353号線のうた

テーマ:



353号線の歌  (from スピッツ)

月まで続いてそうな
坂を登りつめたあとは
地獄の入り口みたいな
真暗な森に入った

缶ジュースを飲みたくて
車を止めて探したよ
だけどもここでは多分
空き缶さえ見つからない

全部忘れてた ずっと昔の
今ここで君と僕 思い出している
裸になれたらいいな 

きのうよりはずかしくても
僕らのうたは止まらない

ノロマでもいいから
走りつづけるさ ゴロゴロと

小さくなってく僕ら
なんだかすごくいい気持ち
つまらない悩みごとに
二度と苦しむこともない


地図にない道を選んで 
海の見える街へ行こう 

AD