☆★ 生き物好きな自由人の日々徒然 ★☆

トリマーは天職に近かった気がする。

犬から昆虫、植物まで・・・・・・・

大好きなのだった。

イングリッシュブルドッグ(7歳)とブラタンチワワ親子(7歳&4歳)と暮らしています。

アフリカウシガエル(1歳)、クランウェルツノガエル(アルビノ1歳)もいますー。

※クランウェルツノガエル(ペパーミント♂)(24年11月3日没 享年7歳)
※スコティッシュホールド(24年4月9日没 享年8ヶ月)

テーマ:

なんだかちょっと食欲がないようです。

食欲がないっつーか、多分調子が悪いから食べる気がしない。
って感じでしょうか。



食付きが悪い。


口は開けるけど条件反射なのかそのあとはしつこく勧めると機嫌が悪くなる。

ちょっと軽くなった気がするし。
(測れよ)

昨日から毎日、温浴するようにしました。








ってな、日記をここまで書きかけで保存してました。






2ヶ月経ってたよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









具合が悪い時は写真も撮りたくないし。

自分も仕事や家事やら普段より手がかかる病人(パンナ)で手一杯。





記録としてとか、カエルを飼っていらっしゃる人で病気で困って、ネット検索して

私のブログに行き着いた人の役に立つならば写真を撮ってたほうがいいのかな

って何回も思うのですが、やっぱ可哀想で撮れないんですよね。




スネオんときは撮っとけばよかったって今でも思うけど、やっぱりそれを見るのはきっと辛いことです。

※スネオはアルビノのクランウェルで2歳で全身出血で亡くなりました。
推測でしかないのですが、多分、重金属の中毒です。
黄色いカエルが赤くなって亡くなりました。(毛細血管の出血のため)
早かった。
初めに目が出血して2週間程度で亡くなりました。

あれ以来、100均恐怖症です。




まあ、スネオのことはさておき・・・・・・




パンナちゃん、秋口からちょっと調子悪っぽかったんですよ。

なにがあるって訳でないけどなんつーか、100%でない感じ。

こういう系の生き物を飼ってるとわかると思うのですが、もちろん推測なんだけど

なんか「顔色よくない」    ・・・・・・・・・・・気がするって時がある。






それが顕著になってきたのが12月あたり。





真剣に病院に行こうかと考えたのが12月の半ば。





しかし、なんてことでしょう。






私のカエルかかりつけの児玉動物病院は小動物の診察をやめていました><








いやもう・・・・どうしよと思った。


だってぐりこが亡くなった時に児玉さんが休みの日(日曜)だったんで、
評判のV病院(水曜休み)に行ったのですが評判だけでした。



結果、すっごい診察待ってたっかいお金取られて死んだだけです。

※でも、どっちにしろ結果は亡くなったと思います。心臓に水が溜まってたので。
一応言っとく。





もうここにはかかれないな。って思ったんで、やっぱ児玉さんだよね、と、

もう浮気はしない!と、心に決めてました。


まあ、獣医のことはまたいつか別に書きたい。



私は仕事がトリマーだったので獣医さんは一般の人よりそこそこ詳しいです。
なんでって先生も知ってる方がいたり、先生から噂も聞くし
自分もあちこち行ってみたりするし、やっぱりお客さんの話をよく聞くからです。





で、児玉さんに行けないというならVにも行かない。


とりあえず、自分の知識でなんとかしよう。


児玉さんみたいに表皮の細菌検査してそれにあった抗生物質やったりとか

できないけど、今までのカエル飼育と病気したとき思い出しながら

やってみようと思った。



パンナちゃんの症状は「食べない」


それって動物の一番基本の不調だと思う。

で、そこからカエルならエコーしてなにか詰まってないかとか
骨はどうかとか、どっか病変的な変化を探す。


それで分かればそこで薬とか。

分からなければ児玉さんみたいに細菌検査とかを外部機関に出す。





とりあえず、そこを省くと飼い主にできるのは徹底した温度管理などの

環境なのだ。


パンナは脱皮も上手くいってなく、うちにきて初めて水に皮がぶよぶよ浮いてた。
やっぱ代謝も上手くいってないんで何か要因があるんだなと。


とりあえず26度キープ。

温度計にいつも気をつけた。水温も空気も26度目指す。
(水温はなかなかこれにならない。少し低めになっていたと思う)



そして体が楽なように浸かってる水を生理食塩水にした。

カエルのphは6・5  

ざっくり言うと人間の半分くらい。


本当はリンゲル液を薄めたほうがいいだろうけど、それは病院でしか分けてもらえないし。

犬のかかりつけの獣医さんで理由を話せば分けてくれると思うけど・・・・





うーん。



リンゲル液、2000円くらいなんですよね。病院でもらうと。

V病院で毎日お腹に溜まった水抜きに1500円かかってた時にリンゲル液まで買えなくて
(薬を毎日溶かすので毎日水換えしないといけなかった)

仕方なく浸透圧を同じくらいにした塩水を使ってたことがある。

リンゲル液の栄養がないバージョンである。




とりあえずそれで行こう。


秤に1Lの瓶を置き、メモリを0にする。


塩を入れる。6・5g測る。


再びそのまま0にする。


そこに水を1L入れる。 溶かせば6・5%の塩水である。




V病院では5%にしてって言われてたのだけど。


まあ、ざっくりそのくらい。1mlまで緻密に測る必要はあんまりない。




それをぬる湯にしてケースに戻し、温浴を兼ねた。


毎日の水換えはストレスだろうけど、温浴もあるんで我慢していただいた。

こういう場合、カエルの本当の気持ちは聞いてみないとわからないんでね。



「あんたに毎日触られるのはストレスだけど、塩水とか温かいお湯のが調子がいいよ」



と、言ってくれてることを期待して。































AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。