アイロボットファンミーティングに参加させていただき、最新式ルンバ980が我が家にやってきてからちょうど10日。
我が家の600シリーズルンバとの引き継ぎも終え(何をルンバ同士で引き継ぎしたのか、何を語ったのか知りたくもありますが(笑))最新ルンバ980のレポートです。

PA200955.jpg

まずはホームベースの設定です。
前回のレポで触れましたが、ホームベースの2メートル以内に丸い柱があるとルンバがホームベースに帰ってこないリスクがあるということがミーティングでわかったので、ホームの位置を変えました。

PA190930.jpg

電源を入れ裏返して黄色い保護紙と絶縁シートをはずせば設定終了。

あとはCLEANボタンを押すだけでルンバは作動します。
取扱説明書なんていらないくらい設定が簡単なのが嬉しい!

クリーンボタンを押すといつものルンバの始動音が!

始動したルンバはしばらく様子を伺っているようなわりとスローなペースで進んでいきました。

PA200939.jpg

とは言っても10枚くらいルンバを追っかけて写真を撮りましたが、ほとんどぼけてしまうくらい動きは速いです。

PA200946.jpg

600シリーズとの違いというか980の進化についてですが。。。

壁に当たったときの衝撃音が小さく優しい動きをします。
600シリーズは割と壁に当たっては綺麗に、当たっては綺麗にと壁際を掃除する感じでしたが、980は優しく当たりそっと滑り抜ける感じ。でもちゃんと後は綺麗になっている。
丁寧な仕事ぶりで静かという印象ですね!

そのあと見守っていたのですが、ちょっと目を離したすきにあれ?ホームベースに戻っているではないですか?

思わず「えっ?充電が足りなかったの?だからホームベースで充電しているの?」と思ったのですが、うちはそんなに広くないし充電するほどではないなあ。。。
とルンバに疑いの目を向ける私。。。

違うのです。フロア全体は綺麗になっているではないですか?

ルンバ980のミッションは終了していたのです。

なんて仕事が早いの?
600ルンバも優秀でした。何度も同じところに戻っては綺麗にしてくれました。
980ルンバはさらに優秀な上に仕事が早い!早い!

今までのルンバは同じところを4回通ってゴミの取り残しを防いでいましたが、最新のルンバはカメラがついていて自分で地図を描き、10倍になった吸引力でさっとゴミを取る!
仕事が早いわけですよね!

これは今までのルンバユーザーにしかわからない驚きでしょう!

ミーティングでその進化については聞いてはいたものの、目の前でやってのけられると、びっくりポンです!

PA200965.jpg

早々にお掃除が終わったのでダスト容器を出してゴミを捨てます。
600シリーズよりボタンが押しやすくさっと出せるのがいいわぁ!

PA200961.jpg

中にはごそっとゴミが!私の抜け毛もごっそり。

PA200963.jpg

フィルターのところにも綿ぼこりがごそっと!

絨毯はないのに結構綿ぼこりが取れているのにびっくりしました!
フィルターも取りやすいのでサボらずにゴミを取り除けそうです。

PA200966.jpg

さて、最新ルンバ980はこれだけではありません。
スマホにアプリをダウンロードしてWi-fi環境があれば、スマホで操作ができる!

外にいてクリーンボタンを押してあげれば、ルンバがお掃除をしておいてくれるわけ。
また、お掃除のタイマー予約もできるし、ルンバの清掃状況をモニターすることも出来ちゃう。

ルンバに名前をつけることもできるのです。

うちは600シリーズラベンダー色ルンバを姉ルンバ、最新ルンバを弟ルンバと呼ぶことにしました。

最後に、忙しく働いて、家に帰っても座らずにすぐ家事!なんて忙しい方にぜひルンバ使ってもらいたいです。クリーンボタンを押しておけばルンバが綺麗にして待ってくれていますよ!

それと、これからは高齢者が増えてきますよね。お掃除は重労働です、ぜひルンバにお任せください!

ルンバが働いてくれてできた時間で、ゆっくり休んだり遊びに行ったり、今までもしてきました。
これからもルンバ君はもっともっと時間を作ってくれる我が家の働き者であり、家族でもあります。

アイロボット ファンプログラムのイベント・モニターに参加しました!

#アイロボットモニタ-

AD