nanea cafe

代々木公園前にある、推拿整体サロン&ボディ・センス・カレッジ【nanea/ナネア】石隈きわこのブログ。健康と美を追求するこだわり整体師kiwaが綴る ”feel so good”な毎日。
 

naneaでは、施術というコミュニケーションツールで感動や共感力を高め、心身ともに愛し愛される人になってほしいと願っております。また、スクールでは、リフレや整体を通じ、触れ合うことで、相手を想う心・自分や家族を大切にできる気持ちなどが芽生えるようなお手伝いをしています。

nanea ボディ・センス・カレッジ概要


施術のご予約につきましては、ご予約受付システムにてご予約を承っております。ご希望のお客様は下記リンクよりご予約をお願い致します。

ご予約状況の確認とご予約

テーマ:
 
足のむくむく  下半身のむくみ
女子にはよくあるお話です。
 
ワタシもこの世界に入ったきっかけは
足がむくみやすく、自分でなんとかできないかと
リフレを習ったことからでしたから
 
そのつらさは
よくわかります。
(ちなみに今でもうっかりしていると
すぐにむくみます)
 
夕方になると
ブーツが入らなくなる
 
ふくらはぎが太くてむくんでいるし
スカートなんてはけない。
 
困ったもんです。。
 
東洋医学では
こういった状態を
「淡湿」たんしつと呼ぶのですが、、
 
体内の水さばきが悪く、溜まった水が体の熱をとり、
気と血のめぐりを鈍らせるものです。
 
特徴としては
・むくみがあり色白でぽっっちゃり
・ちょっとした動作で汗をかきやすい
・雨天や湿気の多い日に調子がわるくなる
・筋肉にしまりがなくぼってりしている
・食べることが好き
 
 
倦怠感や手足のだるさ・冷え、めまい、頭痛、静脈瘤など、
痰が溜まっている場所によっていろいろな症状が起こります。
 
のどの渇きもよくみられます。
(淡湿が熱化していれば、冷たいものをがぶがぶ飲みます)
 
でも水は あり余っているので、
そこで水を飲むとかえって気分が悪くなってしまうこと多いかもしれません。
 
----------------------------------
 
今日のゲスト様は
これに熱が加わって、「湿熱」といった症状笑い泣き

「水」は体を冷やして沈静化する役目があります。
「熱」は逆に、身体を温めて活動を活性化させる役目があります。

「湿熱」は、この二つが両方とも過剰になってしまい、
体中いっぱいなって、
体の動きを悪くし、「気」や「血」の動きを邪魔します。
 
甘いものは「湿気を呼ぶ」と言われており、
甘いものの摂り過ぎは体内に余分な湿気を生むこと、
 
体液の滞りや濃縮の要因となりまするーー
 
油は加熱し続けることで発火することから

熱を生みやすい性質を持っています。
 

なので、

甘いものや油っぽいもの摂り過ぎは「湿熱を生む」と要因となるわけです。

 


カロリーの高い食物

味の濃いもの、

甘いもの  要注意でっせ。

 

胃に熱が滞ると、鼻の頭や小鼻、

その付近にニキビ・吹出物ができやすくなります。

 

キャーードクロドクロドクロ

------------------------------------
面白いことに
この手のタイプ
これまた性格なんかにも特徴があるんですよねーー
 
・お話し好き
・騙されやすい
・優柔不断
・優しい(弱い)
・温和
・すぐに人を信じる
・理論より感覚
・嫌いなものは大嫌い
・不安だけど、なんとかなると思っている。
・手放すのが苦手
 
笑)
 
 

「湿」を追い出すには、カラダを動かすこと。

 

せっかく持っている「熱」を全身に回して

 

カラダの中の「津液」をぐるぐるぱっぱと

回し「湿」を取り除きましょう。

 

 

動いて疲れた後には、しっかり睡眠!

 

 

あ、あとお家の排水溝や水回りも

しっかりきれいにすること!

↑これめっちゃリンクしませっせ!

 

 

余分なものは(ゴミでも人でも)

 

アッという間に溜まりますが、

取り除くためには根気と努力が必要かもしれませんね

 

ちなみに

性格を克服するのは至難の業です。

(ちょっとしたメカニズムが必要だから)

 

捨てるのが苦手な人は

克服することに余分なエネルギーをつかうより

これからはすぐになんでもかんでも入れない。

入れる人や物をを吟味しましょう笑


つらいのはストレスなので

ココロと カラダを楽しませながら

 

はい。捨てる!

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)
同じテーマ 「【カラダ】東洋医学」 の記事