ヤング・マーブル・ジャイアンツ

テーマ:
ヤング・マーブル・ジャイアンツ
コロッサル・ユース&コレクテッド・ワークス


シンプルというのには、シンプルすぎる感じ。

でも、この無機質な感じに、このはかなげなボーカルが妙にマッチしているんですよね。

でも、ただ「はかなげ」というのではなく、

私には、その奥に力強さというか、芯の強さを感じるんだけど。


大好きなアルバムです。

私は、ラフ・トレードからでてるレコードを持っているんだけど、

そのアルバム+当時出したEPが入ったCDが発売されているんですね。

欲しいなぁ~買おうかな?



AD

R.E.M

テーマ:
R.E.M.
Monster

夜中に、

それも酔っ払って、音楽を聴くのは、止めようと、

いつも思うんだけど、

(なぜかっていうと、止まらなくなるんで)

でも、アルコールとミュージックはセットでしょ?


R.E.M

いいよね~。


うまく言えない。

なんだろ?

あこがれの外国の部屋の間取りが浮かぶ。

なんだろ?これ。


う~ん、強いて言えば、

ここから飛び出したいの?

うん、きっと、そうね。


AD

TEENAGE FANCLUB

テーマ:
Teenage Fanclub
Bandwagonesque

なんだか、あまりに久しぶりで、アップの仕方も忘れそうになってましたよ。


TEENAGE FANCLUB、

なんだろ?

すごく好きですね。


プロフィールとか、よく知らない。

でも、なんだか爽やかで、

でも、どこかブルーグレーな部分があって、

今の季節の音楽って感じがします。


ちょっと、調べてみた。

英グラスゴーの重鎮ギターロックバンド。

うにゃうにゃ、なるほどね。


車で、大音響で聴きながら、ドライブしたい。


AD

WISHBONE ASH

テーマ:
Wishbone Ash
No Smoke Without Fire

ツイン・リード・ギターというスタイルで、70年代英国ロックに新しい潮流を生みだした

ウィッシュボーン・アッシュ!

らしいですよ。

‥70年代‥。


ツイン・リード・ギターといっても、今、聴いたら、実にシンプルですけどね。


このバンドは、それほど思いつめて聴いていた記憶がないので、

持っていたのも輸入盤だし、

きっと、ちょうど、いろんなのが聴きたくて、

片っ端から、いろんなアルバム買っていたころのだな~って思った。


そして、ふと、地下の階段を降りて入っていく、

輸入盤のお店を思い出しちゃったりしてました。

古いレコードって、タイムマシーンみたいだな。


スガシカオ

テーマ:
スガシカオ
PARADE (初回限定盤)(DVD付)

いつもいつも、懐かしのあの人紹介みたいになっていたので、

今日は、とびっきり新しいヤツを。


最近、私のヘビーローテは、このスガシカオさんの『PARADE』です。

シカオちゃん、結構、好きなんですよね。

もうもうもうもう大大大好き!!

っていうような熱狂的なものじゃないんだけど、

な~んか、イヤミなヤツなんだけど~、

なぜか~、どこか~、気になるんだよね~的な。


今回のアルバムは、シングルになってる『19才』とか、

DEATH NOTEの挿入歌になってる『真夏の夜のユメ』とか入ってて、

迷わず、買い!!だったんだけど、

私が、このアルバムの中で1番気に入った曲は『38分15秒』なんですよね。

あ~、これ、ぜひ、ライブで聴きたいな。


この曲、きっと、共感できる人、いっぱいいると思うな。