い人たちの動機付け、意識付けするのに良いのかもしれない。

いや、観光ガイド本として読むのがイイかも。少なくとも私はこの地に行ってみたいと思った。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2014年06月05日(木)

『市民のための景観まちづくりガイド』

テーマ:なんでも読んでみよう

『市民のための景観まちづくりガイド』 藤本英子/著、 学芸出版社(2012)


最近、まちづくりに関する本を幾つか読んでいるが、どの本にも成功した(と云われている)まちづくりの事例が具体的な都市名を挙げて紹介されている。

事例紹介に多くのページを割くということは、まちづくりというのはオーダーメイドであって、すべてに共通した理屈や理論などというものは無いってことなんだろうと思っている。

「良いまちづくり」とは何か?ということを一般化することはできないってことだ。


本書は、「景観」にスポットを当ててまちづくりを行おうとするときのガイド本、日本初のテキストだと銘打っている・・・・・。


本書を読んで気になったところをメモっておく。


■本書の著者は、小樽運河を観光資源としたまちづくりについてポジティブに捉えている。

 だが、別の本の著者は、観光客の増加は観光会社とタイアップした一部の店舗(寿司屋ネ)だけが

 潤っているだけで、大方の近隣住民には関係のないことであり、彼らは別の店に行っているという。

 「まちづくり」とは、そもそも地元住民の幸福度をアップすることが目的だとすると、小樽の例は

 成功事例と云えるのか? 疑問に思えた。


■本書で挙げている景観評価指標について、工学屋の私にはどうにも客観的だとは思えない・・・。

 <本書でいう景観評価指標8コ>

  ・周辺景観との調和を図っている

  ・地域特性(自然・風土・歴史・文化)を活かし、地域性のある景観をつくりだしている

  ・緑化・オープンスペースなどにより、潤い・ゆとりのある景観をつくりだしている

  ・住民が参画し、親しまれ、誇りを持てる景観づくりが進められている

  ・良好な維持管理が図られている

  ・活力を生み出す景観をつくりだしている

  ・優れたデザインにより新しく魅力ある空間をつくりだしている

  ・町並みの形成に貢献している

 

ん~? ↑ こういうのを指標っていうのか??



で、本書も含めてイロイロ読んでみて・・・、

結局、まちづくりの専門家がキチンと全体をコントロールすることの実現性はあまり大きくなくて、多くの普通の住民・生活者が少しづつ長期にわたって関わってゆくことが大事だってコトなんだろうか!?

それじゃ、専門家の役割ってなんなんだ?ファシリテーターか?

専門家の関わりが低いってことは、それだけ成熟した社会なのか?

                              ・・・・・・なんてコトを漠然と考えちゃう・・・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年06月01日(日)

まちづくり関連本

テーマ:なんでも読んでみよう

ある講義を受講するため、関連本をたてつづけに読んでみた。

市の図書館にお世話になって・・・。市民図書館って,ホントありがたい・・・。



『まちづくりDIY 愉しく! 続ける! コツ』  土井勉・柏木千春・白砂伸夫・滋野英憲・西田純二/著, 学芸出版社(2014)

『地域再生の罠』  久繁哲之介/著, ちくま新書(2010)

『市民のための景観まちづくりガイド』 藤本英子/著, 学芸出版社(2012)

『小布施 まちづくりの奇跡』 川向正人/著, 新潮新書(2010)

『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』  山崎亮/著, 学芸出版社(2011)


要は、どれだけ気長に、気楽に、面白がって続けられるか!? そこにかかっている!ってコトなんだろうが、そうしたコトがいかに難しいか・・・・・


近所付き合いもほとんどせず、自宅の庭の整美さえままならない私などが、何を大それたことに興味を持ったのか???

意識を変えることから始めないとね。。。まずは自分とこの庭からだね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月24日(火)

クライシス・コミュニケーション

テーマ:なんでも読んでみよう


『危機管理対応マニュアル―「情報開示力」が企業の危機を救う!』 東京商工会議所/編、 サンマーク文庫(2005)



『「危機管理・記者会見」のノウハウ―東日本大震災・政変・スキャンダルをいかに乗り越えるか』 佐々淳行/著、 文春文庫(2011)

業務と云おうか学業と云おうか、迷うところであるが、ある課題・宿題として一読を求められたのが前者。

その課題本と併せて自主的に読んだのが後者。

記者会見に備えてのノウハウ本、マニュアル本。

そんなこと経験したくないけどね。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年09月07日(土)

『作家の本棚』

テーマ:なんでも読んでみよう
8月27日の記事で、しばらくはミステリー作品を読んでいこう! などと大嘘を書いてしまった・・・。
このところ読んでいたのは、歴史・・・、サイエンス・・・、を少々、といったところ。

その間に↓このような気軽なモノも。



『作家の本棚』 アスペクト文庫(2012)


角田光代、桜庭一樹、石田衣良、穂村弘、有栖川有栖、神林長平、菊池秀行、川上未映子、みうらじゅん、山崎ナオコーラ、山本幸久、西加奈子、夢枕獏、中島らも

の本棚。

覗き見の本。

なんだかんだで皆さんキチンと整理してらっしゃる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年08月15日(木)

『つむじ風食堂と僕』

テーマ:なんでも読んでみよう

『つむじ風食堂と僕』  吉田篤弘/著、 ちくまプリマ―新書(2013)


『つむじ風食堂の夜』  『それからはスープのことばかり考えて暮らした』  『レインコートを着た犬』

の<月舟町>三部作。

本作はそのスピンオフ作品とのこと。

三部作のうちの最終作が出る前に番外編が出る・・・・? そういうこともあるのか??



『それからは・・・』で登場したサンドイッチ店<トロワ>の店主の息子=12歳のリツ君が主役の連作3短編集。たった100ページ。直ぐ読み終わる。チョットした待ち時間に最適。


実際、私の場合、カミさんと娘が買い物してる間に書店に入って本書を購入し、読み始めてから数十分で読み終わってしまった。(結果として、立ち読みでも良かった・・・)

それでも彼女らの買い物は終わらないので、再度書店に入って別の本 『決定版 切り裂きジャック』 を購入し直す始末。


暑い戸外には出ず、冷房の利いた室内でほのぼの読書するのにイイ本です。もう1回読も。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。