2015年10月10日(土)

『地球の履歴書』

テーマ:自然科学とか
地球の履歴書 (新潮選書)/新潮社
大河内直彦/著、 新潮選書(2015)


人類が海の深さがどのくらいかを知ったのはつい最近のことだという話。

サンゴ礁の進化解明にも関わったダーウィンの話。

海底地形を知るための武器、サイド・スキャン・ソナーとシー・ビームの話。

地球内部に閉じ込められた石油や塩の話。

南極の話。

氷河期の海退、間氷期の海進にまつわる話。

火山の中から吹き上げてくるモノの話。


地球科学エッセイとでも云えそうな内容。

文章が上手。

読み易い。


一つひとつの章が短いので、どこからでも気楽に読める。


寺田寅彦の時代から、科学者が書くエッセイは面白いんだ。


迷って読まなかった、この人の別の作品 『チェンジング・ブルー』 も読もっと!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月04日(日)

『里山資本主義』

テーマ:なんでも読んでみよう
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)/KADOKAWA / 角川書店

藻谷浩介・NHK広島取材班/著、 角川oneテーマ21(2013)



かなり前から話題になっていた新書。
ブックオフで購入。

(A) 忙しく働いて高い給料をもらうが、日々の生活に掛かる出費も大きい都会で働くこと。

(B) 余り多くはない給料だが余裕のある働き方で、生活費はさして掛からず、仕事以外の
   生活にも時間を費やせる里山での暮らし。

収入と支出の差が(A) と(B) で大して変わらないのなら・・・、

里山への移住がそれほど大変なことではなく、場所によっては簡単で歓迎されるのであれば(実際、そういう所も増えてきている)・・・、

(A)ばかりではなく(B)という選択肢もあること。
ある時期・年齢までは(A)で、別の時期・年齢からは(B)で、という生き方もあること。

などを示している本書。魅力的な提案。


「経済成長」というコトについても考え方の転換を図るような示唆があったり、他にもいろいろと考えさせるコトがふんだんに書かれている。

ベストセラーになるのも解る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。