2008年06月28日(土)

『黒死館殺人事件』

テーマ:ミステリーとか

『黒死館殺人事件』  小栗 虫太郎/著、 河出文庫(2008)  初出は1935年だそうだ



読み終わるのに1ケ月以上掛かった。

って云うか、正確には読み終わっていない。300ページを過ぎてからは飛ばし飛ばし読んだ。どうせ訳判らない内容なんだから、大まかな筋だけでイイや、って思ってからは一晩で読んだ。


イヤー、もう、これ! 最も嫌いなタイプのミステリだった。最初の20ページ程度を読んで、嫌な予感がしたんだ。探偵役も、その取り巻きの奴らもナンテコッタ・キャラだった。これ見よがしのウンチクの披露、その口調・文調、どれをとっても、何から何まで、私の趣味には合わない・・・。


しかし、昭和初期のミステリなんだから、時代も価値観も文化的背景も異なる人の書いたミステリなんだから、現代の少々ヒネタ中年男の趣味とは違っていて当たり前なのだと思い、どこまで読めるのか、チョイと意地になって読んでみた。ことさら躍起になって読む必要も、アタマっから否定して読む必要もあるまい、と思い、延々1ヶ月も掛けて読んできた。


で、結局、私には、私の能力では、この小説に対する評価・コメント・理解は不可能だ、ってことが解ったのだった。(← こんなことが解るのに1ケ月も費やしたとは・・・)


どんな小説か? ということの知識だけを得たいのであれば、全文を真面目くさって読む必要などない。

この文庫の巻末の解説を読めば十分である (解説者の思い入れタップリの文章が2編載っている)。



それにしても、これを書いた小栗虫太郎って人は、面白かったんだろうな。これを書いている最中。

恐らくは自分の趣味・興味だけを、好き勝手に詰め込んで書いたんだろうな。

作品に対する個人的な好き嫌いはともかく、マニアックで一種悪趣味なことをひたすら披露するだけの作品が、こんなふうに世に出ていることについては、純粋に凄いなと思ってしまう。感心してしまう。こんなアホらしくて、モノ凄くヘンな小説が何十年も流通していること自体は喜ばしいことである。解説者のように、この小説に価値を見い出す人たちがいることもなんだか安心する。


アホさ加減も徹底するとそれは芸になる。

読者の意表をつく、唖然とさせるほどアホなことが書けなくて、なにがプロの小説家か! などとも思ってしまう。

そういった意味では、この作家は超一流のプロであったのだナ・・・きっと。


最期はまったくこの作品とは関係のない感想になってしまった。。。私はいったい何に感心しているんだ。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

nanikaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

15 ■ディックさま(虫太郎さん)

たぶん私も二度と近付かないでしょう。

でも、多くの人が投げ出してしまうほどの作品が、これほど長い間、世の中に出回っているというのも何だか不思議で素敵です。

14 ■nanika さんと小栗虫太郎だなんて!

これはまた、よくまあ、投げ出さずに読まれましたね。

>イヤー、もう、これ! 最も嫌いなタイプのミステリだった。

ぼくは30年前に挑戦して、投げ出して、それ以来小栗虫太郎さんには近づいてもいません(笑)

偉いと思うのは感想の長さ。無視すればよいのにこんなに長く書かれたのは、よほど腹に据えかねたのか…。

13 ■ぐた様

>早くもイヤ~な予感^^;

ぐたさんでも!?
まんだら堂さんも仰っていたけど、コリャ、忍耐のいる作品なんだろうネ~。読み終わること自体に価値がある???

>小栗って言ったら、旬ちゃんに決まってるざましょっ!

最近の俳優さん、みたいですね。申し訳ありません。話に付いて行けなくて。
テレビでてくるヒトの名前は、サッカー選手くらいしか覚えられないので・・・。

12 ■見つけたよ!

今読んでいるところだけど、早くもイヤ~な予感^^;

小栗って言ったら、旬ちゃんに決まってるざましょっ!

11 ■honyomi様

この作者の「アホさ加減」は並大抵のものではありません。
私なんぞには理解不能でしたが、この本が楽しめるヒトは、それだけで他人よりも幸を1つ余計に味わっていることになります(と思います)。

10 ■ぐた様

ぐたさんなら、この本を読んで笑い飛ばせるかも知れません。

“小栗”という名にそそられる・・・??? なんで?

9 ■bookbathさま

日本探偵小説三大奇書というのを、まんだら堂さんから教えていただき、何を思ったか、読破してやろうといきり立ちましたが、しょっぱなの作品でこんな有様です。
他の2冊については、どうなることやら・・・です。

8 ■まんだら堂さま

まんだら堂さんの記事に触発されて挑戦してみましたが、一筋縄ではいきませんでした。
まんだら堂さんが仰っていたことも、なんとなく感じることができました。
取り敢えず、「読み終える」という目標は果たせました(?)

7 ■前山さま

この小説を面白く読めるというのは、相当なヒトではないかと思います。
歴史や宗教、オカルトや心理学や科学、などに精通していて、さらにそれらを弄んでしまえるだけの洒落モノでなければ、なかなか理解できそうもありません。

かといって、敷居の高い本のように扱うのも違うような気がします。
エンターテイメント本なのですから、「わけ、ワカンネ~ッ!!」とか云って、笑い飛ばしてやるくらいの方がイイような気がします。

6 ■この本

「アホさ加減も徹底するとそれは芸になる。」
こういう書評を読むと、
普通なら妙にファイトが沸いてきて、読破するぞ!
となるとこですが、
やっぱり、手を出すのはやめます。
どっかで、立ち読みします。

5 ■レトロ

っていうだけで残っている本も結構ありますよね。
夢野久作も何度も挑戦したけど、どうしても読めなかった。。。

でも、なんかさんが、そこまで言うんだから(笑)、この虫太郎も読んでみなくちゃね!
タイトルだけはそそられますけどねえ。
あ、それと小栗という名も。(笑)

4 ■日本探偵小説三大奇書

のうちの一冊ですね。
nanikaさんがこの手の本を読むとは意外でした。
私はドグラ・マグラに手をだして、挫折したクチです。

3 ■ちょっと訂正

上のコメントで「読めない」とした箇所は「理解不能」と書き換えたほうがいいですね。

失礼いたしました。

2 ■おお、ついに、

読了されましたか。
ワタクシなんぞ、読み終えるのに何年かかったことやら・・・。
感想、楽しくは意見しました。
思わず随所でうなずいてしまいました。

1 ■私も昔、買ったが挫折した

黒死館殺人事件は10年以上前に買ったのですが、読もうとすると眠くなって読めなくて、そのうち処分しました。黒死館が読めないのは私一人ではなかったわけですか。

何とかカルテットというのがでてきたかな・・・

忘れているな。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。