さいたま市 都内 【アロマとアクセスバーズで飛躍的な変化へ】

シータヒーリング アロマ アクセスバーズ アクセスボディプロセス で
あなたの 才能 ・ 運を飛躍的にアップして望むものを手に入れましょう。


テーマ:

アクセスバーズ®︎ファシリテーター、 アクセスボディプロセスファシリテーター 、プレシャスな貴方のためのアロマリーディングの 近常祐子です。

 

チャンスがあったのに うけることなく過ごしていた 存在の層

川島由美さんから やっと受講しています。

 

そして さすが 満月 。。なにやら浮上しましたよ。

 

どうしてここまで しぶっていたか・・・

実は とても5層の存在が苦手でした・・・

 

6層の話までは もう 徹底的に楽しんでいたのですが

途中

5層の話になったら 落ち着かない

演習も やってもなんか 全然やれない・・・

5層の存在と遭う? いやだよ ぜったいみたいになった。。(笑)

天使も 神も 嫌だよ そばに来ないでよ って感じ・・・

 

ここについては割と よく見ているのにもかかわらず 根深いらしくとても苦手。

 

みんなが ちゃんと受けている中私は 寝転んでしまい

うけられない。もう子供状態。

 

一通り終わって まにさんが 緊急的に クリスタルレイアウトをしてくださった。

実は 午前中に 赦しのワークの時に 道を説く人への許しができなくて

まにさんにデモワークで掘り下げられていた。

五層の時の記憶と見に行くが 1層の時と3層の時になり5層に行かない・・

終ってから とにかく やっても やっても認められないという怒りが出てきた。

これは 3月くらいにも一度出てきていた。

 

とりあえず そこでいったん終わり自宅へ向かい

お友達にチャットしていたらでてきた

 

やってもやってもきりがない という記憶

中学の時の教師との間に起きたこと

大したことないと思って 私は あんまり気にしていなかった・・

でも 記憶にはしっかり残っていた。

とても教師にがっかりして 失望してた・・

そして この中学に始まった教師への怒りは 結局子どもたちが 小学校4年から高校卒業まで ずっと やっぱりだめか と 連続して思うことに続いていたという・・・

すごくすごく根深いものでした・・・

 

教師のくせに という言葉が出てくる。

そこで 教師に対して持つすごく高い要求があると指摘されて気が付いた。

祖母の家は 藩主に教育する立場で 先生と言われていた

何代か前に とてもできた方がいたらしい・・・

 

教師たる者 という言葉が あった気がする。

でも うちには 一人も教師はいなかった(笑)

私も ぎりぎりで 教師の資格は取らなかったし・・

 

そして 道を説く君と いわれた 与謝野鉄幹が 思い切りカギを握っていた(笑)

 

与謝野鉄幹さん 女子高の先生時代 女子生徒に手を出して妊娠騒ぎ あったそうですね・・・ 道を説いていたのじゃないん?

 

実は 今朝 娘を学校に送っていた時

娘の友達と話した内容で 今教師が病んでるらしいよ って話をしてた。

下心満載で女子高に赴任した方の話だったけれど・・・

はい 道を説く君 なにしてるん?

 

もう朝からずっと ヒントはあったのでした。。

 

これで 5層の存在となかよくなれるかもしれない・・・(笑)

 

それにしても 存在の層 すごいです・・ほんと。。。

 

そして 何度も受けるチャンスがあったにもかかわらず

今日になったのも 今回 もう 子供状態になって受講できるくらい

安心して受けることができる方が ご一緒してくださっているからに他ならないと思います。

 

ありがとうございます~~~

 

今夜は もう少し この教師への怒り こうあるべきについて向き合って寝ます。。

 

あすは 楽しく過ごせるかな~~(笑)

 

みなさん あすもよろしくね。

 

 

うちに帰ってから すこしだけ 6層的な

ハーモナイザーと遊んでいました♪

 

 

 

 

 

 

セミナー
6月25日 スピリチュアルアロマ講座 Mikael Zayatの精油で行うレインドロップ講習会

6月26日 アクセス・バーズ バディ・プロセス ギフティング&レシービングの会 

7月2日 アクセス・バーズ®

 

 

セッションの受付
さいたま市内 東京都内 馬喰町 新宿 近辺にて 
シータヒーリング アクセスバーズ ボディプロセス等の
 セッションを行っています。

こちらをご覧くださいませ。

 

 

メールマガジン
 
不定期ですが
メールマガジンを発行しています。

コンシャスに生きるあなたのための アロマメッセージの購読申し込みは
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)