2011-09-23

「勉強しなさい」で勉強するようになりましたか?

テーマ:子どもとの関わり方
◆「勉強しなさい」で勉強するようになりましたか?

勉強は、親にとっても気になることの1つだと思います。特に受験生の子がいると、ついつい「勉強しなさい」と繰り返してしまうこともあるでしょう。

よくある相談で、「何度言っても変わらないんです」というようなものがあります。それは勉強も例外ではなく、「勉強しなさいと言ってもしないんです」という悩みを相談に来る母親が多くいます。

おそらく、もう数百回、数千回と「勉強しなさい」と言ってきたはずです。それでも自分からすすんで勉強をしない。

その1つの理由として、「勉強しなさい」と言うことが、勉強する気を奪っているということが考えられます。

勉強しなさいといわない教育ママ久美子さんは、「楽しく勉強できていて、充実しているときは、「勉強しなさい」ってほとんど言ったことなかった」とご自分の体験を語っています。

子どもは勉強をしなければいけないということを嫌というほどわかっています。わかっているので、親から改めて言われると、気分が悪くなることがあります。「言われなくてもわかってるよ!」というような反論は、その気持ちを表現しているものでもあるんです。

「勉強しなさい」と何度言っても勉強をしないなら、その子にとって「勉強しなさい」という言葉は、勉強に対するやる気が出てくる言葉ではないということです。

勉強をさせるには、別の言葉かけが必要になってきます。もしかしたら、勉強に関して何か言わないことが、やる気を出させる方法になるかもしれません。

人は誰かから強制されることを嫌う傾向があります。同じことをやるにしても、強制されると嫌になる経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そういう傾向があるので、「勉強しなさい」という言葉は勉強に対するモチベーションを下げる可能性があります。かといって、「勉強しなくていいよ」と言えば、それに従う可能性もありますね。

ポイントは、勉強することに関して嫌な気持ちを持たせないようにすることです。「楽しい!」と思えるような勉強になるのが理想的です。

子どもが楽しく勉強できるようにするためには、先ほどの勉強しなさいといわない教育ママ久美子さんのブログを参考にしてみるのもいいと思います。
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。