2011年12月30日(金)

『本だけ読んで暮らせたら 2011年のお薦め本』

テーマ:メモランダム

2005年の1月26日から始めた当ブログ 『本だけ読んで暮らせたら』 も来月で丸7年が経過します。

よくもまァ続いたもんだと我ながら呆れちゃう。いや、感心しちゃう・・・。


過去6年、年末には自分自身への備忘録を兼ねて、年間を通して印象に残った本について、“お薦め本紹介”と称してまとめ記事を書いていたので、2011年の分も残しておくことにします。


『書名』 をクリックすると過去記事に跳びます。)



<ミステリとか>


まずは恒例にしたがい、当ブログのメイン・コンテンツである<ミステリとか>から。


2010年から始まったハヤカワのポケミス改革は、2011年一気に飛躍しました。

今までのポケミスは、昔からの海外・翻訳ミステリ読者である中年以上の層を対象にした作品が多かったように思います。20年以上も前から活躍している作家のシリーズ作品ばかりを出す傾向が強かったように思います。
しかし、去年2010年あたりから、イギリス、フランス以外のコレまで翻訳されてこなかったヨーロッパの作家や、コレまで同様イギリスやアメリカの作家でも敢えて新人作家の作品の翻訳出版にも力を入れ始めたように思えます。

そして今年2011年、「新世代作家シリーズ」と銘打って、今まで日本では紹介されてこなかった作家の作品を毎月出し続けました。

このシリーズの作品はどれもが高レベルでハズレが一つもありませんでした。


『二流小説家』 は、アメリカの新人作家が描いた作品です。各社ミステリ・ランキング本で上位を獲得した今年を代表する翻訳ミステリー。確かに面白かったのは認めます。でもね、余りにも技巧に走りすぎる作品・作家と云うのは、、、一発屋で終わってしまわなければイイのですが・・・。私の余計な心配であってほしい。。。


『黄昏に眠る秋』 は、スウェーデン産ミステリです。作品の雰囲気は非常に落ち着いていて、大人がじっくり読める作品。家族の崩壊と再生を描いたもの。探偵役の爺さんの頑固さがイイです。


『逃亡のガルヴェストン』 は、ノワール、クライム・ノベルです。暴力描写結構あります。でも、文体が美しいんです。ラストの描かれ方など、映画でのフェイド・アウトを見ているようでした。画が脳内に浮かびました。


『特捜部Q 檻の中の女』 『特捜部Q キジ殺し』 は、デンマークの作家のキャラクター小説(?)です。もちろん、ミステリ、と云うよりサスペンス、としての中身も良くできています。 


『記者魂』 は、典型的なアメリカン・ハードボイルドです。中年オヤジが意地を張って向こう見ずな活躍をする物語で、こういうの大好物です。止められません。


『謝罪代行社』 は、ドイツ産のサイコ・サスペンスです。叙述の妙が謎に絡む作品で凄く凝った作りになってます。ここまで叙述に拘っているのって、和製ミステリには殆んど見当たらないと思います。


『ねじれた文字、ねじれた路』 は、2人の男の孤独と友情をテーマにした渋~い物語です。南部アメリカ文学の系譜を継ぐ作品とも云われています。そう云われれば、マーク・トウェインとかヘミングウェイとかの作品を読んだ際の後味に似ているかも!? と思えます。 こういうのって好きなんです。


と、まァー、ポケミスは、早川書房は、チャレンジしているようです。

こうしたことが、最近の海外ミステリ離れに歯止めを掛け、若い新規読者の開拓に繋がればイイナと思います。


さて、ポケミスは新人作家だけではありません。大御所トマス・H・クックの作品も文芸春秋社から掻っ攫って来ました。

『ローラフェイとの最後の会話』 は、「トマス・クックと云えばドンヨリ・・・ガーン」 という先入観を覆した作品です。読むと、最初は心理的圧迫感を強いられます。ですがラストでは、読み続けてきた末の解放感が味わえます。


ここまで、ポケミス作品のことばかりを書きましたが、もちろんミステリ作品はポケミスだけではありませんね。他にもイイのはありました。


先日、記事を書いたばかりのジャック・カーリーの 『ブラッド・ブラザー』 は云わずもがな。


そして、今年もウィンズロウ作品は 『サトリ』『夜明けのパトロール』 といった高レベル作品が並びました。『夜明けのパトロール』はウィンズロウの新シリーズ第1弾作品です。サーファーである主人公のブーンがいつかフランキー と共演してくれないかな、と密かに願っていたりします。


そしてそして、デニス・ルヘインの『ムーンライト・マイル』 です。もう、ほんとオジサンは悲しいです。12年ぶりにシリーズが再開されたって喜んでいたら、その途端に終わってしまうなんて。。。 でもね、印象的なシリーズの閉じ方でした。


『脱出山脈』 も挙げておかなければ。久しぶりにワクワクする伝統的冒険小説の登場でした。


和製ミステリは殆んど読んでいないのですが、唯一お薦めできるのが『友を選ばば』 です。ミステリ作品とは言えないかもしれないけど、エンターテイメント作品ってことで・・・。

コレ、物凄くおバカです。ここまで徹底したおバカ小説なら評価されるべきです。




<自然科学とか>


今年は、盛口満さんという方の作品 『僕らが死体を拾うわけ』『どんぐりの謎』 に出会ったのが収穫でした。

日常のどこにでも居るような、在るような動植物の不思議について、実に軽やかな語りで披露してくれます。

「僕らが死体を拾う・・・」なんて、一見サイコ・サスペンス風のタイトルながら、グロイところも難しいところも無く、むしろ著者の性格が反映された(?)極めてざっくばらんで、爽やかな内容の本です。

中学生でも充分に理解できる内容で、学校での朝の読書にはモッテコイの本だと思います・・・・と云いながら、この本の存在、娘に教えてなかった・・・。




<歴史とか>


歴史ものでは、なんと云っても先日読んだばかりの『ワーグマン日本素描集』 が素晴らしかったです。イラストがいいんです。

これに関連して、『一外交官の見た明治維新』 を併せて読んでみると、外国人から見た幕末・維新期の日本人像が大まかに掴めそうです。


『賤民の場所 江戸の城と川』 にもまた、絵・イラスト(手書きの古地図)が盛りだくさん。内容ともに面白いです。


文章を読むだけじゃ解らないものが、絵・画を見れば判るってことが多くあります。ビジュアル化された歴史書ってのも今後は(電子書籍の時代には)大事だと思います。




<その他>


もう、なんと云っても、『「絵のある」岩波文庫への招待』 です。今年、私が読んだ中で最も影響を受けました。ほんの少し読書の幅を広げる切っ掛けとなるかもしれないと思わせてくれました。

この本を読んだから濹東綺譚 にも出会えました。この私が永井荷風を読むとは思ってもいませんでした。


最後に、『フットボールの犬』 を挙げて締めくくりましょう。これを読むとサッカーの見方が変わり、ますます好きになります。



以上が、当ブログお薦め本の棚卸しです。

大震災の起こった本年にあっても、本を読むという日常は相変わらずでした。

震災後、多少の価値観の転換が起こった事柄もありますが、「本を読む」という行為についての価値観の転換は今のところ起こっていないようです。

分量の増減はあっても、来年もまた本を読むのでしょう。


さて、ここまでの長文・駄文にお付き合いくださいました皆様、ありがとうございました。

来年も、このサイバー空間で本好きの方たちと交流できれば嬉しいです。 皆様、よいお年を迎えください。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年12月29日(木)

『解錠師』

テーマ:ミステリーとか
THE LOCK ARTIST (2009)
『 解錠師 』  スティーヴ・ハミルトン/著、 越前敏弥/訳、 ハヤカワ・ポケット・ミステリ(2011)



幼少期のトラウマにより喋ることができなくなった少年マイクル。両親もいない彼は独身の叔父に引き取られ成長した。そんな彼が持つのは、生まれついての解錠の才能。

この解錠の才能と決して秘密を他人に話すことがないという特徴が、彼を必然的に金庫破りにさせた。非常な犯罪の世界に巻き込まれるマイクル・・・。


マイクル17歳のある日、高校の先輩に半ば脅迫されて忍び込んだ家で見つけたのは少女を描いた絵画だった。描かれた少女アメリアの顔に映し出されているのは、自分と同じ悲しみを持つ者の表情だった・・・。

家宅侵入で捕まったマイクルは社会奉仕活動を課される。その活動とは、侵入した家の主人の命に従うというものだった。そして、その家で実物のアメリアに出会った瞬間、二人は恋に落ちる・・・。


幾つもの犯罪組織に雇われて全米各地でピッキングや金庫破りをするマイクルが描かれるパート。

17歳の頃にアメリアと出会って恋に落ち、それと同時にアメリアの父親の命令が切っ掛けとなって解錠師になる過程が描かれるパート。
この2つのパートが交互に描かれ、終盤に向かって2つの時間軸が徐々に交差しだす。そうした2つの時間軸の物語が交差するとき、マイクルが少年期に被った悲惨な犯罪の真相や、彼が解錠師として犯罪に手を染めなければならなかった理由が明かされる。


この物語は、口の利けないマイクルの一人称語りで綴られている。マイクルは監房の中でこの物語を描いている。


全編を通して実に切ない話である。マイクルとアメリアの2人の感情が綴られる場面はさらに一層の切なさが滲み出ている。一方、純粋な煌めきが垣間見える場面でもある。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年12月21日(水)

『人生、成り行き 談志一代記』

テーマ:なんでも読んでみよう

『人生、成り行き 談志一代記』  立川 談志・吉川潮/著、 新潮文庫(2010年)


亡くなる3年前のインタヴューをまとめたもの。

落語家になるために弟子入りした頃から2008年時点までの半生について。

毎日少しづつ風呂に浸かりながら読んだ。


一般人に比べれば、そして、才能に恵まれさえすれば、ハチャメチャな人生を送りやすい(と思われる)芸人。それでいて後進まで育てる・・・。

私が思うに、その代表格だったのが立川談志。 年甲斐もなくそういうのに憧れちゃってたナ。


まァ、どんな職業に就こうと、その人物自体がコンテンツ化できれば、そうそう食いッぱぐれる恐れはない。

スポーツ選手、芸人、芸術家ってのはそういうもんだ。

サラリーマンにだって、それは可能。

食いッぱぐれることなく、ハチャメチャなことをやれる(談志のような)サラリーマン、エンジニ屋になれたらイイね!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月18日(日)

『百番目の男』

テーマ:ミステリーとか
THE HUNDREDTH MAN (2004)
『百番目の男』  ジャック・カーリイ/著、 三角和代/訳、 文春文庫(2005年)


先日読んだジャック・カーリイの 『ブラッド・ブラザー』 がかなり良かったので、同著者のデヴュー作である今作に戻って読んでみた。


さすがに『ブラッド・ブラザー』ほどの衝撃力は感じなかったが、それでもやはりカーリイはデヴュー作からストーリーの展開が上手かったんだ、ってことがわかる。


それと何と云っても、主人公カーソン・ライダーと彼の兄であるジェレミー・リッジクリフが創り上げられてきた過去とか背景とかの設定アイデアが素晴らしい。

この二人のキャラが居れば、まだまだシリーズは作れるのではなかろうか。それほどキャラガ立っている。

2作目も評判がイイらしい。もう少したったらそちらも読んでみよう。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年12月14日(水)

『このミステリーがすごい! 2012年版』

テーマ:メモランダム

『このミステリーがすごい! 2012年版』  宝島

和物ミステリは門外漢なので、海外ミステリのとこしか読んでないけど、文春でも早川でも宝島でも選ばれる作品やランキングが似てきたね。


選者にかなりダブりがあるんだろうな・・・。海外ミステリを読んでる奴らが限られてるってことなのかも?

そういう分野は衰退するんだよな・・・(TωT)


みなさん、海外翻訳ミステリを読みましょうね!




TOP20のうちの半分は読んでた・・・・が、読んでいない残りのにも、まだまだ読みたいのがありますネ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月11日(日)

『ミステリが読みたい!2012年版』

テーマ:メモランダム

ミステリが読みたい! 2012年版


今年もミステリー小説のランキング本発売の時期が来た。


いつになくハヤカワ・ポケット・ミステリに対する高評価が目に付く。

このランキング本を出版してる早川書房の自社作品ってこともあるだろうけど、やはり「新世代作家シリーズ」が良かったんだろうね。

翻訳される作家がマンネリ化していた海外ミステリ業界に、このポケミス新世代作家シリーズは風穴を開けたと思う。早川書房の英断に敬意を表したい。しかも、つまらない作品が一つも無かったってのは凄いことだよ。編集部の確かな仕事の賜物ですね。

もっとも、売れたかどうかは判らないけど・・・??・・・少しでも売れてほしい・・・。


ってことで、↓↓ 新世代作家シリーズのラインナップです。


二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)/デイヴィッド・ゴードン


黄昏に眠る秋 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)/ヨハン テオリン


特捜部Q ―檻の中の女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1848)/ユッシ・エーズラ・オールスン


謝罪代行社(ハヤカワ・ミステリ1850) (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)/ゾラン・ドヴェンカー


記者魂 ((ハヤカワ・ミステリ1849))/ブルース・ダシルヴァ


逃亡のガルヴェストン (ハヤカワ・ミステリ)/ニック・ピゾラット


ねじれた文字、ねじれた路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)/トム フランクリン


さて、このランキング本を見ていて思ったのは、なんで私は今までヘニング・マンケルやジャック・カーリイを読んでこなかったんだろう?ってこと。 何人もの評者のコメントを読んでいると、この作家たちの作品は実に面白そうに思える。

マンケル作品もカーリイ作品も同一主人公によるシリーズものだそうだ。私の傾向・指向には、初期作品を読み逃してしまうと途中作品から入っていくのが億劫になってしまう、という困ったものがある。シリーズものは最初のを読んでからじゃないと、どうにも気が済まないんだよな・・・。その最初のを逃すと以降の作品にはナカナカ入っていけない。。。

でもね、へニング・マンケルとジャック・カーリイは読みたいなっ!って思った次第。



で、早速、ジャック・カーリイを読んでみた・・・のが、昨日の記事。


いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2011年12月10日(土)

『ブラッド・ブラザー』

テーマ:ミステリーとか

『ブラッド・ブラザー』   ジャック・カーリイ/著、 三角和代/訳、 文春文庫(2011)


主人公は、シリアル・キラーとかサイコ・パスと呼ばれる連続殺人犯の行動・思考を理解することに長け、これまでにも幾つかの事件を解決してきた、合衆国南部の田舎町の30代の刑事カーソン・ライダー。

そのカーソンが突然、ニューヨークの殺人事件現場に召集される。被害者はカーソンのよく知る女性だった。しかも、彼女を惨殺したと目される犯人もまた、カーソンのよく知る人物かもしれない・・・。


カーソンは何故、連続殺人犯の行動・思考を理解することができるのか? ココが凄い設定だ。

カーソンには6歳年上の兄ジェレミー・リッジクリフがいて、兄弟ともに並外れた知能を持っている。カーソンと兄ジェレミーは、子供の頃に父親から虐待を受けていたことがあり、父親の行動を見て見ぬふりをしていた母親にはネグレクトされていた。16歳の頃、ついに兄ジェレミーは父親を惨殺し、その後も5人の女性を殺めた連続殺人犯として、ついには郡の矯正施設に収容された・・・。

兄は連続殺人犯に、弟は過去を隠して連続殺人犯を追うスペシャリストの刑事になっていた・・・という設定。


ニューヨークで起こった殺人事件に関わったのは収容所を脱走した兄ジェレミーの仕業・・・だと考えるカーソン。その後も女性の惨殺事件が連続する。

いったい、兄ジェレミーの狙いは何なのか?

最初に殺された女性は、ジェレミーが収容されていた施設の所長であり、サイコ・パス研究の世界的第一人者であったヴァンジー・プロウズ博士だった。彼女ほどの人物がジェレミーに騙され、彼を施設から脱出させたのか?

幾つもの謎が重なり、それらが怒涛の如く解かれて行く展開・・・・のように思えて、また謎・・・・。



ジャック・カーリイ作品を読むのは今回が初めて。もう4作も翻訳されてるのに・・・。

実はデヴュー作と第二作は、だいぶ前にブックオフで購入してあって積読状態になったまま放置されている。


シリーズものだとは知らなくて、今年出たこの4作目を読んだわけだが、イヤー、読んで良かった。今まで読んでこなかったのを悔いた。


スッゲーよ、コレ!

物語終盤で大ドンデン返ししながら真相に収斂して行く見事なプロット。一つひとつの章ごとのエピソード全てに意味があり、それが繋がって行く・・・。

・・・だけじゃなく、主人公カーソンの理知的で、ガッツを併せ持ち、しかもナイーブなキャラ設定。この作品は一人称、三人称の視点が替わりながら物語が進行するのだが、カーソンの一人称視点となる場面では、彼のキャラクターが見事に“語り”に現れて、カーソンに感情移入しながらスイスイと読み進めていける。


ほんと、ジャック・カーリイ、スゲーやっ!

サスペンスの面白小説をお探しの方、これは超ーお薦め物件ですぜ。




さ~て、私も、1、2、3作目に戻って全部読もッと!

百番目の男 (文春文庫)/ジャック カーリイ

デス・コレクターズ (文春文庫)/ジャック カーリイ

毒蛇の園 (文春文庫)/ジャック カーリイ




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2011年12月07日(水)

『ワーグマン日本素描集』

テーマ:歴史とか

『ワーグマン日本素描集』  清水勲/編、 岩波文庫(1987年第1刷、2010年第15刷)


絵のある岩波文庫。


庶民から武士や幕府高官まで、幕末の日本人を描いた絵・画がかなり載っている。人物の背景には当時の建築物や風景なども描かれている。

マンガ・ポンチ絵のようなものから、かなり細密なイラスト、水彩画・油彩画まで。


150年前の日本の衣装や風俗などがかなり細かい部分まで判る。

それぞれの絵が描かれた年が判っているので、幕末から明治初期の日本では人の装いや街の様子が相当の速度で変化して行ったことが良く判る。

この本に載っている絵・画を描いたワーグマンって人は、私が長らく読み掛けていて中途半端になっている 『遠い崖』 の中にも登場する。今現在、5巻の半ばで止まっているのだが、ちょうどその場面がイギリス公使一行が大阪城で将軍徳川慶喜との謁見を済ませた後で、ワーグマンは大阪から江戸への旅をアーネスト・サトウと共にしているところだ。

この本の絵・画には、宿場街中の人々が当時珍しい外国人を見に集まってくる場面とか、英国公使パークスが将軍に謁見する場面だとか、東禅寺(高輪に在った当時の英国公使館)に水戸藩士が武装乱入してきた場面だとか、横浜の外国人居留地の火災だとか、『遠い崖』に書かれていることがかなり載っている。

今後、『遠い崖』を読む際には、本書を傍らに置いておこう。


見事なスケッチ、イラストが満載の本書、幕末好きな人にはお薦めです。



次はビゴーのを読むかな!?


ビゴー日本素描集 (岩波文庫)

続ビゴー日本素描集 (岩波文庫)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月06日(火)

『変わらざるもの』

テーマ:ミステリーとか

『変わらざるもの』  フィリップ・カー/著、 柳沢伸洋/訳、 PHP文芸文庫(2011)


ベルリン3部作の続編。

ベルリン3部作ってのは、ナチス政権下のドイツで活躍する私立探偵ベルンハルト・グンターを主人公としたミステリー&ノワールで、90年代初頭に新潮文庫から出版されていた。

第1作がチャンドラーを意識したハードボイルド作品だったことから、当時、私は飛びついた。世間的にも結構、人気があったと思う。


本作では、第二次世界大戦に敗れ、アメリカ、ソビエト、イギリス、フランスの4か国に統治されていたドイツを舞台としている。

「夫の行方を捜してほしい」と言う女の依頼を受けたグンター。依頼人の女の夫は、元ナチス親衛隊員で戦争犯罪人として手配されている。


荒廃・混沌とした戦後のミュンヘンで捜索を始めたグンターを待ち受けているのは・・・、共産主義を拡大するソ連を警戒し、CIAの支持を受けて戦争犯罪人である旧ナチス党員であってもその身を匿う組織、旧ナチス党員を暗殺するユダヤ人組織・・・。 これら組織の暗躍に巻き込まれながら、グンターの必死の捜査が続く・・・。


エスピオナージュ、冒険活劇、ミステリーの各要素を含む本作だが、読み終わった今となっては面白かったと思うし、主人公グンターの相変わらずの魅力にも惹かれた。

戦後の占領されたドイツの退廃的な雰囲気や、この時代の政治的背景の深刻さなども良く表れていたように思う。一言でいうと骨太の作品と云える。恐らく今後の続編も読むだろう。


しかし、、、

グンターの捜査の行方、つまりはプロットの落ち着き先について、敢えて言うなら主題、これを私が理解できるまでには相当のページを必要とした。事件やその背景にある狙いが徐々に明らかになり始めるまで、何となく事の真相が見え始めて来るまでが実に長かった。判りかけてからは実に面白くなってきたんだけど・・・。

もう、いろいろなことを詰め込み過ぎ。 600ページ弱もあって、長過ぎっ!


普段海外ミステリーを読まない人にお勧めできるかと云うと・・・、この長さがネックとなってナカナカ?? 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。