終刊のこと

テーマ:

 もうメディアでは発表になりましたが、私の所属俳誌が平成30年12月号をもって終刊することになりました。

20日発行の12月号で公に発表になりましたが、同人には少し前もってお知らせをいただいていました。

いつかはこういう日が来ることは考えていましたが、私自身が思っていたよりも早くでしたので正直驚き、動揺し、少しこころが荒れたようにもなりました。

終刊後は、後継誌として片山由美子副主宰が「香雨」を創刊し、狩行先生は名誉主宰として作品を発表、体力の続く限り句会指導もされていくとのこと。

「狩」は来年創刊40周年を迎え、主宰も米寿という節目です。その節目の年に潔い決断をされた主宰をすごいとも思います。

主宰は「終刊」と言っても、新時代に向けて、すこしゆとりをもってバトンタッチとのこと。後継される片山副主宰もすごいと思います。

最後の1年がどうなるのか、支部やいろいろなこと、私自身もどういうふうに向かっていくのか、1年後はまったくわかりません。私は同人なので、そのまま「香雨」の同人として続けていくことができます。

 

私は俳句をもう21年やっていますが、「狩」はまだ入会して6年目です。同人にも驚異の早さで推挙していただけました。私が生まれて間もなくして創刊された「狩」にもう少し早く入っていたらと思う時もあります。「狩」の作風、指導は私の作品を大きく成長させてくれ、「狩」にいることは大きな幸運だったと思っています。

 

どういう風に進むのかわかりませんが、これまでと変わらず地道に作句していくことが、私にできることなのかなと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

AD

堀本裕樹さんと句会

テーマ:

 昨日は、当選した「おおがき芭蕉交流句会」に行ってきました。講師は堀本裕樹さん。

なかなか応募の多かった句会のようでした。

事前投句2句、当日先生からの席題一句作句で、選句でした。

 

{47C19B3F-5A6A-423F-8192-62F7EDA3E2B6}
 

結果は、なんと私の句が、堀本さんの特選と佳作にそれぞれ選ばれました。

特選だったので、商品もいただきました。

ノートとブックカバーとボールペンでした。

一応特選句だけ発表しようかなと思います。

 

  別れ話を熱燗の冷めぬうち

 

{81484114-E895-44FC-9DAE-428E16E0FDE1}

 

ありがとうございます。

 

先週の日曜日は結社のほうで片山由美子先生と句会でした。

結果は由美子先生の入選に採っていただけました。

 

ちょっと句会続きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

第25回可児市文芸祭

テーマ:
  第25回可児市文芸祭 入選しました。
いつものことながらどんな句を応募したか覚えていないので、作品集をいただいたらまた発表します。出句済みのチェックはしてあるので二重投句はありませんが。
ありがとうございます。
{31718C6C-7A88-4524-821C-7ADF6E3628F2}
 
 
 

 

AD

第16回狩岐阜県句会

テーマ:

 もう11月になってしまいました。早いですね。

 

10月最後の日曜日は、一年に一度の所属結社の岐阜県句会でした。

主宰の鷹羽狩行先生をお迎えしての句会でした。

私は昨年この大会の司会をさせていただき、もう1年たったのだなあと思いました。

 

{3FC8453C-A9B0-4AE6-8CAD-D19F4FB179E7}

 

事前に3句投句。同人のみ事前に選句もしてあり、その発表と、最後は狩行先生の入選、秀逸、特選の発表でした。全部で312句の投句がありました。

私は、なんとか狩行先生の入選をいただくことができました。

来年こそは、もっと上の秀逸、特選をとってみたいなと思いました。

狩行先生の直接指導はとても勉強になります。

 

句会のあとは、狩行先生を囲んでの夕食会にも参加。

フレンチのコースをいただきました。

 

{E98E93AA-6D3F-4E98-B232-0FC79D75D8CA}

 

 

{F5180DB6-C3DE-4336-9FFA-CC274A887C89}

 

 

 

{36B8B99B-0BA0-4D86-B2BF-8DDB62E34A4D}

 

 

 

{03F0CCC3-0EA5-495B-9863-A688EC1E27FF}

 

地方に住んでいると、狩行先生に会える唯一の会でもあるので楽しくすごすことができました。ありがとうございます。

 

文化祭と文芸祭

テーマ:

 今日は、長女の高校の文化祭にすこしお邪魔してきました。

今年俳句甲子園全国大会に出場した作品の展示を見てきました。

 

{42B813F2-B93B-47E1-81F2-94B3F07C1F86}

 

 

全国大会では負けしまったけれど、生徒さんたちはとても楽しかったそうで、勝ち負けではなく松山に行くことと作品を見てもらえることに大きな喜びを感じていたそうです。顧問の先生談。

長女の高校は俳句部は存在せず、みんなほかの部活に所属しながら、俳句を作っているそうです。

俳句同好会ならぬ俳句練習会という部の名前だそうです^_^

俳句部のある高校を破って、松山まで行ったのはすごいなと思います。

 

 

話は変わって以前ブログにも書いた、美濃加茂市文芸祭の賞状と展示されていた短冊、あと副賞の一筆箋もいただきました。ありがとうございます。

 

 

{9F9CEC4D-11E4-423F-BC9D-3C818D3439CC}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第101回千代女全国俳句大会に行ってきました。

テーマ:

 石川県白山市で開催された第101回千代女全国俳句大会に行ってきました。

私の句は事前投句で片山由美子先生の入選になっていましたが、当日の大会には行くつもりはありませんでした。ところが9月の終わりに白山市から電話をいただき、キャンセルがでたので参加いかがですかとお誘いいただき行ってまいりました。

今年は夏井いつき先生の講演があるので当初から満席で、その他キャンセルの分の席の5席もキャンセル待ちの人から抽選だったそうです。おまけに席は後ろのほうだったようです。私はなぜか優先的に呼んでいただけて席も前のほうに座ることができました。

 

 

{8C5A5EFE-0970-40FD-BDB8-8056F359A949}
 

夏井先生

{907E1EA9-212A-4171-B06B-4CDC1C17CDC7}

 

 

NHK俳句司会者の岸本葉子さんとのトークショー

 

{0898DA1D-D41C-4158-9921-62C8CF9A8992}

 

 

 

 

当日投句もありましたが、私は入選できず。

 

この日は白山比め神社でみなさん吟行されて投句されたようで、遠方の私は受付時間ぎりぎりの到着で吟行できず、吟行句が詠めなかったのでダメでした。

 

帰りは小松市で小松うどんを食べてきました。

{495C5DA5-DF99-41EB-B39E-50FA1F9C31E1}

 

入選の副賞もいただきました。

ありがとうございます。

 

**********

話はまったく変わりますが、今日のおひるごはん代わりに夫とモーニングに行ってきました。

ドリンク代400円でこれだけついてくる岐阜の素敵な文化です(笑)モーニングだけど午後2時までやってます。

そこで、なんか撮られているなあと思っていたら、中京テレビの取材が来ていました。

映ったかな。東海地方の番組ですが、高田純次さんとオリエンタルラジオの中田さんと藤森さんが司会されている番組です。見てみようかな。

{3A1644D9-9EFA-4675-BFFB-94F51D2BA109}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第36回時雨忌全国俳句大会

テーマ:

 第36回 時雨忌全国俳句大会の入選句集が届きました。

これもまたダメだと思っていましたが、入選していました。

 

「鳥雲に入りキャンパスは坂の上」

 

伊藤敬子先生

稲畑廣太郎先生

のそれぞれ佳作でした。

 

この入選句集には知っている方々の名前もちらほら。みなさんいろいろ応募されてがんばってみえるのですね。

はじめて応募してみましたが、応募してみてよかったです。

ありがとうございます。

 

 

{4A098670-EE8C-4CDD-B80F-324AA340FC84}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜市俳句大会

テーマ:

 9月27日にNHK学園主催の横浜市俳句大会がありました。

すごく行きたかったのですが、遠方だし、平日だったし、あきらめました。

行きたかった理由は、「狩」主宰の鷹羽狩行先生と、同じく副主宰の片山由美子先生の対談があったからです。タイトルは「鷹羽狩行の世界」。これは行きたかった!

でも、来年1月にこの対談の模様はNHKラジオで放送されるようで、それを楽しみにしようかと思っています。

 

事前投句もあったのでしてありましたが、お知らせもなくダメだったのだなと思っていたのですが、入選作品集が届き見てみると、私の句も入選していました。

 

 「夜の秋船のかたちに灯のともり」

小島健先生 

鷹羽狩行先生 

星野椿先生

のそれぞれ佳作でした。

 

「しばらくは他人の顔のサングラス」

鷹羽狩行先生 佳作

 

採っていただきありがとうございます。

 

 

{473E3476-8C3B-4AD3-B7E5-069F8A9A8D8A}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第19回 美濃加茂市文芸祭

テーマ:

 秋も深まってきましたね。

窓を開けて金木犀の甘い香りがしてくると少しうれしくなります。

 

コスモスや曼殊沙華も。

 

{4053CFE7-3364-4F02-AD35-1EA2048DF4CD}

 

 

{315F4AD7-8511-4B53-BBFC-250A09B4D284}

 

 

第19回 美濃加茂市文芸祭 俳句部門で私の句が奨励賞に決まったとのお知らせをいただきました。

うれしいです。ありがとうございます。

 

 

 

 

俳人協会主催 第56回 全国俳句大会

テーマ:

 昨日は、台風で延びに延びていた次女の中学の体育大会でした。私は、早起きして、長女の分と一緒にお弁当作りました。次女の赤団は優勝できなかったけどね。でもがんばったね。

 

{2B050CCC-F022-43F1-9777-6835225CFDC5}
 

長女は、全商英検3級合格。おめでとう。

 

 

俳人協会主催の第56回 全国俳句大会の選句集が届きました。

私の句は、予選を通過し、

今井 聖先生

鷹羽狩行先生

のそれぞれ入選に選ばれていました。

 

応募総数 13,788句、うち予選通過は、1606句(応募句の11.6%)だそうです。そこからさらに各選者に選句されるので、予選通過しても必ずしも入選とはならないようです。

 

採っていただいてありがとうございます。

 

 

{39E0FF1A-CA27-4FA5-8AC6-7A835B56B8F5}