HAPPYオフィシャルブログ 『三重県ヨガインストラクターHAPPYのHAPPY DAYS♪』〜たまにサーフィン時々・・・〜 Powered by Ameba

波乗りやヨガ、環境、遊びなど興味をもった事を書き込んでいきます(^^)
しょーもないことをばかり書くので悪しからず(^_−)−☆

自分が楽しんでやらないと、相手にも伝わらない音譜

テーマ:
アシュタンガ ヨガ 〜初級・中級・上級(A&B)〜 書籍の文章の一部から

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
F : 生徒さん、特に初心者の方は「アシュタンガヨガの先生はほとんど説明をしてくれない」とよく言います。「99%の実践と1%の理論というマントラが、よく分からない。ポーズを間違ってやらせるより、どうして説明してくれないか?」と思うようです。このように説明不足だと思われている事にかんして、少しお話ししてみますか?

L : ええ、そうしましょうか。

 私がポーズをしてもらう時には、呼吸と動きを通して、何をしなければいけないかを伝えます。この2つは、実は同じことなのですが。生徒さんは、頭で理解したいので「足はどこに置けばいいのか?」と知りたいかもしれません。その時、私からは何も伝えません。なぜなら、体がそれと一致していなければ、どこに働きかけたらいいのでしょう。意識でしょうか?もし私があなたに、「足は、頭から骨盤に落ちるライン内15センチにないとダメです」と伝えたらどうしますか?どうしたらいいか分からないのです!だとしたら、やり方を伝える事に、何の意味があるのでしょう?

F : つまり、アシュタンガヨガでは、体そのものがポジションを見つけなければいけないという事でしょうか?

L : 呼吸を見つけなければいけないんです。

F : つまり、正しいポジションを見つけるには、呼吸に従えばそれで良いのでしょうか?

L : どんな様子かもう少し説明しますね。シャーラでは講師は、「膝は、もう一方の膝からこれぐらい離してここにおきます」などと言ったりしません。なぜなら、それから何が分かるというのでしょう。講師は実際にポーズをとらせる事で、どうポーズを取ればいいかが分かるようにします。私はこういった事を教えているのです。思考しないという柔軟性が大切だからです。

F : 端的に言うと、思考は必要ないのですね。

L : その通りです。考えな気でいるべきなのです。常に考えているのは、西洋社会の問題の1つです。何でもまず知的に捉えるように順応させられているんです。左脳的な考えが先に来ます。「まずは理解してからでないとできない。理解できないものは、どうやってやれというんですか?」と思ってしまう。
 アシュタンガヨガは、初めはもっと原始的な感覚なのです。

F : これは西洋流というより、インド流の学び方といえるでしょうか?

L : まさにそうですね。グルの教え方はインド流でした。

F : 全てのヨガの流派の中で、アシュタンガは今も最も正統であり続けていると世界中を旅をしていると、様々な系統を混在させて教えてしまっている講師を見かけます。その教えが正しいものかどうか、私は一目で分かります。

F : アシュタンガを教えるには、何か詳細なルールに必ず従わなくてはいけないでしょうか?

L : もちろんです。この正確さは、動作が呼吸と調和される必要があるところからきます。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

まさしく、僕もその通りだと思いました。
僕もインドに行った時にポーズを取り方など一切教えてもらえませんでした。だだ、呼吸と体が喜んでいることに気づいた時に〝これだ!〟と思いました。
それから僕はポーズを取ることに関して、細かく説明する事をしなくなりました。
ただ、それも時と場合によって変えています。フィットネスジムで行うときは、ヨガに対してそれぞれ目的が違って参加されている方もいるので、ケガをさせないように最低限のポイントは伝えています。
その中でも呼吸と動作の調和の大切さは伝えています。

ポーズをきれいに取ることが目的ではなく、ポーズを取ることによって何を感じて、それに気づくことが大切

{89F7826D-3117-4B02-ADBF-23945FC2B737}

HAPPY 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月の僕自身のアシュタンガワークショップに向けて、参考になる資料を探していたら、こんな記事が

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ポーズはうまいほうがいい?

ポーズへの執着は、気をつけないと自我(エゴ)になり兼ねません。
でも、「このポーズができるようになりたい!」という目標は、意識が集中され日々の練習(ヨガプラクティス)の質を高めます。
個人的に思うことは、超人的なヨガのポーズがとれる人たちは、基本的に心(マインド)も穏やかです。
それは、厳しい練習の過程で、自然と調和の心も育まれてきたからなのでしょう。

(逆に例えば、体操選手がヨガのポーズをとってみて、それが完璧だったとしても、それはただ美しいポーズに過ぎず、「ヨガ」の根幹である、「気づき」が抜けているはずです。「気づき」はみなさんが通る「過程」にあるからです。ヨガは過程が大事。

だから、ポーズは〝うまい〟ほうがいいわけではなく、ポーズが〝うまくなるまでの過程〟にたくさんのヨガの教えがあり、その1つ1つに気づくことが大事ということです。

気づきがなければヨガではない。

ポーズや呼吸にきちんと取り組むことで必ず心の調和を育んでくれる。

そう思うとヨガって本当にすごい!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

僕も最近、このような考えをもって、練習に取り組んでいます。
どれだけ心穏やかにできるか、そして、日々の練習の中でポーズが上手くできてもできなくても、今日の最高の自分を引き出そう!と考えを変えてから、無駄な力も抜けて、結果的にポーズも上手くできるようになり、心地よくプラクティスができるようになりました。

まさしく、動く瞑想🧘‍♂️を実感してます。

そんなことを、今度のワークショップでお伝えできたら良いなと、思っています。

興味がある方は是非❗️

なので、ガッガッ動きたい方には向いていないのでf^_^;(笑)

{1384599A-C3FC-400A-ABB1-1BA6F9191E1B}

HAPPY 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月に続き、アシュタンガヨガプライマリー(1st)シリーズのワークショップ開催決定‼️
{B4F77212-8DC8-4BBE-B2EC-B17203C835F6}


今回の内容は太陽礼拝と基本となるスタンディングポーズを中心ひとつひとつアーサナ(ポーズ)を丁寧に解説していきたいと思います。

普段練習をしていて、身体に負担をかけていませんか?

呼吸は苦しくないですか?

ポーズを綺麗に見せようとしてませんか?

我慢してやってませんか?

正直に言うと自分自身、2,3年前から身体の痛み耐えてながらプラクティスやっていました。
原因も分からずに…
しかし、あるキッカケでその事に気づき行うようになってから、身体も痛みも治まりつつあり、益々身体が無理なく動くようになり、確信に変わりました。

その確信に変わったHAPPY 流の無理なく行うやり方をお伝えいたします。今までとは全く違った視点行います。
えっ!これだけで⁉︎と新たな気づきがあるかも⁉︎

アシュタンガヨガの経験がない方も参加OK!興味がある方は是非‼️

今回もしっかりお伝えしたいので、少人数で行なっていきます。

【日時】
2018年 1月14日(日)14:00-16:00

【場所】
陽だまりの丘複合施設『ぽかぽか』
http://www.kosya-kuwana.jp/facilities/f10.html


【定員】
5名(要予約)※2名以下の場合は中止になります。
予約締め切りは1月3日(水)



【参加費】

¥2,500 (貸出用マットあり、数に限りあり)

【参加・申し込み方法】

申し込みメール: 

hideki.sano.0821@softbank.ne.jp

またはFacebookのメッセンジャー

申し込み方法: 
・氏名をメールでご連絡ください。
定員になり次第締め切りますのでお申し込みはお早めに!

※キャンセルの場合はなるべく早く、できれば10日前にお知らせください。

【お問い合わせ先】

hideki.sano.0821@softbank.ne.jp
{6B43C00F-11A5-40E2-A603-BAEDBEA07D0E}

HAPPY 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。