さくさくと記事をアップしているように見えますが、
最近のものは予約記事です(^_^;)
時間があるときにばーーっと書いています。
なかなかGW中は、自分の時間がなくて…。
そんなお休みもいよいよおしまいですね(T_T)
更に来週には実家に帰るので、
ますます自分の時間がなくなりそう。。
少し更新が途絶えるかもです。。(予定)

sao☆

終わらない歌/実業之日本社
¥1,404
Amazon.co.jp

<あらすじ>
20歳になった少女たち。
そこには、必ずしも幸せとはいえないけれど、
懸命に生きている姿があった。
『よろこびの歌』から数年、
そこには道に迷う彼女たちの未来はどっち?



大好きな宮下奈都さんの1冊。
お友達のうちにあったのを鼻息荒く借りました。
あの名著『よろこびの歌』の続編とは!
(『よろこびの歌』の感想は→ 文章が若い、、(^_^;)

前作でとても幸せな気持ちのいいラストを飾っても、
彼女たちの人生は続いていく。
そういうことを改めて見せてもらった気がします。
物語は終わらない。ずっと続くんだ。

どうしても前作との比較だったり、
そこからの成長具合だったりに目が行ってしまう。
前作では、高校という区切られた中で、
友達や学校、親と絡み合っていた物語。
その少女たちが、確実に大人への一歩を踏み出している。
ひとりずつのその過程が綿密に丁寧に
それでいて優しく暖かいまなざしで描かれていました。


宮下さんの物語を読んでいると、
いつでも誰もがその人生の主人公なんだなぁ、
と尽く思い知らされる気がします。
特別なことがあってもなくても、
毎日が平凡でも非凡でも、
変わらず日々は過ぎていって、明日は来る。
だから大丈夫だよ、と言ってもらっています。

もし出来るなら前作と抱き合わせで読んで欲しいけれど、
この1冊だけでも十分!
オススメな1冊です。

また今回も著者がきっと好きであろう
音楽が随所に散りばめられていて、それもまたいい。
傍らにこの楽曲たちを流したくなります。

naminnieオススメ度niya
★5つ!!!満点~~~!!!
優しい気持ち、前向きな気持になれます!!

前作はコチラ!
よろこびの歌 (実業之日本社文庫)/実業之日本社
¥576
Amazon.co.jp
よろこびの歌/実業之日本社
¥1,404
Amazon.co.jp

文庫でも出てるけど、
単行本のが今回のものと表紙が近かった。
2冊並べるとニンマリしたくなっちゃうsei


ついつい好きな作家・本だと冗長に、、、
最後まで読んで下さりありがとうございますハート②
応援してくださったら嬉しいですsei


にほんブログ村

AD