こんにちは。

 

プチーチカピアノ教室の とりごえです。

 

教室のホームページを作成いたしました照れラブラブ

WEB関係の方にお願いして、こちらのイメージをお伝えして作っていただきました。

 

私のイメージは

①生徒たちや保護者の方が、(教室のお休みや規約などの)情報をネット上でいつでも確認できること

②教室の雰囲気がパッと一目で伝わること

③当教室に興味を持ってくれた方が、必要な情報をすぐ検索できること。←ブログだと必要な情報までたどり着くのにページ数がかかったりします

 

より快適に教室に通ってもらうため、作りましたキラキラ

 

生徒だけが見れる生徒専用のページもあります(^^)/

パスワードはお便り9月号をご覧ください。

http://www.ptitika.com/

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

AD

こんにちは。

プチーチカピアノ教室のとりごえです。


当教室の名前


☆プチーチカ☆


の意味、みなさんご存じでしょうか?


ロシア語で「小鳥ちゃん」って意味ですてへ☆


実は教室を始めて数か月は、教室名はありませんでした💦



発表会の時など、便宜上は「とりさんのピアノ教室」としていたのですが、本当はカンタービレとかアンダンテとかかっこいいキラリ横文字を入れたいなぁとのんきに考えながら、先延ばしにしていました。


が、ある日ネットをふらふらしてたら


あったんです!!「とりさんのピアノ教室」が他にも!がーん血


びっくりです!


これはやっぱ本格的に考え直そうと思いました!←もう生徒もいて、発表会も開催した後だったりする(遅い)



「自由に楽しく」が当教室のモットーなので、

そこから考えると「ピアチェーレ(喜び・楽しみ)」か「アンダンテ(歩く速さで、ゆるやかな穏やかなイメージの言葉)」・・・

それか「ポコアポコ(少しずつ)」とか思いついたんですけど、

他のピアノ教室さんがすでに使われていました。



そんなことを調べている途中で面白いサイトにあたりました。


関連キーワードを入れたら、みんなの目をひくブログタイトルを考えてくれる、自動システムのサイトです。

ためしにやってみました。



ピアノ教室最強伝説

ピアノ教室を科学する

ピアノ教室はもういらない

ピアノ教室って何なの?馬鹿なの?

ピアノ教室を殺したのは東大生

などなど、大爆笑なタイトルがわんさか出てきましたww6ww3ww

私的には僕らのピアノ教室戦争が気に入って・・・今回のタイトルに使わせていただきました。


そういえば、大学でロシア語習ってたんだった!と思い出して、当教室名は路線変更します。

自由・・・「スヴァボードナ」

楽しく・・・「ベーセロ」

ゆっくり・・・「メッドレーンナ」


うーん・・・しっくりこない・・・

というかなんか響きが重くて暗い(ロシア語に失礼)


考えた末、私の名前の鳥からとってプチーチカにしましたドキドキ~チカってかわいい感じしますよねニコニコ


今はかわいい小鳥ちゃんのような生徒たちも、いつか大空にはばたいていってほしい


鳥のように自由に音楽を楽しんでほしい


という思いをこめました。



そういうお話でした。

タイトルを見て「なにごとっ?」と騙された方々、申し訳ありませんでしたカスパー21

AD

プロフェッショナル ~調律の流儀~

こんにちは。プチーチカピアノ教室のとりごえです。


某局の人気番組のようなタイトルで失礼します。

本当にこの番組に出てほしいようなプロフェッショナルな方が、先日ウチに来てくれました!



それは・・・・・ピアノの調律師さんです!!ぱちぱちぱちぱちパチパチパチ。

毎回お世話になっております。


ピアノは私にとってパートナーです。大事にしなきゃしなきゃと思っているんですが、ガサツな私は掃除や調律をないがしろにしがち・・・あせるあせる


ごめんなさい。


昔からお世話になっている調律師さんは、毎回嫌な顔せず遠く岡山から来てくださり、作業中に私が色々と質問しても快く答えてくださいます。


写真撮影もにこにこと「いいですよー」と(*^▽^*)



ぴあの・らいふ-SN3O00060001.jpg


ちょっと見えにくいかもしれませんが、ピアノの弦を叩くハンマーがだいぶチビていたので、調律の前にその形を整えてもらいました。一つ一つやすりで削る根気のいる作業です。やすりも何やら5,6種類ぐらいあって、全部使い道が違うのだとか・・・・

それから特別製の掃除機のようなものでピアノの中の細かいほこりを吹き飛ばしたりされてましたが


この作業にまず4時間弱!です驚きびくっ



ぴあの・らいふ-SN3O00100001.jpg

でも作業完了後のハンマーたちはまるで計ったようにキレイで、見惚れてしまいました・・・・ドキドキドキドキ

それから調律作業に入って頂いたんですが、その前に、分解したピアノというのもなかなかお目にかかれないので、もう一枚(笑)



ぴあの・らいふ-SN3O00090001.jpg


これが・・・


ぴあの・らいふ-SN3O00110001.jpg

こうなるわけですビックリマークニコニコ


しかし、写真を撮り慣れてないので、変なアングルばっかりですね。自分ではちょっと不満な出来ですショック!

せっかく撮ったのを間違って削除しちゃうし・・・がび~んなので写真はここで終わりです(泣)



結局、全部で6時間超かけて、私のパートナーを調整してくださいました。


本当にすごい仕事です!

ピアノの音きれい~ラブラブラブラブラブラブ嬉しくなります。

お疲れ様でした☆また半年後よろしくお願いします!!


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


当サイトへのご訪問ありがとうございます好おんぷ。

兵庫県加西市の「プチーチカピアノ教室」講師

ひよことりごえひよこのレッスン日記です。

はじめましての方はこちら をどうぞaya


とりごえ

SH902is090-8382-6258

FAX 0790-47-1142

K子メールnami05_rurarura_v@yahoo.co.jp


申し訳ありません。現在は生徒募集をしていません。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

AD

☆色ぬり+α☆

こんにちは。
プチーチカピアノ教室のとりごえです(^^)
 
発表会も無事に終わりウインク
お盆休みもゆっくりお休みできましたOK
 
発表会後のレッスンは、発表会効果なのか、ヤル気マンマン生徒たちが多いですぴあの・らいふ-0008.gifぴあの・らいふ-8069.gifぴあの・らいふ-8069.gifぴあの・らいふ-8069.gif夏休みなので、練習時間がとりやすいというのもありそう。
 
 
私もフンッぴあの・らいふ-11048.gifと気合いをいれて教えて、あっというまに時間過ぎちゃいましたね~
 
 
そんな中、音を聞く練習や、曲の理解を深めてもらう工夫なんかも
レッスン内で試してみましたぴあの・らいふ-1014.gif
 
音を聞くのは、私が弾いた音を、音符で書いてもらうのがいつものやり方なんですが…
 
クルクルとチラシを巻いて耳にあてぴあの・らいふ-2013.gif
分かったら私にこしょこしょっと教えにくるというぴあの・らいふ-2009.gif
 
いいとも・タモリさん方式でやってみましたぴあの・らいふ-1095.gifぴあの・らいふ-1093.gif(古い!)
 
Sさんトコの妹さんはこれがえらく気に入ったみたいで、大成功っぴあの・らいふ-1121.gifでもお姉ちゃんの方は意外にクールだったかなぁ…
改良の余地アリですぴあの・らいふ-1041.gif
 
別のレッスンでは、
ぬりαをしてもらいましたぴあの・らいふ-1007.gif
 
この曲は何色なのか、季節だとどの季節で、動物ぴあの・らいふ-2020.gifだと何なのか、とかですね。
楽しんで考えてくれてたと思いますニコニコ
 
(曲の中の)「ここまでは昼の1時でここからは夕方5時ぴあの・らいふ-1099.gif
なんて、面白い意見も出ましたパーそしてちゃんと弾きかたを変えてました(◎o◎)すごぃっ
 
 
こうやって徐々に曲の雰囲気とかつかんでくれたらいいなぁと思います(o^∀^o)
曲の理解を深めてもらう作業というのは、けっこう難しいです。
私が自分でやる時は、作曲家のことを調べたり、曲の分析をしたり、それから曲にあったイメージや絵を考えたり、時には物語を考えたり、自分の経験を引っ張り出してきてあてはめてみたりもします。
とにかく自分の納得のいく音色を出すために、あらゆる方法を考えます。
これはもう習慣になっているし、調べたり本を読んだり妄想(!)をしたりするのはけっこう好きな性格なので楽しいものです。
 
私が自分でやるように、
生徒たちにもそういう作業を楽しく自主的にやれるようになってほしいなと思います。
 
では、今日はこの辺でパー

イメージが大事デス♪

明日からお盆休みです♪

ちょっと次のレッスンまで時間が空きますが、みんなよく遊んでよく勉強して、ピアノも忘れないように弾いてくださいネ(o^-')b


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


今日は、レッスンでたまに取り入れる指導法をご紹介します。


それは弾いている曲の「イメージ」を生徒たちに考えてもらうこと☆


本当に小学生くらいの子たちって想像力が豊か!!

そんなに意見出ないかなぁと思ってたんですが、全然そんなことなくて、こっちがタジタジでしたww「お、おお・・・そこまでふくらましちゃうんだ」みたいな。



例えば曲に題名をつけてもらうと、バイエルの練習曲だって、子供たちにかかれば「お花畑」だったり「おじょうさまの散歩」だったりと、たくさんのイメージが飛び出すんです。

その曲の雰囲気、キーワードを聞いてみると、これもやっぱりたくさん出ます。「楽しそう」「どきどきしてる」「ぶりっこして本性かくしてるみたい」などなど・・・。歌詞のある童謡なんかだとイメージもしやすかったみたいです。


中にはフレーズごとに「ここはおしゃべりしてる」とか「ここはダンスをしている」とか考える生徒さんや、自分でも曲名を考えてメロディを作曲してみたい、という生徒さんもいました。

聞いているこっちも、なるほど~と感心するくらい、的を射ている意見もあったりして・・・σ(^_^;)まだまだ私も勉強しなきゃなー・・・。


これが肝心なんですが、生徒さんたち全員に共通していることは、「イメージ」したあとに同じ曲を弾いてもらうと、ものすごく音色が豊かになったということです☆


この方法をレッスンに取り入れたのは何年も前ですが、

こんなに効果が出るとは自分でも思っていませんでした。イメージって本当に大事だと改めて感じました。


親御さんたちもぜひお子さんたちに今やっている曲のイメージを聞いてあげてください。

きっと面白い話が聞けると思います(*^.^*)



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


当サイトへのご訪問ありがとうございます好おんぷ。

兵庫県加西市の「プチーチカピアノ教室」講師

ひよことりごえひよこのレッスン日記です。

はじめましての方はこちら をどうぞaya


とりごえ

SH902is090-8382-6258

FAX 0790-47-1142

K子メールnami05_rurarura_v@yahoo.co.jp


申し訳ありません。現在は生徒募集をしていません。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆