1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年07月31日(月)

ぬり絵

テーマ:メモランダム

最近流行の「大人のぬり絵」・・・だったら、

↓↓↓ コレがほしい。


成美堂出版編集部
北斎ぬり絵―大人のぬり絵


成美堂出版編集部
広重ぬり絵―大人のぬり絵
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年07月30日(日)

美術の本だなんて・・・

テーマ:メモランダム

こんなのありました。 ↓↓↓↓


ビーケーワンの100冊 2006 SUMMER

http://www.bk1.co.jp/contents/100satu/2006s.asp?s=wm0705




その中で紹介されていたもので、一番惹かれたのが、

コレ↓↓


辻 惟雄
日本美術の歴史   東京大学出版会

・・・で、購入してしまった! スゲー! コレだけの内容で2800円とは、お買い得です。


後日、エントリーします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月29日(土)

『こわれた腕環』 ゲド戦記Ⅱ

テーマ:ファンタジー・SFとか
こわれた腕環  ゲド戦記Ⅱ

アーシュラ・K. ル・グウィン/著、  清水 真砂子/訳、 岩波書店




ゲド戦記Ⅱは、少女テナーの物語。


アチュアン(アースシー世界のとある島の名前)に存在する墓所。その地下にある迷宮に潜む“名もなき闇の意思” 

恐らくアースシーが出来上がった時と同じく、遙か以前の古代よりその迷宮に潜むモノ。

永遠に生まれ変わる大巫女アルハ。代々のアルハは古よりの掟を伝え続け、地下の迷宮を守護する。


何代目かのアルハこと、誠の名をテナーと称する少女。誠の名を知る者はわずかしかいない・・・。

幼い頃よりアルハとしての勤めを学び、実践してきた。

しかし、彼女生来の性分は、自分がアルハであること、迷宮の守護者であること、にいつしか疑問を感じるようになっていた・・・。


地下の迷宮に潜入せし者、ハイタカ。誠の名はゲド。ゲドの登場はちょうど物語の半分を過ぎた頃だ。


ゲドがこの迷宮に侵入した目的・・・、それは、第1作の本筋とは余り関係ないように思われていたサブ・エピソードに関係したことだった・・・。

ゲドとテナーの出会い、テナーとゲドの迷宮からの脱出を描いたこの第二作もまた、ハードボイルドだ(?)。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年07月27日(木)

『影との戦い』 ゲド戦記Ⅰ

テーマ:ファンタジー・SFとか
影との戦い  ゲド戦記 Ⅰ

アーシュラ・K. ル・グウィン/著、  清水 真砂子/訳、 岩波書店




会社の同僚に借りた『ゲド戦記』シリーズ。 まずは第1巻から。


舞台はアースシーという地球とよく似た架空の世界。

その世界の東の果ての島で生まれ、魔法を操る才能に恵まれた少年が、より高次の魔法使いへと成るべく、アースシーの中心に位置する魔法学校に入り、数々の困難に遭遇し、また、師や友との出会いを通して成長してゆく物語。
『ナルニア国物語』や『指輪物語』に比べて、焦点が一人の人物=ゲドにあたっているので物語に入りやすい。私の好み。


魔法を掛けるには、対象とするものの本来の名前が明らかになっていなければならない。したがって、名前の判らぬもの、名前を明かさぬものへ魔法を掛ける事はできない。掛けたとしても効力を発揮しない。

魔法使いは決してむやみに他人に自分の本来の名前を明かさない。名前を明かすということは、余程その人物を信頼した証となる。


ゲドは、名前の無いものと戦うこととなる。 名前の無いものとは? 書名から明らかだろうけど・・・。

その戦いに挑むゲドの心の葛藤が読みどころ。


主人公がストイックに自己と戦う物語とは・・・、

捉え方によってはハードボイルドだ。 (ホントかよ!)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年07月25日(火)

『続・絵で見る幕末日本』

テーマ:歴史とか
続・絵で見る幕末日本
A. アンベール/著、  高橋 邦太郎/訳、 講談社学術文庫

“続” とあるからには先立つ作品がある。

それが、↓ これ。  以前の記事は、こちら

絵で見る幕末日本



なんといっても、画・絵がすばらしい。

この本には何人もの人達が描いた幕末日本の風景・人物・風物・風俗などのスケッチや細密画や写真を基に描いた画が載っている。その数、実に100余り。、特に、L・クレポンという人の描いた画は、町や自然風景の背景とともに、この時代の庶民の造作がよく観察されているようで、非常に雰囲気がある。



第二十六章「日本の維新」という最終章は、この本最大の読み所である。

著者アンベールは、日本人の性質や特質を分析し、地政学的な考察も加えた上で、世界経済・貿易における将来の日本の“位置付け”を予測している。

著者アンベールに代表されるヨーロッパの知識階級は、百数十年前も前に、現在の日本の姿を予測していたという事実に驚きを覚える。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年07月23日(日)

『夏のロケット』

テーマ:ファンタジー・SFとか
夏のロケット

川端 裕人/著、 文春文庫



夏のブックフェアのためか?、私が良く行く書店では平積みになっていた。

私は以前ブックオフで105円で購入してあったのを読んでみた。こんなイイ本が105円で買えるなんてネ~。読者にとっては嬉しいが、著者や出版社にとっては困ったことなのだろうナ?。(あやかっている私が云うのもはばかれるが・・・)


さて、この本の中身、

高校生の頃から火星への着陸を夢見る30代の5人の男達が、ロケットを打ち上げる物語である。著者が書いた最初のフィクション(物語)らしい。


余りにも優秀すぎる5人の登場人物達がたまたま同じ高校に集まった、というところは小説ならではの御都合主義だが、そういう状況を肯定したところから読めば、これほど楽しい物語はない。一種のファンタジーといえる!?


やはり、この作家の描く物語はイイ。 私のツボのど真ん中にくる。


少しでも将来への希望を見出している人たち、特に中・高校生が読むといいんじゃないかナ?





【 その他の 川端 裕人 著作 】

2005.04/10 記事 『川の名前』

2005.11/04 記事 『竜とわれらの時代』


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年07月21日(金)

『Newton』 2006年8月号

テーマ:自然科学とか
Newton (ニュートン) 2006年 08月号   ニュートンプレス

何年かぶりで買ったNewton。竜脚類の特集だったもので、つい・・・。


竜脚類=地球史上最大の陸上動物。 巨大恐竜。


41種の竜脚類のカラーイラストが壮観である。

さらに、全100種類のリストまで載っている。もっとも、この100種類っていうのは、あてにならない数字だろうけど・・・。


この号では、竜脚類に関する最新の学説が掲載されているようだが、これらの説でさえ、数年もすれば書き換えられるものがかなり出てくることだろう。それほど古生物学(恐竜学)の世界の動きは激しい。


おりしも幕張で開かれている 今年の恐竜博 は、この巨大竜脚類がメインの展示らしい。

7月生まれの娘への誕生日プレゼントは、この本と恐竜博の入場チケットである(ほとんど私の趣味だが・・・)。



【恐竜関連の記事】

2005.12.09 『エンサイクロペディア 太古の世界 恐竜時代』

2005.11.04 『竜とわれらの時代』

2005.04.27 恐竜ものを読んだ挙句・・・

2005.04.26 「Sue スー 史上最大のティラノサウルス発掘」

2005.04.25 「立体モデル大図鑑 恐竜のからだ」

2005.03.11 「日本恐竜探検隊」

2005.02.05 とりになったきょうりゅうのはなし

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年07月20日(木)

『クリスマスに少女は還る』

テーマ:ミステリーとか
クリスマスに少女は還る

キャロル・オコンネル/著、 務台 夏子/訳、 創元推理文庫



聖ウルスラ学園。一風変わった児童・生徒ばかりを集めた学園。しかし、その学園の児童・生徒は天才的な知性や特異な才能を有する子供ばかりだ。


ニューヨーク州副知事の母を持ち、天賦の美貌の10歳の少女グウェン・ハブル。

グウェンの親友で、ホラー映画フリークで問題児ではあるが、誰からも愛されるサディー・グリーン。

クリスマスも近いある日、聖ウルスラ学園に通うこの2人の少女たちが、湖畔のボート小屋から誘拐された。


25歳になる地元警察官のルージュ・ケンダルには15年前の悪夢が蘇る。彼の双子の妹スーザンがクリスマスの朝死体となって発見された日のことが・・・。
ルージュは、さらわれたサディーの自転車を盗んだ男を早々に捕らえたことで、州警察の捜査官として抜擢される。彼は、知的能力を要求される犯罪捜査の場面において徐々に、閉ざされていた才能を開花させて行くこととなる。彼もまた、かつては聖ウルスラ学園の生徒だったのである。

小児性愛者の心理を研究し、若くして心理学博士号を取得した才媛アリ・クレイ、25歳。彼女は長身で、スラッと伸びきった足をスリットが深く入り込んだスカートでまとい、男たちの視線を釘付けにする。が、男たちの視線を捕らえるのは脚線だけではなかった。彼女の顔の右側には赤い大きな傷跡があるのだった。

アリ・クレイが突如ルージュ・ケンダルの前に現れたのは、長い初日の捜査が終わり、一人バーのスツールに彼が座っている時だった。彼女は15年前の彼を知っているという・・・。そして、15年前のスーザン(彼女もまた今回誘拐されたグウェン・ハブル同様、美しい少女だった)の事件と今回の事件の同一性を示唆するのだった・・・。

翌日、ルージュ・ケンダルは、アリ・クレイがプロファイラーとして捜査本部に加わったことを知る。

アリは、捜査会議で、今回の犯人は15年に渡り、何人もの少女達を惨殺してきたと推測する。そして、犯人の本来の狙いは美貌の少女グウェン・ハブルであり、グウェンを誘き出すための囮として利用されたサディー・グリーンの命は恐らく既に無い、ということを予言するのであった・・・。


聖ウルスラ学園の生徒デイヴィット・ショアは非常に内向的で、学園の寮母以外の人間と話をすることはない。消えた少女達の同級生で、いつもサディーの悪戯に驚かされながらも、彼女のことが気になる。

湖畔のボート小屋で、少女達の姿を最後に見たのが彼だった。


誘拐された少女達の母親、FBI特別捜査官アーニー・パイル、アリ・クレイの伯父で老精神科医のモーティマー、そして、15年前スーザンを殺した犯人として拘置所に監禁されている元神父ポール・マリーなど、この作品に登場する人物達は皆リアルに造形されており、物語に奥行きを持たせる。



前半部の山場は、ルージュとデイヴィッド少年との交流である。

かつてヤンキースのルーキーとして1年間、プロ選手だったこともあるルージュは、デイヴィッドのヒーローであった。ルージュもデイヴィッドの内に秘められた知性を感じ取り、少年に好意を持っていた。

ここまで、緊迫した捜査の場面、登場人物たちの憔悴しきった心理状況を描いてきた中に、突如、警察署の裏の広場で野球を始めるルージュとデイヴィッドが描かれる。いつしか、その二人の周りに他の警官達や通りにいた少年少女達が加わり、事件の影響が及ぼす暗い街中に束の間訪れた明るい時間が描かれる。

デイヴィッドの信頼を獲得したルージュは、彼から捜査を進展させる証言を得る。


その頃、監禁されていたグウェン・ハブルは部屋を脱出し、同じ建物の地階に紛れ込んだ。そこには、サディーがいた。

少女達は協力して脱出のチャンスを窺う・・・。



それにしても・・・、

ミステリ、サスペンスとして非常に良く練られたプロット・展開。登場人物一人ひとりについての描写。いずれも文句無し!の出来栄えである。


15年前に双子の妹を殺された若き捜査官ルージュ。心理学者アリ。サディーとグウェンの2人の少女。読者は、この中のどの登場人物に感情を移入させるか? それによって、4人のうちの誰もがこの作品の主人公となる。特に強烈な個性は、ホラー少女サディーである。

600ページを越える大長編だが、退屈させられるような中弛みもない。夢中で読むこと、請け合いである。


しかも・・・、

驚天動地、大感動のラストが待ち受ける。 (余りにもありきたりの云い方だが、他に言葉がない。)

このラストの大どんでん返しによって、本作は名作ファンタジーへと昇華する・・・。



最期の50ページを帰宅途中の電車の中で読んだのだが、主人公の少女達と同じ年頃の娘を持つ私は、妙に心震えた。ラストを読んでいる際には、危うく車中で落涙するところだった・・・。

フィクション、エンターテイメント小説を読んで、これだけの衝撃と恍惚感を味わったのも久しぶりだ。


ほんの僅かかもしれないが、こんな時間を過ごすことができるから、これだからこそ、「物語」を読むことが止められないんだ!


“超” が付くお薦めです。 ぜひ!!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年07月19日(水)

『さよなら絶望先生』 第4集

テーマ:マンガとか
さよなら絶望先生 (4)

久米田 康治/著、 講談社コミックス



さて、第4集である。 糸色望先生の絶望感はますます混迷を深めていく・・・。


ところで、この作家、最近の漫画家にしては画は上手くない(・・・というより、ヘタ)。

人物については、目の形、髪型、髪をベタ塗りしているかホワイトか、あるいは小物を着ける/着けないでしか識別していない。しかも、そのアングルは、ほぼ横顔と正面からの顔だけ。

当然、構図も極めて単調である。俯瞰や仰ぎ見る視点などはほとんど使われていない。辛うじてパースが申し訳なさそうに(?)使われている・・・。


しかし、読ませる。

そう!、この作品は、“読む”マンガである。 “観る”、あるいは、“見る”マンガではないのだろう。

時事ネタ、世相・風刺ネタで出来上がっているマンガだけに、新鮮なうちに読まなければならない。できるなら毎週読むのがイイのだろうが、こちとら仮にも40歳を越えた分際で、毎週まいしゅう立ち読みする時間もない。したがって、少々鮮度は落ちるが3ヶ月に一度、単行本で味わう以外にない。


最近、出版が待ち遠しいマンガの一つ。



【絶望先生関連】

さよなら絶望先生 第1集

さよなら絶望先生 第2集

さよなら絶望先生 第3集

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年07月16日(日)

『法隆寺の謎を解く』

テーマ:歴史とか
法隆寺の謎を解く

武澤 秀一/著、 ちくま新書



建築家の書いた法隆寺の謎解き本。


法隆寺というのは、厩戸皇子が存命中に建てられた“創建法隆寺”と、厩戸皇子が亡くなった後、この創建法隆寺が焼失した後に建てられ、現存する“再建法隆寺”があり、謎解きの対象となっているのは、もちろん現存する“再建法隆寺”の方である。



寺の聖域に入る門、これを中門と云うらしいが、通常この中門には、太い円柱によって区分された奇数の間があるらしい。3間とか、5間とか・・・。つまり、真ん中にひとつ柱間があって、さらにその左右に1つづつ、もしくは2つづつの柱間がある、ということになる。真ん中の柱間が入り口ということになる。

ところが、法隆寺の中門の場合は、この真ん中に柱が立っており、左右対称の4間の柱間が存在する。こんな造りの中門は他になく、法隆寺だけが持つ特徴ということになる。


     【 法隆寺の西域伽藍の平面配置 】


I---------------------------------------I

I                                                           I

I                                                           I 周

I                               I--------------I       I 囲

I        I--------I          I                    I       I は

I        I            I           I                    I       I

I        I            I           I                    I       I 回

I        I      塔     I           I       金   堂       I       I 廊

I        I            I           I                    I       I が

I        I            I           I                    I       I

I        I--------I          I                    I       I 取

I                               I--------------I       I り

I                                                          I 巻

I                                                          I い

I                          中 門                            I て

I                    I--------------------I                      I い

I---------------I o o o o o I---------------I る

I--------------I o o o o o I---------------I

                    I--------------------I

                         ( ↑ 真ん中に柱が立つ)



この中門の真ん中の柱の存在が意味するところ、そして、つまるところ法隆寺の存在そのものが謎であり、昔から、この謎についていろいろな学者や在野の考古学ファン、寺社建築ファンが議論を重ねてきたらしい。


この謎解きに挑戦した、一般人向けの有名な書籍として、梅原猛氏著作の 『隠された十字架』 がある。かつて、私もこの本には夢中にさせられた。

法隆寺の中門の真ん中にある柱は、怨霊の侵入を防ぐためのものであり、法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮魂するための寺であるとする、 『隠された十字架』 説が一世を風靡し、一方、歴史学関係の学会からは猛反発にあったらしい。ちなみに、現在では、この 『隠された十字架』 説は、その議論の仮定に大きな誤解のあることが判り、“異説”とされているらしい。しかし、この『隠された十字架』 における怨霊鎮魂説は、その後、幾多の作家・作品に影響を与えている。


さて、この作品 『法隆寺の謎を解く』 であるが・・・、

法隆寺が再建された前後に構築された他の寺との類似性や、反対に、法隆寺の特殊性・特異性を論考しながら、塔、金堂、中門、回廊などの構築物(伽藍という)の配置やそれらが成す空間といったものの解釈を通して、当時の‘寺院を建てるという行為’に込められた意志を読み解いてみよう、そして、そこから法隆寺の謎を解いてみよう、という試みをしている。


前半部、仏教発祥の地インドにおける “祈る” というオリジナルの行為、行動形式、彼の地の仏教寺院の構造様式などを鑑みて、法隆寺の中門の真ん中にある柱が意味するところを推理するところまでは良かった!!


しかし、中段以降・・・、建築家が時折迷い込む(?)空間認識論に偏りすぎており、あまりにも主観的な解釈を披露しすぎているように思えた。

私には、空間や建物と自然との融合、などといったヒトの感性に関する話はあまり規則性や一般性を有しているようには思えない。まして、1300年以上も昔の人達の空間認識論なんて持ち出されたりしても、根拠があるようには思えない。日本人が太古から持つ空間の美意識が繁栄されている、などと云われてもあまりピンとこないのである。


無粋で、繊細な感性を持たない私にはあまり良い本ではなかった・・・。




梅原 猛
隠された十字架―法隆寺論
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。