障害をお持ちの方へ。

こんにちは。

プチーチカピアノ教室講師のとりごえですPi-Wハート3

 

当教室のホームページへようこそ音譜

楽しんでいってもらえたら、嬉しいです。

 

当教室では、障害をお持ちの方にも、

ぜひピアノの魅力を感じて、楽しんでもらいたいと思っています。

私自身、経験が乏しく、不手際があるかもしれませんが、

よりよい教室を目指して、生徒さんから指摘された問題点は、

どんどん改善していくつもりです。

 

2016年現在、聴覚に障害のある子、ダウン症の子、発達障害の子が当教室に在籍しています。

 

詳細は以下をお読み下さい。

 

 

聴覚障害をお持ちの方へ。

私自身、手話サークルに所属して、手話を勉強しています。

ろう者と日常会話ができる程度ではありますが、

生徒、もしくは保護者の方からの要望があれば、手話で対応いたします。

 

また中途失聴・難聴の方には筆談にてレッスンいたします。

 

「聞こえ」の程度によって、筆談+読話、筆談のみ、筆談+手話、など、

コミュニケーション方法が変わってくると思いますので、

生徒自身が使いやすいコミュニケーション方法を選択してもらいます。

 

 

視覚障害をお持ちの方へ

全く見えない方か、弱視の方かによって指導法が異なります。

私が弾いたもの、歌ったものを真似る。もしくは録音する。という形で曲を耳から覚えてもらうか、

拡大した楽譜を使うか、

または点字楽譜を使うかは、

レッスンの中で考えていきたいと思います。

 

ソルフェージュなど、「音を聞き取る耳」を育てるレッスンもします。

 

基本的には「一人一人に合わせたレッスンを」という当教室の方針で、生徒と相談しながらやっていきます。

 

 

発達障害をお持ちの方へ

無理のないペースで、1人1人に合わせてレッスンをします。

5線譜が読みづらい場合は、5線を使わない楽譜や、絵を使った楽譜を使用します。

またピアノのみでなく、歌が好きなら歌を、ダンスが好きならダンスをたくさん取り入れて、「音楽を楽しむ」ことを基本軸に置いてレッスンをしています。

30分間ピアノにずっと座っていなければならないということはありません。

 

生徒さんが大切にしていること、されたら嫌なこと、好きなこと、嫌いなこと、どうぞ教えて下さい。

ご家族の方にもいろいろとアドバイスを頂けたら、嬉しいです。

 

 

身体障害をお持ちの方へ

当教室は完全なバリアフリーではないのですが、

例えば車いすであっても、片腕であっても、ピアノを弾くことは可能です。

1人1人支援の方法も、要望も違うと思いますので、ぜひ一度ご相談下さい。

外出が難しい場合で、お近くの方(原付バイクで移動が可能な範囲)でしたら、出張レッスンのオプションをご利用下さい。(出張レッスンについてはこちら )

 

 

その他の障害をお持ちの方へ

世の中には、私の知らない障害をお持ちの方、病気をお持ちの方、

たくさんいらっしゃると思います。

最初は無知ゆえに、失礼なことをしてしまうかもしれません。

至らないところがあり、傷つけてしまうかもしれません。

しかし、常に「よりよい教室」で「成長できる教室」でありたいと願っています。

ピアノを楽しむことに、障害は関係ありません。

もし「始めてみたい」「興味があるなぁ」と思われたら

ぜひ、ご連絡下さいaya

 

お待ちしています。

 

 

とりごえ

TEL 090-8382-6258

FAX 0790-47-1142

Email ptitika.piano@gmail.com

(@を半角に変えてメールしてください。)

AD