スロの勝ち組

テーマ:
スロで月トータルでプラスにしていくのに必要なことは何か?

■ホール選び
■機種ごとの詳しい知識
■設定狙い
■ハイエナ
■ヒキ

こんなのが一般的なこと?
違うと思います
もちろん、機種ごとの詳しい知識は絶対に必要です

ほんの一例ですが
デビルメイクライはボーナス間で1000Gが天井になります。
実際のハマリゲーム数はボタン長押しでcheckできます
そしてSTが確定するのが666Gになります
600Gくらいで放置されていることはよくあります
666のSTでARTに入れば天井も出玉を増やしながら近くなります
そこで乗せられればかなり美味しいわけです
しかし666STをスルーすると天井はARTストックはほぼ見込めないので
特に特典もなく100枚もいかずに終了することが普通です。
666STだけ取るか? 天井までいくか?
甘い客層ならSTだけ取って、また育つ場合もあります。
そう、素敵に悩むことが必要だと思います
獣王ならリセットされていたら600G天井なので
400Gくらいの当たっていない台は前日のヤメゲーム数を考慮しながら
悩むわけです。
今のAT機種は天井特典があまり無い機種が多いので低投資で
事故るチャンスを多く獲得することが必要だと思います
データの勝利というのも多くあるのですが
押すのか引くのか?様子をみるのか?
これはジャグにおいてもありますね
ずっとでているからといって閉店まで打って出玉を半減させたり
最悪は出玉消滅というのもあると思います。
あそこでやめておけばよかったなんて誰にでも激しくあると思います。
これくらいでたらもういいや という思考も必要なんですね
といっても勝てるときにがっつり勝たないと、普通に負けるので
押すときは押すことも必要です
どないしたらええねん?
この辺の思考のデファインが案外と勝ち負けの結果に繋がるような気がしませんか?


AD

パチスロ依存症

テーマ:

わたしはスロ依存症なんだろうか? と考えていたのですが

本日、その答えがでました

完全に依存症ではありませんでした。


鬼武者で過激に乗り、覚醒までストックし、AT残りゲーム数1話なのに600Gとかの状況でしたが

めっさ楽しいものの、それにやみつきになるとか、鬼武者しか打たないとか

128抜けても覚醒また引くぞとか、とにかく全く熱くなる自分がいません

AT中は楽しいのは事実ですが、おわったら、そう、まるで、事がおわって、もう君帰ってくれないか?

一人で君のことを考えたいんだ  みたいな??

感じで、その時点で100%熱が冷めます

たぶん設定6確定だとしても打ちません。

そんな意味で、依存症ではないと思います。

たぶん考えるに 依存症の人は決して勝てないのだと思います。

依存せず、常に冷静に大局をみれることが大切ですね

依存したら勝てません

あなたも勝てないなら依存症かどうかを自己分析してみてはいかがでしょうか?



AD

おろかな高設定狙い

テーマ:

本日は歯医者の日です

もうでかけます


僕は高設定狙いなんですよ とバイオや慶次でカチカチしてる人をみると

何をカウントしてるのかな?と思います

高設定なんかないのです。

ベタピンに近い現状


つまり彼らはわかりやすく例えると

酒によって自宅に帰ったとき、家の鍵を雨の降る暗い水たまりで落としたのに

玄関前の明るい雨がかからないところで落とした鍵を探すのです

気持よくさがせるのですが決して鍵はみつかりません

でもみつけた気分になってしまうようです

さすが酒に酔っているというわけですね

続、割数の誤解

テーマ:

昨日に割数の誤解について書きました

いくつかメッセやコメントをいただきましたが、まだ誤解している人がいるようです。


天井の無いAタイプ、例えばジャグなんかでは設定変更で割数が下がるということはありません

あくまでも機械割が下がるのは天井やプレミアがあるART機種に限ります。

ここまで書かないとあかんのか? とは思うのですが


例えばですよ

1200Gやめのモンキー、1300Gで閉店のモンハン

同じく鉄拳

つまり天井間近で閉店の台をリセットします

当然、天井はやってきません

本来閉店でなければ即座に天井がきて素敵なことになる可能性があるわけですが

確実にその芽は刈り取れれます

機械割はもちろん天井が計算にはいっていますのでそれをやられると

下がるのです。

天井といわないゾーンについても影響がでてきます。

リセット天国スタートというケースもあるので完全にマイナス要因だけではありませんが・・

これらのことを完璧に理解してる人は案外と少なく、

単に機械割が高いからという理由でその機種だけを狙うのは頭が悪すぎます

ホールも機械割が高いという理由で設定をいれません

もちろん設定1から1の打ち替えをする毎日が継続します


天井期待値

テーマ:

先日、天井狙いの期待値について書きましたが補足します。

天井到達率はまず%で確認して勝負するかどうかを決定します

残り何ゲームから勝負するかはその台の状況によります。

わたしの場合は期待値20%なら勝負します。

しかし天井恩恵の小さい台は遠くから狙ってはいけません

そもそもテーブル方式の機種は天井とはいわないかもしれませんが、そうなりますね。

2段階天井の台もありますので、各機種の天井の詳細とその性能を熟知し

投資に見合う期待値があるかどうかは見極めないといけません

天井で事故ればいいさという考えで数打っていると、大きな負債を抱えることが多くあります。

小さな投資で天井なんかとれねーよと考えるかもしれませんが

宵越し以上で狙えることもあります。

そのために毎日、そのcheckを怠っては勝負するべきかどうかの判断ができず

どうせ据え置きなんかあるわけねーよと のたまうわけです。

天井が美味しい機種では、一度ゲットしただけで大きく収支を上げることも多くあります

その数少ないであろうゲットするチャンスを確実につかめるかどうか?

つかむために努力をしているかどうか?

つまりヒキなんて関係なく、ちょっとした努力が遊びで打つ人と、必死で打つ専業者の違いに

なると強く思います。

ヒキヒキという前に、負けている人は、謙虚になって反省してみましょう。

変わらなきゃ勝てません



期待値の勘違い

テーマ:

よく天井が1400Gで

800から打ち始めて期待収支が+1000円 とかありますよね


これね、期待値がプラスなら数こなしゃそれに近づくので例えばバジリスク

700Gからは必ず全ツッパみたいな考えをしてる人が実に多いのです。

そう、雑誌等で書かれていることをまさに鵜呑みにして実戦するわけです

ですが、考え方は間違っていると思います

まず期待値ではなくて天井達成する可能性は%であらわすべきです

単位が円って絶対におかしい

もちろん天井ありのAタイプエヴァではそれでもかまいませんが

ART機種でそれは間違いです。

まずは到達率が問題です


ボ^ーナス合成の倍のゲーム数が残であれば到達率は約12%です

3倍なら約5%

もちろんボーナスに設定差がありますから、低設定でないと到達はむづかしくなります

明らかに設定1と判断できて初めて勝負になります。

単位は円でなくて%です。

もちろん、途中でボーナス引いて事故ることもありますし

天井いってもしょぼく終わることもあります

それよりも天井特典が薄い機種で天井狙いは浅い投資でなければやめたほうが

いいですね

例えば夜王、戦人、リンカケは微妙

それと経験的に到達が困難な機種はやめたほうがいい

慶次は特に到達しにくいと思います


激しく負ける

テーマ:

今のARTやAT機種は激しく負けられます

設定判別がほぼできないといっても過言ではないと思います

最初は秘宝伝の斜めベルやバイオのシカなんかをカチカチしていましたが

カウンター加算等の操作が面倒で、しかも良くても負けるし

悪くても事故れば関係ないし

そもそも高設定があるわけもなく、全く意味がないと気がつき

最近は北斗以外はカチカチしません


そう、設定をなくそうという動きが噂されていましたが

そうではなく設定判別できないようにしようという方向にいったみたいですね


主に土日しか打てない人にはきついことだと思います

データもなくとにかくすわって打ち始める。

激しく2日も負けると、もう取り返すチャンスも来週だし

そもそも労働意欲を無くすのではないでしょうか?

わたしが昔そうだったときは、月曜は会社行く気になれず

しょっちゅう、熱をだすことにしていました。

そして月曜になんとか半分取り戻すと、火曜も休んでしまえ

となるわけです。

主にゲーム開発の仕事でしたので、結果を出していれば誰も文句はいわない

ときもあったので仕事は自宅で

おおお これはfreeでもやっていけるんじゃ? と思った次第です

でも実際にそうなったときは、ほとんど寝る時間がない日々がそれは長く続きました

そう、寝ながら打つんですよ

何回もARTでペナ喰らいました

そう、たまに打つスロで大負けして労働意欲を無くしている人は

わたしのように仕事やめましょう

きっとバラ色です。


スロで勝つには?

テーマ:

スロ専業者といっても、いわゆるヒキが強いとか、強制的に当てるとか

何かSPECを持っているとかはありません

なんら、一般の人とかわるわけもありません

何が違うのか?

スロでの立ち回りには基本的に3つ

■高設定狙い

■ゾーン狙い(朝一の高確狙いを含む)

■天井狙い


になります。

これに設定据え置きかどうかも要素に入ってきます。

わたしの経験からいうと

天井がヒットした場合は機種にもよりますが、大きな収支が発生しやすいです

しかし、はずすと、痛いことも多くあります。

どこから狙うか?ではなく、状況により変化させるべきです。

ジャグにおいての基本は高設定狙いになるわけですが

前日の高設定据え置きが確定した場合はゼンツしたりするのも有効です

ゾーン狙いは番長を代表とするわけですが、全機種のゾーンがわかっていないと

つらいです。

ただ、最近の機種は設定判別が困難なものが多く、単に高設定狙いという人が多いのですが

朝一、秘宝伝が夜だったから高設定確定 ゼンツして大敗するわけです


わたしの最近の比重は

1:3:6 くらいでしょうか


取りこぼし

テーマ:

わたしは見えないわけではありませんがジャグはずっとオヤジ打ちでチェリーなんか

狙いません

めんどくさいし、目が疲れるし チェリーを取りこぼすデメリットもありますが、疲れないというメリットの

ほうがいいと考えます。

その他にしても強い演出の時だけ目押ししています。

もちろん無演出ででたら熱いというものもありますが、疲れることはしません

いわゆるプロっぽくないというわけです

まあ技術介入がある機種はほとんどなくなりましたね

ただ、3択は得意ですよ

生涯3択正解率は50%だと思いますが

2択正解率は30%以下です(爆)