四暗刻

テーマ:
SFC『スーパーパチスロマージャン』にて、四暗刻で役満を達成したので記念に貼っておきます。

僕は麻雀の役はリーチとチートイツとスーアンコしか知らないので、もう二度と無理だろうと思います。



トロイア戦争を題材にした古代ギリシャアクション漫画『アキレウス アルゴスの軍神』(作画・藤田かくじ 脚本・鉄人)
単行本Ⅱ巻発売中です。


とらのあなの通販ページはこちら
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0011/62/66/200011626666.html
とらのあな様で購入すると、初回購入特典が貰える予定です(なくなり次第終了)。


web雑誌コミックヴァルキリーに掲載(閲覧無料・登録不要)

AD
リサイクルハープスで購入。

SFC『スーパーパチスロマージャン』ニチブツ 1994

パチスロとマージャンが楽しめる。

出来は標準的だけど、こなれた作りでストレスはたまらない。

濃い個性を持つメンツと卓を囲める。

あまり人数は多くないが、女の子のグラフィックが可愛らしい。
ただし、SFCなので脱ぎません。

…と思ったらこんなやつもいた。




トロイア戦争を題材にした古代ギリシャアクション漫画『アキレウス アルゴスの軍神』(作画・藤田かくじ 脚本・鉄人)
単行本Ⅱ巻発売中です。


とらのあなの通販ページはこちら
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0011/62/66/200011626666.html
とらのあな様で購入すると、初回購入特典が貰える予定です(なくなり次第終了)。


web雑誌コミックヴァルキリーに掲載(閲覧無料・登録不要)
AD

八王子たん

テーマ:
JR八王子駅南口のビックカメラ入り口に、こういうポップが立っていた。

ビックカメラの各店舗を擬人化したビックカメ娘のひとりで、八王子たんという名前。
甲州街道(国道20号線)の並木をイメージしたイチョウと、「王子」を象徴する王冠を髪にあしらっている。
ちょっとヤンキーっぽい見た目なのも八王子っぽくていいかもしれない(八王子は地元育ちのヤンキーが多い)。
置いてあったフリーペーパー『たびっく』掲載のまんがでは、ちょっと気が強そうな口調なので、ますますそれっぽい感じだ。
僕には、北口のヨド○シカ○ラに殴り込みをかける八王子たんの姿が見える。
あなたの地元のビックカメラにも、ビックカメ娘がいるかもしれない。



トロイア戦争を題材にした古代ギリシャアクション漫画『アキレウス アルゴスの軍神』(作画・藤田かくじ 脚本・鉄人)
単行本Ⅱ巻発売中です。


とらのあなの通販ページはこちら
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0011/62/66/200011626666.html
とらのあな様で購入すると、初回購入特典が貰える予定です(なくなり次第終了)。


web雑誌コミックヴァルキリーに掲載(閲覧無料・登録不要)
AD
ハードオフ八王子大和田店で購入。

ゲームビジョン『ガントレット』セガ 1989年

同名ビデオゲームの電子ゲーム版。
あの『ガントレット』をどうやって…と思ったが、職業は選べないしジェネレーターもないものの、敵を倒し、カギやアイテムを拾いながら、迷宮を進んでいくのは同じ。
パースをつけて迷宮を表現しており、なかなか頑張っているシロモノだった。
キャラが大きい点は、本家より勝っている点かもしれない。



トロイア戦争を題材にした古代ギリシャアクション漫画『アキレウス アルゴスの軍神』(作画・藤田かくじ 脚本・鉄人)
単行本Ⅱ巻発売中です。


とらのあなの通販ページはこちら
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0011/62/66/200011626666.html
とらのあな様で購入すると、初回購入特典が貰える予定です(なくなり次第終了)。


web雑誌コミックヴァルキリーに掲載(閲覧無料・登録不要)
印刷の栄文社さんが、サンプルとしてプリントしたミニミラーを送ってくださいました。

色合いが鮮明で非常に美しいです。
写真ではわかりづらいですが、盤面もただ平たいわけではなく、パターンが加工されています。
ありがとうございます!

印刷の栄文社さんは岐阜県の印刷会社で、60年の歴史を持つとのことです。
紙媒体のみならず、こうした幅広い印刷物にもチャレンジされているそうです。
同人誌や、グッズ製作をお考えの方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

印刷の栄文社
http://www.eibunsya.com/index.php/division

冊子印刷本舗(同社が運営する印刷メニューサイト)
http://book.eibunsya.com/