1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年06月28日(水)

決勝トーナメント1回戦: ブラジル 3 vs 0 ガーナ

テーマ:2006ドイツ・ワールドカップ

ブラジルの先発は背番号1~11までが綺麗に並んだイレブンだ。

ここまでの試合、決して魅惑のサッカーを展開してきたわけではなく、きわめて現実的なゲームをしてきたブラジル。

一方、中盤の個人能力はブラジルをも凌ぐのではないかと思わせるガーナ。一見、メチャクチャで個人技頼りのサッカーのようで、実は結構、組織だっていたりする。まったくもって魅力的なチームだ。


いやー、ガーナのディフェンス・ラインはえらく高いナ。前半15分までで2度もラインを破られている。そのうちの1度はFW9ロナウドの1点になった。1対1で絶対外さないロナウド。

前半20分過ぎはガーナが主導権を握っていた。決定的なチャンスが何度もあったにも拘らず、ブラジルはキーパーの幸運もあって、なんとか無得点に終えた。ロスタイムに入ろうかという間際には、カウンターで2点目まで決めてしまった(オフサイド臭いけど)・・・。これだから・・・ブラジルは・・・・・。

ガーナは能力は高いが、確実性に欠ける。そこがブラジルと大きく違う。

後半、逃げ切りを図りたいブラジルは、トリプル・ボランチにした。ピッチ上の選手達も監督の意図を感じて、ボールの回し方、ボールの追い方に変化が現われた。残りの試合までも見越した戦い方なのだろうか?・・・余裕だね。


ガーナのFW3ギャン(モビルスーツみたいな名前だな・・・)が退場となってからは、ガーナの元気も消沈したのか? ガーナは3点目も失い、万事休す。

試合前、実は・・・、ビッグ・キリングを期待していた。


しかし、今回のブラジル、未だ覚醒しないMF10ロナウジーニョは気になるが、戦い方そのものは堅実で、あまり弱点が見当たらない。その分、あまり魅力的でもないが・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月26日(月)

決勝トーナメント1回戦: オランダ 0 vs 1 ポルトガル

テーマ:2006ドイツ・ワールドカップ

いや~、ホント戦争だった。


ポルトガルは次の試合を考えると笑えないのだろうが、退場者同士がいっしょに試合を観ている様は笑えた。


得点を決めたから云うわけではないけれど、それにしても、ポルトガルのMF18マニシェはイイ選手だな!

この選手のプレーは見ていて非常に楽しい。

次戦 vsイングランド、MF20デコは出場できないけれど、マニシェは出場可能だ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月24日(土)

『ゆきの中の ふしぎなできごと』

テーマ:ミステリーとか
ぼくはめいたんてい (6)―ゆきの中のふしぎなできごと

マージョリー・W・シャーマット/著、 マーク・シマント/画、 光吉 夏弥/訳、 大日本図書



パンケーキをこよなく愛す9歳の少年探偵ネート君が綴る事件簿(日本語版全6作)の第6弾。


ネートと相棒のスラッジは、朝から‘雪の探偵と犬’をつくっていた。探偵はネートに、犬はスラッジに良く似ている。

そんな時、ネートとスラッジの前に現われたのは、変わった女の子ロザモンド。


ロザモンドがネートに云うには、「あんたの誕生日のプレゼントを届けに来たんだけど、途中でどこかへ消えてなくなっちゃたの。」 ネートの誕生日は7月12日なのだが・・・。 「早いほうがいいと思ったの。」と、ロザモンド。ロザモンドは雪のなかを探し回ったが見つからなかったという。

ネートには、そのプレゼントがとても変わったものに違いないことが判っていたが、探偵としては探さないわけにはいかない。「よろしい。この事件は名探偵のネートがひき受けてあげるよ。」

ネートはロザモンドにプレゼントが何かを聞いたが、ロザモンドはネートをビックリさせようとしているため、それが何であるかを教えることはできないと言う。


「探すものが何か判らないで、どうやって探せるんだ!」 と、ネート。

「でも、あんたは名探偵なんでしょ!」 と、ロザモンド。


変人ロザモンドが、ネートに用意したプレゼントとは、いったい・・・?


Nete the Great シリーズのうち、“ぼくは めいたんてい” として訳出されているシリーズ作品の中ではこれが最終作にあたる。残りの1作は原書で読むことになりそうだ。


ところで・・・、

この最終作(正確には、“ぼくは めいたんてい”シリーズの最終作)を借りた際、図書館のヒトが親切にも、日本語版の新シリーズが在ることを教えてくれた!

Nate the Great シリーズはまだまだ続く! ヤッタ!!




【 ぼくはめいたんてい シリーズ 】


第1作  きえた犬のえ ( Nate the Great [1977] )

第2作  まよなかの はんにん ( Nate the Great Goes Undercover [1978] )

第3作  なくなった かいものメモ ( Nate the Great and the Lost List [1981] )

第4作  きょうりゅうの きって ( Nate the Great and the Sticky Case [1981] )

第5作  かぎはどこだ ( Nate the Great and the Missing key [1982] )

第6作  ゆきの中の ふしぎなできごと ( Nate the Great and the Snowy Trail [1984] )

未訳   Nate the Great and the Phony Clue (1981)




【日本語版 新シリーズ=「めいたんていネート」シリーズ】


 1. ペット・コンテストは大さわぎ

 2. いそがしいクリスマス

 3. きえた草のなぞ

 4. だいじなはこをとりかえせ

 5. ねむいねむいじけん

 6. 2るいベースがぬすまれた?!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月23日(金)

グループE: チェコ 0 vs 2 イタリア

テーマ:2006ドイツ・ワールドカップ

前半、ポゼッションは圧倒的にチェコ。チェコの中盤はイイ。

しかし、中盤でパスを繋ぐ様は、まるでクロアチア戦での日本のボール回しを見ているようだった。

イタリアは敢えてチェコにボールを持たせている。クロアチアが日本に対してそうさせていたように・・・。

試合を支配しているのはイタリアだ。


イタリアはコーナーキックのチャンスをモノにして、あっさり1点を奪ってしまう。


前半終了間際、退場者を1人出してしまったチェコ。後半、攻め手を欠く中で、ネドベドはピッチを縦横に駆け巡り、チャンスを窺う。その姿は日本の7番に重なる。ミドルレンジからのシュートは枠を捉えるが、ブッフォンに阻まれる。後半31分。ネドベドのアップが画面に映し出される。その目はまだ死んではいない。

チェコベンチは攻撃的な選手を投入しイチかバチかに賭ける。しかし、イタリアの守備陣の戻りは速い。ゴール前はあっと言う間にイタリア選手で埋め尽くされる。

イタリアは、インザーギを前線に貼らせて、効果的なカウンターを仕掛ける。その度にチェコのディフェンスは下げられ、再び攻撃に出るのに時間をかけさせられる。

そして後半42分・・・、インザーギが、オフサイドラインを高く取ったチェコのディフェンスをかいくぐった。ゴールキーパーと1対1となるが、その手を落ち着いてかわすと、チェコを奈落に突き落とす2点目を決めた・・・。


チェコの中盤はテクニシャンが揃い、ポゼッションの高いサッカーを繰り広げていた。しかし、コラーを欠いたフォワードには決定力が無かった。また、中盤の運動量もいつもより少なかった。

・・・まるで、我々の代表のようだった。


敵であったイタリアの選手達からも惜しまれながら、ネドベドのワールドカップが終わった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月22日(木)

注目ブログと最近読んだ本

テーマ:メモランダム

ここのところ、たまたま贔屓にしているブログの管理人の方が本を出され、読んでみたところどれも面白かったので、勝手に紹介します。



■ 理系白書ブログ  : 毎日新聞科学環境部の記者が作るブログ


   このブログを作る記者さんが中心となって書いた記事を文庫化したのが、

     『理系白書 この国を静かに支える人たち』




■ 小田中直樹[本業以外]ネタ帳  : 東北大学大学院経済学研究科教授が作るブログ


   この方が書いた最新の新書が、 『日本の個人主義』




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月21日(水)

『日本の個人主義』

テーマ:なんでも読んでみよう
日本の個人主義

小田中 直樹/著、 ちくま新書



以前読んだ 『歴史学ってなんだ?』 がすごく面白かった。そして、著者の学問に取り組む姿勢に好感と信頼が持てた。

で、同じ著者の、出たばかりのこの本、さっそく読んでみた。



とかく現代の日本で騒がれている?「個人の自律」。

一人ひとりが自律し、個人の責任での行動が求められている(あるいは強要されている?)日本。


このような背景にあって、あらためて著者が問いかけることとは、


■日本人は個人として自律していないのか?

■「個人主義」は重要なのか?幻想に過ぎないのか?

■そもそも“自律する”ということとはなんなのか?

■「自律」を他人に強要する、教育する、啓蒙する、ということが可能なのか?

■啓蒙は必要か?

■自律の先にあるもの、社会的関心は如何に生まれるか?


などなど・・・。


これらの問いに対する回答を導くため、著者が選んだ最大の武器は・・・、

    戦後まもなく「個人の自律」について思索した西洋経済史学者:大塚久雄の論考!

この武器を片手に、そしてもう一方の手には、近代思想 vs ポスト近代思想に関する考え、著者の専門:歴史学(社会経済史)、脳科学、認知科学、ゲーム理論など。


これらの武器を駆使しながら、エキサイティングな論考を展開する。

そして、著者が提示してみせた「個人の自律」とは!


私には、極めて常識的で真っ当な結論であったように感じた。

しかし、その常識的な結論に至るまでの論考については、一つひとつ丁寧に積み上げられている。その過程の説明が、ド素人の私にとっても非常に判り易い。


著者は、時に受け入れながら、時に否定しながら、先達の思索・思想を採り上げる。否定する場合も、その姿勢は一貫して謙虚である。その謙虚さの裏には、自らの思索に対する自信があるからなのだろう。

『歴史学ってなんだ?』 もそうだったが、非常にバランスの取れたポジションから世の中・社会を見ている(ように感じられる)。

なによりも、“日常生活に役立つ思索”を目指している?著者の姿勢が、私には心地イイ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月20日(火)

『かぎは どこだ』

テーマ:ミステリーとか
ぼくはめいたんてい (5)―かぎはどこだ
マージョリー・W・シャーマット/著、 マーク・シマント/画、 光吉 夏弥/訳、 大日本図書



パンケーキをこよなく愛す9歳の少年探偵ネート君が綴る事件簿(日本語版全6作)の第5弾。

シリーズ6作中で最も“推理小説”っぽい作品だった。



ネートは怖いもの知らずだ。たった一つを除いて・・・。


今日は、アニーのペットである大型犬ファングの誕生日パーティだ。彼女(アニー)はネートの友達だ。

アニーからパーティに招待されているネートだが、実は行きたくない。ファングが怖いから・・・。


ネートと彼のペット犬のスラッジは、パーティへ出かける支度をしている。

そこへアニーがやってきた。

彼女がファングの誕生日プレゼントを買いに行っている間に、ロザモンドがアニーの家に鍵をかけて帰ってしまった! 家に入ることができない! これじゃ、ファングの誕生日パーティが開けない!

ロザモンドは4匹の猫をペットにもち、ファングの誕生日パーティの準備の手伝いに来てくれていたのだった。。ロザモンドはチョット変わった女の子だ。

ロザモンドがアニーに残した置手紙には、「鍵があるのは丸い場所で、安全な場所。ピカピカしたものがいろいろある場所。大きな場所。」 とある。


ネートは、ロザモンドが残した謎の言葉を手掛かりに、アニーの家の鍵を探すことになった!

アニーが家に入れず、ファングのパーティが開けなくなったのが嬉しいネートだが、それでも友達の頼みを断るわけにはいかない。なぜなら、ネートは名探偵だから・・・。


今回もネートの推理は冴え渡る。

が、この物語は事件解決、謎の種明かしだけが読みどころではない。ネートが事件解決に至るまでの過程で何度か迷い込む“思考のわき道”、“誤った行動”がユーモラスに描かれており、それこそがこのシリーズの<<ウリ>>の一つなのである。

そして、秀逸なのが、事件を解決した後、ネートに待ち受けているエピローグだ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月19日(月)

グループF: 日本 0 vs 0 クロアチア

テーマ:2006ドイツ・ワールドカップ

消耗戦。

後半は、両チームもうバテバテ。

それでも日本チームは走らなければならないはずなのに・・・、それしか勝機はないと思うのだが・・・。


今大会で私が感じたのは、資質を持ったフォワードの選手の育成思想を根本から考え直さなければいけないのでは? ということだ。


決勝トーナメントへの進出は限りなくゼロに近付いた。

あとは、ブラジル戦。試合時間からいって、これまでの2戦ほどは暑くならないはず?

一泡吹かせることができれば・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月18日(日)

『きょうりゅうのきって』

テーマ:ミステリーとか
ぼくはめいたんてい (4)―きょうりゅうのきって

マージョリー・W・シャーマット/著、 マーク・シマント/画、 光吉 夏弥/訳、 大日本図書



パンケーキをこよなく愛す9歳の少年探偵ネート君が綴る事件簿(日本語版全6作)の第4弾。

今回は、友人のクロードが大切にしているステゴサウルスの絵の切手の紛失に関する事件である。


雨の日、クロードがテーブルいっぱいに並べた恐竜の切手を見ていたのは、アニーとピップとロザモンド。

ステゴサウルスの切手はテーブルの端にあった。落っこちたのに違いないと云って、ネートと相棒(犬)のスラッジは、クロードの家のあらゆるものの上や下を調べた。しかし、切手は見つからない。

次の捜査は、クロードの家で切手を見たアニーとピップとロザモンドへの聞き込みだ。3人への聞き込みが終わった後も、依然切手の行方は謎のまま。


ネートは近くの博物館に行ってステゴサウルスの事を調べたり、その帰り道にいろいろなことを考えたり・・・、切手には表と裏があって・・・、裏側にはノリがついていて・・・、

とにかく、ネートはありとあらゆることを考える。

そう!、ネートは、“あらゆることを考え抜く”という資質を備えた、まさに探偵の中の探偵である。


切手を探し出し、クロードに切手を渡し、家路に着くネート。その後姿とモノローグは、まるでマーローだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月17日(土)

アルゼンチン・サッカー炸裂!

テーマ:2006ドイツ・ワールドカップ

グループC: アルゼンチン 6 vs 0 セルビア・モンテネグロ


アルゼンチンの2点目。

流れるようなダイレクト・パスの連続からのカンビアッソのゴール。


今大会、最高のゴール・シーンを観た!!


1点目といい、2点目といい、もしかしたら、今大会は最高のアルゼンチンが観られるのか?


3点も取って、その上・・・、ついに、FW19メッシ登場。

そして、4点目。メッシからクレスポへ。

マラドーナはなんて嬉しそうなんだ。


5点目はテベス。

6点目はメッシ。


余裕のアルゼンチン。

セルビア・モンテネグロが虐殺された・・・。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。