難聴主婦の静かな日々

大人になってから難聴になりました。難聴主婦でも元気にやってます♪


テーマ:

補聴器をつけて良かったことの反対として、ディメリットがなにかということを考えてみました。

 

(1)健聴者と同じレベルにはならないこと。

これは、当たり前と言えばそうなのかもしれないですが、補聴器をつけていると健聴者と同じように聞こえていると回りは思ってしまうのですね。眼鏡をかけると普通なら誰かの助けを得ることなく、本を読んだりできますから、補聴器も同じだと思うんですね。

 

(2)人がたくさんいるところでの聞き取りが難しいこと。

レストランなどで、人がたくさんいてザワザワしていると、補聴器はそのざわめきも拾ってしまうので、目の前の友人の声だけに集中して聞くのは難しいです。

 

(3)長時間つけていると疲れること。

以前、騒音の大きい職場で働いているときは特に疲れたので、家に帰るとすぐに外していました。今は騒音の少ない職場なので、負担は大分軽くなりましたが、人がいないところでは、すぐに外してしまいます。

 

自宅で息子がパソコンを開いて音楽を聞いたりするととてもうるさいので耐え切れずに補聴器を外しています。

 

(4)小声の話声はどうしても聞き取れないこと。聞き返しても、なかなか答えてもらいないことなど。子供たちの声も小さくて、補聴器をつけても、あまり役に立たないです。

 

(5)高額でありながら、試用期間が5年位で、冷蔵庫などの家電製品より短いこと。ただし、壊れないように注意して使えば、もっと長く使用できることもあるそうです。私の補聴器もできるだけ、長く使用したいと思っています。

 

(6)至近距離でないとわからないので、離れたところにいる人の話はわからないこと。

 

(7)補聴器をつけたままで電話で話しをするの難しいこと。フォナックのコムパイロットなどの補助ツールを使えば聞こえるようになりますが、機械ものなので、途切れることもあるそうです。あまり電話もかけないので、わざわざ補助ツールと買ってまでとは思わないのですが、たまに電話をかけないといけないときに、困ることもあります。

 

私の場合、低音性難聴なので、高音の声の人とはなんとか会話できるものの、低音の人との会話はできないので、困りますね。補聴器をつけてできるといいのですが、いまだにうまくいかないです。

 

・・・・と、思いつくままに書いてみました。

 

そうは言うものの、日常的に不自由なら補聴器をつけることを検討したほうがいいと思います。私も購入まで10年くらいかかってしまいましたが、いろいろなところで試聴させてもらい、納得のいくまで試すことができたので、総合的にみて良かったと思っています。

 

 

 

 

ランキングに参加してます!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。