三上ナナエ オフィシャルブログ

人材育成コンサルタント、企業研修講師、イメージコンサルタント

ホームページはこちらです



2016年2月5日発売  『接客サービスの基本』  大和出版  
重版しました!台湾で翻訳本も出ます。


テーマ:




夏休みは、知覧、田原坂、原城跡、長崎原爆資料館、長崎平和公園に行きました。



ありきたりの言葉かもしれませんが、今ある平和や自由のありがたさと、それを引き継いでいかなければいけない責任を感じます。




晴れ




さて、長崎は美味しいものがいろいろありますが餃子もおすすめ!とのことで




いくらでも食べれる小さめの餃子で有名なお店に行きました。





大繁盛で店員さんも急がしそうにしている中、





私は自分のスカートにタレをこぼしてしまったんです・・・





その様子を、厨房で餃子を焼いている大将のような方が見ていて、





お湯に湿らしたタオルと乾いたタオルを、大将が自らすぐに持ってきてくださったんです!





厨房は私の席からはちょっと離れた場所なのに、お店全体の様子に気を配っていることに驚きます。
(大変ご迷惑をガーンお掛けしましたが・・・)




長崎の思い出がより一層、色濃くなった夜なのでした。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:







『月刊コンビニ 8月号』
コンビニの休憩室には必ずあると言われている雑誌です。
「次世代コンビニへの期待」というテーマで4Pに渡り記事が掲載されています。




コンビニは生活の句読点のような場所だと私は感じます。



一日のスタートに立ち寄ったり、リフレッシュしたりリラックスしたり、「素」の自分が出やすいところかもしれません。



コンビニのスタッフの方も、様々なお客様に合わせた距離で接客をしているを感じます。



ある、よく行くコンビニでは、年配のちょっとおしゃべりしたい雰囲気のお客様には



「いつもありがとうございます」と言っていますが



誰かれかまわず言ってはいません。



人によってはいつもきていることを認識されたくない人もいるからです。



来店時間やどんなものを買うかで生活が透けて見えてしまうので、そういった声掛けが負担に感じる人(特に女性)もいます。



お客様の来店数も平均一日1000人!




スピードが求められますが、接する部分で不快にさせないようなヒントが雑誌に掲載されています。




スタッフ教育などの記事もあり、コンビニ業界だけでなく接客業には参考になる記事が多い雑誌です。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



東京信用保証協会さん発行の情報誌『T.G.Press』の連載が始まりました。

主に経営者の方がご覧になるので、上司の部下への気遣いについて書いていきます。





さて、


部下は上司に話しかけるときに気を遣います。



いつも忙しそうに見えるからです。



タイミングをみない部下もいて、上司の立場である人もイライラすることもあると思います。



しかしちょっとした態度で部下は



「自分のことは重要に思われていない」そんな風に受け取ります。



自分のことを軽く扱う人には協力をしたくなくなります。




上司としては全く悪気なく、時間がもったいないから仕事をしながら聴いていたり、




目を見ないでこたえていたり。



こういったことを、そういう人だからと気にしない部下もいますが、




自分は大切にされてないと思う部下もいるのです。





尊重していることを伝えるには




話しかけられたら、手を止めて、




心臓を部下に向けてみましょう。




横目で見ると想像以上に怖い顔にみえます。




ほんの少し身体の向きを変えるだけで部下は安心して話しかけてくれるようになるでしょう。




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



観光地でよく見かける人力車のサービス。



私の母が、



人力車を引くお兄さん達がまだ誰もいない朝の街を掃除しているのを見かけ



その姿に人力車になんだか乗ってみたくなった!



乗ったら予想以上にすばらしかったの~



と言うので



詳しく話を訊きだしました。



まとめると・・・



<3つの感激ポイント>


1.細やかな配慮


・人力車に乗り降りの際、手を取ってくれるが
お兄さんは自分の手にひざ掛けをのせて、直接お客さんの手を握らないようにしてくれる。(直接手を握られることに抵抗がある人もいますよね)


・顔に日の光が直接当たらないか、風のあたり具合などを気に掛けて、幌を景色の見え具合も考えながら調整してくれる


・ガイドはもちろん、気になったものを口に出すと、歴史的背景や“へぇ~”という知識などを披露してくれる



2.チームワーク

接客中ではない他の人力車のお兄さんが、写真を取りましょうか?と声をかけて(お客さんのカメラで)撮ってくれる。
引いてくれているお兄さんも一緒に写してくれるので貴重なショットも残せる。



3.謙虚な心

すばらしいもてなしに母が料金プラス心づけを渡したところ

「ありがとうございます。十分いただいていますのでお気持ちだけで」と一度辞退された。

「十分いただいている」

咄嗟に出る言葉ではないと感激




おいくらくらいなのかな?と思って尋ねると


30分8000くらいとのこと。


移動手段と考えるともちろんお安くないですが


まさに思い出、情緒にたいする対価


一期一会の出会い、お客様の旅の一ページとして最高の時間を過ごしていただきたいという思いが伝わり感動に繋がる。



朝の街をお掃除すること、そこで仕事をさせてもらっている感謝の気持ち。


仕事への思いはそこから始まっていたのです。






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

(c) .foto project



昔の出来事ですがふと、こんなことを思い出しました。




気の置けない友人の悩みを聞いていて




「それわかる」と私が言ったら




「そんなに簡単にわかられたくない」と友人がポツリとつぶやいたのです。




私はその言葉に「えっ!!?」と思ったのですが、




そこで一度話を止める勇気はなく、会話は流れていきました。





思い出したきっかけは、





対話のレッスンである聴き役の人が「わかります」を連発していたからです。





熱心に聴いているようではありますが





「わかります」の他にも「そうですよね」など同感の相槌が多く





「本当にそう思っている?」「合わせてくれているの?」と





話し手役から聴き手に対して、聴き方のフィードバックがありました。





相槌を「そうですよね」の同感から




「~なんですね」と、受け止めの言葉にする、





相手が言ったとおりに復唱するだけでもだいぶ印象が変わりそうです。





もちろん本当にそう思うことは「そうですよね」で良いと思いますが、





あまり同感の相槌が多いと媚びているように感じさせもったいないです。





同感と共感は似ている部分もあり区別は難しいですが





同感は自分も同じであるということ。





共感は、相手に感情移入すること。





同感は相手の話を聴きながらも、自分の中にある体験、感じ方を見つめているとも言えます。




自分にベクトルが向いている。





それに対して共感は相手に集中し、相手の目線に立とうと想像をめぐらせている。





話し手もそれをなんとなく感じ取ってしまう。





話し手が何を伝えたいのかに集中し、無理に言葉を返さなくても、





ただただ深くうなずくだけでも共感しているのが伝わるのかもしれません。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

(c) .foto project


本を読んでくださり、感想をいただくことほど嬉しいことはありません。




「気遣いをしたいけれど、なんだかうまくいっていないような気がするので手に取った」という方も多くいらっしゃいます。





ご感想をくださった皆さんが私のようなわけではないと思いますが





私はかつてこんな悩みを抱えていました。




・いろんなことが気になって、一度にたくさんのことをしようとすると気持ちが高ぶって空回り。



・誰かにずっと見られると過剰に緊張。



・「こう思っているんじゃないか・・・」と相手の言葉を深読みする



・評価が気になって、夜寝る前にああすればよかったのかな?とグルグル頭で考えて興奮して寝つきが悪くなる



などなど・・・



そんなことに対し、私は敏感すぎるんじゃないかとコンプレックスを持っていて、隠そうともしていました。





こんな悩みを相談すると




「気にしないこと」「気にしたってしょうがない」




とよく言われました。




頭では理解できるのですが、




気にすること=悪いこと




という認識が深くなっていきます。




自分を変えよう、違う自分になろう!と、もがくと余計苦しくなります。





そんなときある人がこんな風に言ってくれたのです。





生まれ持った気質、体質みたいなものだから良いとか悪いとかではない





この言葉は新鮮でした。





体質といわれると、受け入れるしかない!と思える自分がいます。





体調管理のように考えればなんとかなるのかもと希望を見出しました。





そしてこの体質だからこそ、気付けることもあるのかな・・・とも




・早めに危険を察知したり



・人を傷つけないようにしたり



・出来事を振り返り改善したり





うまく付き合っていこう





受け入れるといろんなことに過剰に反応していた心は少し落ち着いてきました。





それまでは、私はこうするべき!と白か黒かはっきりさせたがる傾向がありましたが、





自分を受け入れると、




「まあ、そういうこともあるかな」




と自分に対しても他者に対してもグレーゾーンを持つことにも繋がります。





「あの人も言わないだけで、いろいろ私の知らない事情があるんだろうな」と。





そう思えると自分をコントロール不能ということは少しづつなくなっていきました。





「自分を受け入れる」




難しいことかもしれません。




「自分を引き受ける」




私はこの言葉がとてもしっくり来ました。




少し離れた位置で自分を見れる言葉だからです。




否定せず、




「今、不安になってるんだね」




「こう考えてやったけど、今日はうまくいかなかったと思ってるんだね」




「~にちょっとイライラしちゃったんだね」




そんな問いかけを自分にしてみると、力が入りすぎていた体も





スッと楽になる感覚があります。





私もそうそう!そういうところある!という方の少しでもご参考になると幸いです。













いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

(c) .foto project



先日ある病院で診察料のおつりをもらったとき、




私は気づかなかったのですが、受付の方が




「お札がちょっと破れてますね、失礼しました!」とすぐに取り替えてくれました。




見過ごしやすい場面の気遣いに心を動かされたのですが、同時に自分への反省も呼び起こされました・・・



その3日前くらいに、あるお店で支払いのお札を渡すときに、ちょっと破れている、と気づいたのですが、そのまま渡してしまったのです。




どこかで「私はお客様だから」という上からの気持ちがあったんですよね。




サービスを提供する立場とそれに対して対価を払う立場は、上下関係ではなくパートナーみたいなもの。




いろんなことが便利に享受できることが当たり前だと、そんな風にも思っていたことにも気づきます。




そして欠けているお札は銀行で簡単に交換もできるのです。




こうやって、思いやりをかけてもらえて気づくことは、直接厳しく指摘されるよりもジワジワ自分に効いてくるのでした。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴールデンウィーク真っ只中ですね晴れ


私のゴールデンウィーク初日は、スピーチコンサルタント 倉島麻帆(くらしま まほ)さんの


新刊『〈引きつける〉話し方が身につく本』の特典である対談音声を録音しました。



麻帆さんとは研修の仕事を一緒にしたり、かれこれ7年くらい前から繋がっています。




とにかく麻帆さんは




「勉強熱心」




引き出しが豊富でどんな話題も拾って、深く掘ってくれたり広げてくれるので話すとワクワク。




スピーチや話し方の技術だけでなく、心理学、体の使い方など多角的なアプローチで結果を出すトレーニングをしてくれます。









テレビやラジオでも活躍の麻帆さんですが



子供のころは大きなコンプレックスがあり、目立たないようにしていたと話してくれました。



そのことも原動力になっているので、受講生の気持ちがわかる人。



今回の新刊では研修や個人レッスンの内容をそのまま披露。



これはおすすめです!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

(c) .foto project









新人研修も折り返しに来ました。






新人研修では、厳しい言葉を連発しているので人相が変わってないか心配です・・・汗






叱るのは、そこにいるだけで大きな影響を周りに与えている、という意識に切り替えてもらうためです。






私も社会人になった時、本当に良いことも悪いことも周りは見ている!と身が引き締まったことがたくさんあります。







例えば、





「電話取るのが遅いって周りの人に言われてるよ」





「表情管理にもお給料は払われているから」





「やる気ないの?それとも向いてないの?」







・・・叫び







身が引き締まるどころじゃなく、凍りつきました・・・あせる







自分ではそんなつもりないです!と言い訳したいのですが






常にビジネスの判断基準は相手です。






昔はよく注意してくれる先輩がいたものですが、






今はパワハラなどと言われそうで迂闊に言えない、というご相談も多いですね・・・






もちろん、悪い事ばかりではありません。






良いことも認められています。






先日、お世話になっている会計事務所でお食事会にお招きいただいたのですが、






その会計事務所のスタッフの方々の心配りの素晴らしさについて事務所の先生たちがいろいろ話してくれました。






「Aさんは〇〇先生の大事にしているタヌキの置物を磨いてくれているよね」






「Bさんはつねに何かしら仕事をしていてサボってないよね~」






などなど・・・





私が伺う時間に合わせて、かわいいピンクのスリッパをあらかじめ出しておいてくださったり、






入れてくださるお茶がひと手間かけてあるのがわかる美味しさだったり!






さりげなく心が伝わってきて、素敵な方々だなと思っていました。







まず新人に求められていることは







謙虚に学ぶ姿勢。







大きなあくびを堂々と隠さずしている人であってはならないのです。














いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


近所の桜




苦手な上司とのコミュニケーションというテーマで取材を受けました。



パソナの「はたラボ」




お伝えしたいポイントは




自分の相手に対する“こうあるべき”という考えや認知のクセに気付くことが




関係改善の突破口になる可能性がある
、ということです晴れ




私も上司とうまくいかないときを振り返ると、




上司は部下の良いところを見つけ褒めるべき!





自分が言ったことは率先してやるべき!






など、自分の思い描いている理想の上司と比べて、評価してたりするんですよね・・・汗






記事の中で苦手な人には「毅然とする」「涼しい顔」を、というフレーズがありますが





冷めた目で見るということではありません黄色い花





第三者として俯瞰して上司と自分の関係を見て





感情の渦にのみこまれないこと、取り乱さないないことが大事という意味です。






渦中にいると、自分自身を全否定されているように感じてしまいがち。





上司は基本的には部下の成長を願ってくれていることが多いもの。
(そうは思えないということもあるかもしれませんが・・・かお





また、ただ単に影響力を発揮したかったりする、上司側の理由だったりすることもあります。





“こうあるべき”という無言のメッセージは相手にも伝わります。





勝手な期待より、自分が求めていることもうまく伝えてみることで関係性も大きく変わっていくのです。















いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。