1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月17日(日)

無題

テーマ:メモランダム
そっか、スマホでも記事は書けるんだった。忘れてた。
でも、ブログはPCからがイイな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月17日(日)

『二人のウィリング』

テーマ:ミステリーとか


ヘレン・マクロイを読むのも久しぶり.
ずいぶん古い(1951年)ミステリ作品.
まァまァだったかな.


二人のウィリング (ちくま文庫)/ヘレン マクロイ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月17日(日)

『人間の建設』

テーマ:エッセイ・随筆とか
今夏の「新潮文庫の100冊」の中の1冊.

小林秀雄と岡潔.文系と理系の世界の天才同士の雑談.


人間の建設 (新潮文庫)/岡 潔




長年,岡潔の「数学は情緒である」という言葉の意味が気になっていた.
この本の中にも,その言葉の意味に関わっている箇所がある.
あまりにも高度な数学の世界,そこに足を踏み入れた者でなければ,岡潔の云っている真意は判らないだろう,やはり私ごときには理解不能だ,ということが何となく分かった・・・かな?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月16日(土)

『絶望名人カフカの人生論』

テーマ:エッセイ・随筆とか
絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)/フランツ カフカ


コレ読んで,『変身』を読んでみよう,って思った.今更かなァ.


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年07月16日(土)

『パルプ』

テーマ:ミステリーとか

先日,甲府市の書店で,チャールズ・ブコウスキー/著,柴田元幸/訳の『パルプ』,ちくま文庫版を購入.

一時期,ブコウスキーにはまっていた.
懐かしいナ,たぶん家にあるんだろうナ,と知りつつ,帰りの車中で読もうと思い購入.
結局,車中では別のを読んでたんだけど・・・.

パルプ (ちくま文庫)/チャールズ ブコウスキー




家にあったのは新潮文庫(2000年発行)だった.16年も前に読んでたんだ.
ぶっ飛んだ内容で,面白かったことだけは記憶している.
せっかく買ったんだし,もう一度読もう.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月10日(土)

『地球の履歴書』

テーマ:自然科学とか
地球の履歴書 (新潮選書)/新潮社
大河内直彦/著、 新潮選書(2015)


人類が海の深さがどのくらいかを知ったのはつい最近のことだという話。

サンゴ礁の進化解明にも関わったダーウィンの話。

海底地形を知るための武器、サイド・スキャン・ソナーとシー・ビームの話。

地球内部に閉じ込められた石油や塩の話。

南極の話。

氷河期の海退、間氷期の海進にまつわる話。

火山の中から吹き上げてくるモノの話。


地球科学エッセイとでも云えそうな内容。

文章が上手。

読み易い。


一つひとつの章が短いので、どこからでも気楽に読める。


寺田寅彦の時代から、科学者が書くエッセイは面白いんだ。


迷って読まなかった、この人の別の作品 『チェンジング・ブルー』 も読もっと!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月04日(日)

『里山資本主義』

テーマ:なんでも読んでみよう
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)/KADOKAWA / 角川書店

藻谷浩介・NHK広島取材班/著、 角川oneテーマ21(2013)



かなり前から話題になっていた新書。
ブックオフで購入。

(A) 忙しく働いて高い給料をもらうが、日々の生活に掛かる出費も大きい都会で働くこと。

(B) 余り多くはない給料だが余裕のある働き方で、生活費はさして掛からず、仕事以外の
   生活にも時間を費やせる里山での暮らし。

収入と支出の差が(A) と(B) で大して変わらないのなら・・・、

里山への移住がそれほど大変なことではなく、場所によっては簡単で歓迎されるのであれば(実際、そういう所も増えてきている)・・・、

(A)ばかりではなく(B)という選択肢もあること。
ある時期・年齢までは(A)で、別の時期・年齢からは(B)で、という生き方もあること。

などを示している本書。魅力的な提案。


「経済成長」というコトについても考え方の転換を図るような示唆があったり、他にもいろいろと考えさせるコトがふんだんに書かれている。

ベストセラーになるのも解る。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年09月19日(土)

『本屋になりたい』

テーマ:エッセイ・随筆とか
これを書いている2階の部屋に、庭に植えた金木犀のほのかな香りが漂ってきている・・・割には暑い!

『本屋になりたい : この島の本を売る』  宇田智子/著、 ちくまプリマー新書(2015)


6月に読んだ本。


タイトルに釣られて買い。


全国展開する大手新刊書店の東京都内の店で働いていた著者が沖縄の古本屋を引き継ぎ、そこから見えてきた本と人との間にある物事について綴ったエッセイ。


私もいつか古本屋になりたい・・・。

定年後は家具職人になってみたい・・・。

今の職以外のことをしてみたい・・・。


本書、50を過ぎたオヤジに迷いを生じさせるほどのインパクトは無かったが、ところどころホッとさせる文章があった。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015年09月19日(土)

電子書籍と紙の本

テーマ:本を読むこと・本にまつわること

仕事、業務で読む文献や論文などは、もうずいぶん前から電子化されたものを読むようになっている。

論文・ジャーナルを紙媒体で出版する学会などは、今やほとんどないだろう。月一回発行の会誌などは未だ紙媒体で送られてくるが、会員数の減少などで予算の厳しい学会は、会誌も電子版で配信するところがある。

クライアントへの業務報告書や設計計算書、図面も電子版での提出が通常である。

今や仕事で何かを読む行為というのは、もっぱらPC画面上でのこととなってきた。


3.11以来、新聞の購読を辞め、時事ネタ・ニュースはポータルサイト上のトピックスを拾い読みするだけになり、仕事以外の日常での読む行為も確実に電子版に頼る機会が増えている。

が、書店巡りを数少ない楽しみとしている身にあって、漫画や小説やノンフィクションなどを読む際は、やはり文庫や新書などの紙媒体を購入することが多い。

私の場合、現状では未だ紙媒体による読書の割合が多いかもしれない。


昔から読み続けている贔屓のミステリ作家の作品の場合は、紙媒体での購入を優先するだろうし、ハヤカワのポケミスに至っては、あのフォルムに愛着があって、紙媒体での購入が圧倒的になうだろう。だがそれも何時までのことかは判らない・・・。


文芸書などの一般書籍が電子化されることも普通になってきた今、kindleを使ってコンテンツを読むことが確実に多くなりつつある。ノンフィクションの新作の場合は、ほとんど電子版を購入している。

コンテンツ電子化の波は、私の読書傾向も確実に変化させている。


今更ながら、電子版書籍と紙媒体書籍の違いについて一考。

両者の最も大きな違いは、電子版はデヴァイス(装置)とコンテンツ(内容)が分かれている、のに対して、紙媒体書籍はデヴァイスとコンテンツが一体であるということだ。

人類史上の読み物において、装置と内容が分離したのは20世紀末以降だ。

岩盤や土壁、粘土板、パピルス、木簡、紙などに書(描・画)かれていた一体のものが、デヴァイスとコンテンツというものに分離されるとは、子供の頃の私は思ってもいなかった。

読み物に関する現在の状況に対して、時折ふと驚きを感じることのある私は、確実に旧世代化していることを実感する。



追記

今月初めにあった、とある学会発表では、プレゼン資料をセキュリティー対策付きUSBメモリーに入れて持って行ったが、学会側で用意したPCでは、このUSBを読み込むことができなかった。幸いプレゼン資料は私のモバイルPCにも入れておいたので、そちらから別のUSBメモリーを経由して学会PCに移すことができた。

デヴァイスの違いによってコンテンツの再現が不可能となることの例として私の記憶に残る出来事だった。



追記2

ベタな妄想だが、無人島に持って行ける本を選ぶときは、紙媒体のものが圧倒的に信頼性が高いことになる・・・。



追記3
5年前に、こんなこと を言ってた。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年09月13日(日)

『道路の日本史』

テーマ:歴史とか

1年近く?ほっぽっといたブログ。

それまで、ほぼ読んだ順番に記録していたものが途絶えてしまったことになる。

ブログは書かなかったが、本は読んでいた。この間の記録をどうするか?

今更振り返って記録するのも面倒だ。今後もいつ中断するか判らんし、成り行きに任せるしかない。

この本は6月に読んだらしい。
大宮高島屋のジュンク堂で購入した際のレシートが挟まっていたから、3か月も前に読んだことが判った。
『道路の日本史 - 古代駅路から高速道路へ』  武部健一・著  中公新書(2015)

1925年生まれの90歳の著者。 恐れ入る。


本邦の古代律令国家時代に建設・整備されたと思しき道路跡と、現代の高速道路の線形とが重なることは、私のような土木工学を学んだものには理解しやすい。


戦略的な道路ネットワークは、平和時で中央集権システムが機能している時代に整備される。

道路をはじめとしたインフラの建設・整備は、国家システムや国情が安定しているか否かのバロメータにもなり得る。

中央集権が良いか悪いかは別として、歴史の事実からはそのようなことが伺える。


「コンクリートからヒトへ」のような単純なスローガンを挙げる権力の基盤が、いかに脆弱で不安定であるかは経験した。

高度経済成長期に建設したインフラが寿命を迎えつつある今日、「コンクリートもヒトも」が、望ましい。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。