ジュエリーレジン・アカデミー 働き女子がハンドメイド起業できる唯一のスクール

透明樹脂(レジン)を使った【ジュエリーレジン】の講座です。まるで宝石の様な輝きを放つ、アクセサリーを作れるようになります。


テーマ:
こんにちは~。

ハンドメイドで自由とワガママな人生にシフトできる仕組み創りの専門家、
ハンドメイド起業作家の清水麻衣です。


image

私が好きなのは、この「ぷっくりツヤツヤ」にすることと、自分で好きな色の宝石を創り出すこと。


ハンドメイド自体はいろいろ好きなことがありますけど、

ず~っと、ニヤニヤ作っていられるのは、たぶんこれだけ( ´艸`)



だから、これをシゴトにできていることは、楽しくて仕方がありません。

{F17FEBE2-252C-402B-B2FC-46C181E55C56:01}


少し前までは、ハンドメイドを仕事にしたくて、一生懸命がんばっていた時期があるんです。
もちろん、今だってがんばっているけど、以前は、結果に結びつかない頑張り。


いわゆる空回り状態でした



ネットショップもチャレンジしたし、

イベントも小さいものから、デザインフェスタなどの大きめのイベントにも出展しました。

委託販売も何カ所か置いてもらいましたし、

ワークショップを開催したり、

手芸店講師もやっていました。


たくさん、やってみたし、それなりに収入にはなりました。


週5でバイトしながら、空いた時間を使って、制作して、イベントやレッスンの準備して・・・という生活。

まぁ、副業状態ですよね。


だけど、それでは嫌だったんです。



私が目指しているのは、
ハンドメイドだけの収入で
生活していくこと!!


このやり方では、
バイトを減らし、使える時間を増やし、
レッスンや販売数を増やしても、
たかがしれているのです(´д`lll)


もし同じような状況の方がいるなら、
冷静に考えてみてください。


いま、イベントに出している作品の価格から、
材料費を引いてみてください。

カンタンな計算です。


そして、その残った金額分は、
その作品製作にかけた時間を時給として考えた時に、バイトやパートなどの時給と同じくらいになりますか?




なりませんよね??(;-ω-)




しかも、作品にかかっている経費って、材料費だけじゃないんです。


製作時間もそうだけど、
本当は、イベントに出展するなら、その準備。

タグを作ったり、台紙を作ったり、場合によってはディスプレイも作ってるでしょ?

それらの材料を買いに行ってる時間も、交通費も。


製作している時の電気代とかの光熱費だってそう。


趣味の延長として楽しんでいるんだから、
「材料費だけでも戻ってくればいいの」という方はそれで良いと思います。

イベント出展することが楽しくて、ちょっと収入になればいいのなら(´∀`)



生活するだけの収入が必要なら、それは全く別ですよね。

そうすると、そもそもの「ハンドメイドを仕事にするなら、こういうことをやれば良い」という一般的な方法では、私の目標を達成するには向かないのでは?

と、私は気が付いたのです。


そして、そのことに気が付いて、
必要なことを学び、実践したことで、
好きなハンドメイドを本業にすることができました。


そして、やってみたからこそ、今まで知られていた方法では、ハンドメイドを本業にすることが難しいことが分かってしまったのです( ̄□ ̄;)!!



今、ハンドメイドを本業にしたくて、いろいろやっているけど、上手くいっていないなと感じているなら、そもそものやり方が違うのかもしれません。


他の方法を知りたくありませんか?


ジュエリーレジン®︎のスタートUP講座では、自分だけの宝石を創り出すレッスンに、ハンドメイドを本業にするためのヒントを座学でお伝えしています。


ハンドメイドを本業にしたくて、何か悩んでいる方や、
これから、なにかモノを作ることを仕事にしてみたいと思う方が、参加してくださっています。


5月のスタートUP講座の詳細&お申込みはこちらです。

気になる方は参加してみてくださいね。
残席2名さま。
まもなく募集締め切りとなります。

{761EC2BD-CFF8-47E2-9E04-68D6EC367FB0}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは~。

ハンドメイドで自由とワガママな人生にシフトできる仕組み創りの専門家、
ハンドメイド起業作家の清水麻衣です。


今日は、たまにはマジメなお話を♪


●趣味であるハンドメイドを本業にするとは?

まぁ、私個人の考え方なので、興味のない方はスルーしてくださいね(^-^)/




「ハンドメイドを仕事にする」というのは、作家になる以外にもいくつか方法や種類があると思うんです。



重要なのは、自分はどうなりたいのか。



それは、ひとりひとり違う。そして、状況などによっても違うのではないかと思います。


“ハンドメイド”に携わることは、色々なカタチで叶えることができると思うのは、私自身、いろいろ経験してみたから。




私は、最初は大手印刷会社の事務をしていました。

ハンドメイドにハマったのは、先輩から、千趣会という通販で何か頼んでよ、というお願いをされたから。

その時は、先輩に言われたから、「何か頼まないといけない」と思って、ビーズのキットを頼んだんですよね(笑)


まぁ、毎月キットが届くので、なんとなく作り始め、作ったら、だれかに「素敵!」って言ってもらえたから、続けていた。

あまり何も考えていませんでした(^_^;)


次のきっかけは、残業が多くなり、会社がおもしろくなくなってきたから(笑)
こんな理由で辞めてしまうようなヒトなんです(・_・;)


会社のために働くより、自分のために時間を使いたい。


そして、好きなことを仕事にするためには、何かを学ぼうと思ったのです。

その時は、アクセサリーの製作を学べるところ、ジュエリーを学べるところとどちらも候補にしていました。


選んだのは、ジュエリー。


アクセサリーは、独学で何とかなると思ってました(笑)



ジュエリーの製作の仕方と、デザインの仕方を学び、

オリジナルジュエリーと、ジュエリーリフォームを専門としている小売店に就職しました。


【販売員 兼 デザイナー助手】


それが、私のハンドメイドの世界での最初の肩書き。



しばらく働いて、1年も経たずに、「これは違う」と思いました。


あくまでも、これは自分の感覚です。

私のやりたいこととは違うと感じたから、すぐに辞めてしまいました。




次に就職したのは、アクセサリー製造会社。

肩書きは、【アクセサリー製造管理事務】


ここは、就職したばかりのころは、自分が求めていた仕事だと思いました。


世の中の人気アクセサリーを、デザインし、製造していること。
時々は、自分のデザインした作品が、量産されて、店頭に並んでいる。

毎日がとても楽しかったです。


でも、5年ほど経つと、業界のウラ側とかも、いろいろ知ってしまう(苦笑)

だんだんと、楽しくなくなってしまったのです。


また、自分に問いかけました。


「それは、本当にやりたいことなの?」

「私が本当にやりたいことって、なに?」



その答えを見つけるために、いろいろなことをやりました。


●ネットショップ運営・自分の作品の販売

●手芸店でのパート

●作家として、ハンドメイドイベントに出展

●手芸店でのアクセサリー講師


どれも、なんだか違うんです。

どれも、ハンドメイドに関わるお仕事ではあるんですけど。




何が言いたいのかって言うと、
「ハンドメイドを仕事にする」ということは、

どんな職種を選んでも、趣味でいるときよりは、大変です。


趣味を仕事にした時点で楽しくなくなることもあります。



私自身、どの職種もハンドメイドに関わっているのに、
作家としても活動も、販売も、手芸店の講師も微妙にちがったんです。



私にとって、「やりたいこと」とは・・・。


いろいろなことを試してきたおかげで、やっと分かったんです。


“自由”を手に入れる



これだけだと、漠然としてますよね。


ですが、根本はこれなんです。




私が、ハンドメイド作家として、本当に求めていることは。


自分が作り出したいものを、じっくり考え、かたちにするために、試作を重ね、創り上げる。


そのための、時間が欲しい。


時間が欲しいということは、経済的自由と、時間的自由を手に入れないと、難しいことですよね。


さらに言えば、他に諦めてきたことも、諦めたくない。



自ら起業して、ハンドメイドをシゴトにしたいと思った時、


・趣味のキモノを諦める

・大好きな「寝る」時間を減らす

・結婚はおろか、付き合うことも諦める

・もちろん子供を産むことも諦める

・自由な時間も諦める


こーゆーことは、「諦めなければならない」そう思ってました。


でも、違うんですね。



「諦めないでいい」方法があるんです。
しかも、大好きなハンドメイドで。




いままで諦めてきたことを諦めずに、自由な時間を手に入れたい!
それも、好きなハンドメイドで。と考えている人だけ、お越しください(´・∀・)ノ



5月19日(木)
残席2名、ギリギリだけど、お待ちしてます!

{FCB01FE8-5F73-48DE-B0A7-FAB3EB4FD890:01}

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
●ハンドメイド起業は、講座からスタートの方が上手くいきやすい?

こんにちは。


ハンドメイドで
自由とワガママな人生にシフトできる仕組み作りの専門家
ハンドメイド起業作家の清水 麻衣です。


昨日の記事
の答えとして、「講座から」とお伝えしました。



なぜ「講座から」の方が上手くいきやすいのでしょうか。


それは・・・

メリットがあり、デメリットが少ないからです。


私が考える、「販売」の一番のデメリットは、

在庫

です。


材料の在庫、制作済み作品の在庫・・・

私自身、はじめはイベントに出たり、委託販売をしていたこともあります。
だからこそ、分かるんです(;^ω^)


目新しい作品を作ろうと思えば思うほど、
お客様の要望に応えようとすればするほど、
「在庫」は、どうやっても増えていきます。


在庫を極力しないようにと、オーダーメイドのみに切り替えた時期もあります。
多少は完成品の在庫は減りますが、やはり材料の在庫などを抱えることから逃れることはできません(笑)



「講座」にしたら、どうなったのか?


<メリット1>
・用意する材料の種類を決めることができました。
・同じ種類のパーツを、まとめて購入することができるようになりました。
・あらかじめ、講座を何人と決めることができるので、無駄なお買い物が減りました♪


<メリット2>
・1dayレッスンだけでなく、定期レッスンを用意することで、
安定的な収入を得られるようになりました((´艸`*))


<メリット3>
・講座をしていると、「販売はしていないのですか?」と
きかれるようになります(笑)
・講座が人気になると、必然的に作品自体に興味を持ってくれる人が増えました。



ハンドメイド起業として、どちらが先にやったら、正解・不正解というものはありません。


私自身が、実際にやってきての経験からのお話です(*´∀`*)


もちろん、ジュエリーレジン・アカデミーでも、
メンバーによっては、販売優先の方がいいかな、という方もいます。


あなたは、どちらからスタートしますか?



気になる方は、直接私に会いに来てくださいね。
今月のスタートUP講座は1日だけの開催となっております。


スタートUP講座では、私の経験をもとに、
ハンドメイド起業のポイントをお伝えしております。

「販売と講座、どちらからやったらいいですか?」
いいね!した人  |  リブログ(0)