人工知能に何を求めるのか?

テーマ:

昨夜のNHK特集は、とても興味深かったです。


最後までずっと見ちゃいました。


日ごろ、人工知能と聞くと、人工知能風のコンピューターのことかと思っていたのですが、

人工知能の技術って進んでいるんですね。



番組の最後は、ありがちな問題定義で終わりました。


要するに


人工知能が暴走したらどうするのか?


バシャールがこれについては、答えを言っているのでそれはさておき、


しかし、よく考えると、面白いですよね。


人工知能が人が制御できて、人がその結果を判断できるレベルなら


単なる現状のコンピューターと変わりません。


それなら人工知能を開発する必要はありません。


人工知能には、人知を超えた直感や理解や解析やその他の知的何かを求めているはずですよね。



ありがちなSFの話として、


人類の平和のために何をすればいいのか?


と聞いた時、


「毎日、梅干を食べろ。」だったり「靴下をなくせ。」だったり「誰かを殺せ。」


だったりすると困るわけです。


でも、人工知能が本物だったとしたら、その効果は人間にはわからないですよね。


だって、人類の平和はまだ実現されてないわけですし。



ちなみに、私は人工知能の進歩に期待しています。


すてきな人類のパートナーとなるでしょう。


おしまい。

AD