ナナの合コン日記

― コンパで出会った男達 ―


テーマ:

私は「今日か明日にでも郵送します」とLINEで返事をした。


一応、敬語にした。


鍵は返そうと思っていたけれど、彼の枕や、パジャマなど、


返すのは鍵だけではなかったので、来週にでもまとめれば


いいと考えていた。


なのに別れた次の日に彼からのLINE。


そんなにすぐに恨まれて憎らしい対象になるんだ。


彼の荷物を作り、手紙を書いた。


「今まで本当にありがとう。あなたと過ごした3年間は


本当に楽しかった。ずっと元気で、いっぱい幸せになってね」


荷物を送った3日後、彼のLINEの画像が変更されていた。


それはお祭りの写真で、日程的に私が別れる前に「行きたい」と


言っていたお祭りの写真だった。


私は「行きたい」と言ったのに彼は「その日は友達と麻雀をする


曜日だから次の週の別のお祭りに行こう」と言った。


結局ウソで初めから誰かと祭りに行く予定だったんじゃん…


別にその写真に変更しなくてもいいものを、最後の最後まで


嫌がらせですか?


手紙で彼を気遣ったのは本心からだったけれど、彼は同じようには


思ってないんだと確信した。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またある日の週末、彼は家に来るなり

工具を出して、私の部屋にカギを付けた。

「お前も何かとあった方がいいだろ?」

彼はニヤニヤしながら言った。

この人は父親にはなれない。そう確信した。

娘はその作業を悲しい目で見ていた。

娘を入らせないようにする為のカギを娘の前で平然と付けた。

もう無理…

彼が家にくることはデメリットしかなくなった。

土曜日の夜に来て食費と光熱費をたんまり使い、
何かを買ってくるわけでもなく、Hをし、日曜日の夕方帰る。

彼が帰った後、娘が言った。

「ママは私よりも彼といる方が笑うんだね」

子供にはそう見えていたのだと思い、

夜、彼に電話をした。

「別れよう」

彼に理由を聞かれ、「あなたには私の代わりがいるけれど、

娘には私しかいないから。ごめんね。」

そう言って電話を切った。

言い合う事もなく、仕方ないと

いう形で終わったと思っていたけれど、

次の日「カギを返してください。」

と彼からLINEが送られてきた。

何故に敬語?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

引っ越しをするために彼が手伝いに来た。


すごく大きなテレビ台を組み立ててもらい。


専門道具で他にもたくさん組み立ててもらった。


お礼に有名なイタリアンのお店に夕食を食べに行った。


そこのピザがホントにおいしくて、二人取り合いになりながら食べた。


「これからは気兼ねなくナナの家に泊まりに行けるね」


「そうだね」


二人で話しそう思っていた。


引っ越しも完了し、娘と二人で快適な生活を送っていた。


そして週末彼が泊まりに来た。


夕食を作り、3人で食べ家族のように過ごしていた。


娘と私は各自自分の部屋があり、もちろん夜は私の部屋で彼が寝る。


でもまたここでうっぷんが溜まってきた。


私たち親子は一生懸命節約した。


「私だけの給料でやっていくのだから」と娘にも教え込んだ。


なのに彼は泊まりに来ると、ジャ-ジャ-シャワーを使いまくる。


LPガスでガス代もすごくかかるので、できる限り電気を使ったり


しているのに、彼は「今日は俺が作ってあげる」と無駄に煮込み料理をする。


クーラーを温度を上げ節約しているにも関わらず、「あっつー」と


クーラーの温度を平気で下げる。


イライラする。私たち親子が1週間努力したことが全て水の泡。


「光熱費をください」ともいえる訳もなく、ストレスが溜まる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。