なめらかな心意気~Love&Peace~

中国で和室内装専門店を展開しています。毎日が悪戦苦闘。だから面白い!

なめらかな心意気~Love&Peace~

イ草インテリアSHOP 「タタミズキ」


なめらかな心意気~Love&Peace~

世界に畳を! ~G・I (グローバル・イグサ)プロジェクト進行中~


テーマ:
東洋経済で発表されたデーヴィット・アトキンソンの指摘で、興味深い内容があった。

日本は「GDP世界第3位」の経済大国である
 → 1人あたりGDPは先進国最下位(世界第27位)
日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国である
 → 1人あたり輸出額は世界第44位
日本は「製造業生産額世界第2位」のものづくり大国である
 → 1人あたり製造業生産額はG7平均以下
日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国である
 → 1人あたり研究開発費は世界第10位
日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国である
 → 1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39位
日本は「夏季五輪メダル獲得数世界第11位」のスポーツ大国である
 → 1人あたりメダル獲得数は世界第50位

つまり日本人は、いろんな分野で世界で何位だというのを引き合いに出し、自分達の優秀さを誇りたがることが多いが、実際は人口が多いのが高い順位の原因。1人1人の能力が世界的にみて飛び抜けて高いわけではないということ。日本が経済大国として発展してきたのは、根本的には人口増加の曲線に合わせて発展したのであり、人口増加という恩恵があったから経済発展ができたという指摘。人口が増えるから、利益は後から自然についてきていた。つまり、日本型資本主義は、単なる「人口激増依存型資本主義」だったというもの。人口増加が止まった1990年代初頭に経済成長も止まった事実からも、それは明らか。

人口が減っていくのに伴って日本の経済力が衰退し、先進国の中で貧困率がトップクラス、まさに「ワーキングプア大国」になっているという現実の中で、っとも注目すべき点は、1人あたりGDPが先進国中最下位という部分。国民1人あたりの生産性が極端に低いのだ。1人あたりの生産性を他の先進国並みに上げていくだけで、日本のGDPは今の1.5倍、うまくいけば2倍にも上げられる。

では、日本が生産性を上げられない原因は具体的には何なのか。


国連の調査によると、日本の労働者の質は世界最高と言われている。世界最高の労働者から、先進国最低の生産性しか引き出せていないのは、日本の経営者の「罪」であると言えるのではないか。


※高スキル構成比とは、「高スキル労働者」が全労働者に占める割合。主に数学的思考能力、識字能力、ITを使った問題解決能力などをベースに国連が独自に算出しているもの。

まず、日本の経営者は、かつての高度経済成長を、1人辺りの高い生産性によるものと勘違いしている事を改めなければいけない。かつての日本全体の成功体験は、現状ではあまり意味を成さないことを自覚しなければいけない。

そして重要なのは、社員の給料を抑えて長時間働かせる、或いは無駄な作業を見つけて排除し、作業効率を上げるなどという単純なことが生産性向上であるという幻想を捨てなければいけない。そして、生産性改善策を、経営者でもない従業員の会議に丸投げしたり、現場の些細な事象や効率のせいにして満足するのは、経営の放棄であり、義務の放棄だと考えなければいけない。生産性の改善とは「経営改善」のことだから、生産性を改善していく義務は経営者にある。非常に単純な話である。「従業員も経営者感覚を持て」などという言葉もあるが、これはあくまでも仕事に対する心構えや考え方のみに対しての言葉であって、少なくとも経営改善に関しての責任を従業員に押し付けるものであってはならない。第一、経営者としての賃金も与えず、決定権も持たせていない者に対して、責任だけを負わせるのは経営者としての職務放棄でしかない。日本人の生産性の低さは、自分の責任がどこに有るかも理解できず、また、自分の職務義務の放棄をし、世界一有能な従業員をマネジメントできず、過去の成功体験の中でしか判断基準の無い、無能な企業経営者が原因なのだ。


というわけで。では具体的に何をすればいいんだよと。自分の見方を偉そうに言うだけで対応策は考えられないバカ野郎やないかと。そのご指摘はごもっとも。大体、各企業で様々な問題点が有るわけで、俺ごときがそんなの一つ一つ対応策まで考えられるくらいなら、こんなブログ書く前に自分が色々やってる。

でも無責任に少しずつ、問題点の一つであろうと思われる事象に関してはいくつか挙げられる。


経営者のモチベーション

1番大きくて根本的な問題点はもちろん、日本企業の経営者のモチベーションが、生産性改善に対して本気で向けられていないこと。


女性の労働力を活用できない

日本企業は早急に、女性の優秀な能力を、単純な事務作業や販売業務以外の分野で生かせるようにしなければならない。1979年、アメリカにおける女性の収入は、男性の収入の69%だったが、2016年までに83%まで上昇した。一方日本の場合、1979年の比率が55%だったのが、2016年は56%。ほとんど変わっていないのだ。日本では女性の労働力は正当に評価されておらず、活用もできてない。これは完全に日本の経営者達の頭の固さと職務怠慢によるものだ。


無駄会議をする

会議が無駄と言っているのではない。会議時間が短縮できれば生産性が上がるというのでもない。生産性の高い意思決定ができたかどうかが問題。そこを間違えると、無駄会議は無駄会議のまま時間が短くなっただけで、会議の目的自体は達成できていないことになる。ちゃんとした会議の目的を持って、その目的を達成できるように運営される会議をやらないといけない。そのためには会議の場では、発言する者の役職や実績といったバックボーンで発言内容を検討するのではなく、発言内容そのもので議論と検討がなされる会議が必要。そうでないと上司が部下にグダグダと御説をぶって部下は黙って聞いているだけという、無駄会議になってしまう。また、会議の場で上司の意見に反対意見をのべたりして上司の機嫌を損ねる事で、意見を言った部下の立場が悪くなるような事は絶対に避ける。これは経営者の仕事。正常な会議ができる環境を作ることだ。意見の対立した部下を虐めるような上司は即刻降格し、会議への参加もさせない。こういう無能は生産性向上の敵だ。また、ダラダラと実績報告を行い、実績の悪い部署や個人を糾弾するような会議は、会議ですらない。報告会。


残業を許している

未だにサービス残業を黙認状態にしているオッチョコチョイ経営者が山のようにいて笑える。就業時間内に仕事を終わらせずに、ダラダラ残って仕事をするのが平常運転になってる社員を、ヤル気が有ると評価する無能上司で溢れ返っているし、信じられないことに、残業してる人がいるのに先に帰る奴はヤル気が無いとか士気が乱れるとかいう、時代遅れの経営者も未だにいるのだ。それでも残業代を出している会社はまだマシだし、どうしても残業が必要な場面が出てくることもある。しかし、ナントカ手当として見なし残業代は既に付けているから残業時間は計算しないとかいう詭弁を、誰でも情報を得ることができるこのネット社会で、未だに使っている厚顔無恥な経営者もいるのだ。実はこの残業当たり前の就業体制が最も従業員の仕事の効率を下げる。本来は就業時間内に終わるような仕事量を残業してやるようなペース配分に恒常化させるのだ。残業が多い奴は自分の仕事の管理もできない無能であるという考え方が必要である。


最後に、「CIAが敵性組織に進入してその組織をダメにするためのマニュアル」としてネットでよく見るコピペを貼って終わりとする。(もちろんCIAにそんなものは無い)


CIAの「組織をダメにする」マニュアル

何をするにも「指揮系統」を主張せよ。意志決定を早めるためのいかなるショートカットも認めないようにせよ

ひたすら「演説」せよ。演説は可能な限り頻繁に、そして尋常ならざる長さで行え。論点は、長々とした逸話や体験談で形作れ

可能な限り、委員会(会議)に全ての項目を提示せよ。
そして「さらなる調査と検討」を求めよ。委員会(会議)の大きさはできる限り大きなものにせよ。決して5人未満ではいけない

できるかぎり頻繁に関係のない話題を持ち出せ

解決策が出る直後に、正確な言葉をもって押し問答せよ

前回の会議で決まった問題を持ち出して
その決定を再検討するように議論を蒸し返せ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もまた来ましたよ例のやつが。
クリスマスwwwぷぷぷっヽ(*´∀`)

まずね、もう言いたくもないけど
そもそも宗教上の行事でしょ。
日頃教会行ったり
聖書読んだりしてるなら分かるけど。
お前らまず日頃何もしてないじゃん。

しかもさ、キリスト教徒なら本来
人間の罪を背負って身代わりに苦しんだイエスが
生まれて来た事に感謝し、静かにお祈りを捧げて
家族で過ごす日なのに。
なんで信仰もしてない無関係の輩がさ
恋人とケーキ食って
プレゼント交換する日にしてんのさ。
或いはバカ騒ぎのパーティしたり。
ほんと気持ち悪いわ。

以前も書いたけど
日本では広告代理店がバカな庶民騙して
消費喚起に利用したのが始まりでさ。
その流れは中国にも来ててさ。
ここ5〜6年くらい前からは中国人までもが
クリスマスだからって恋人と食事に行ったりしてる。
もうね、マジ気持ち悪いからやめてよ。

まず第一に
自分が信仰もしてない宗教の行事を利用して
金儲け目論んだり性的欲望満たしてんじゃないよ。

恥ずかしいと思いなさい。
マスコミが作ったくだらない行事に流されるのは
思考停止の最たるもので
非常に恥ずかしいことです。

ここ数年は更に、ハロウィンだってさ。
またマスコミに乗せられてバカ騒ぎして。
これからはブラックフライデーですとか。
経済効果がうんたらかんたらって言っててさ。
いやいやいや…

消費喚起を求めるならば
まず消費税をやめてよ。
財源がうんぬん言うならば、
無駄しかない、政府にぶら下がった、
様々な天下りのために作られた組織に
国民の血税を注ぎ込むのをやめなさい。
そちらには金をジャブジャブ遣って
肝心の年金の財源がないとか言って
税金を上げるって、おかしくないですか?
で、税金上げると消費が下がり景気が下がり、
更に税収が減るからまた税金を上げるという
負のスパイラル。
だから消費喚起のために
マスコミが必死で国民を踊らせる。

ネット社会になって
国民の得る情報がテレビや新聞だけじゃなくなって
少しずつ、国民をマスコミが
いくらでも騙せる環境じゃくなりつつある。

もう今更クリスマスやらで
踊らされて喜ぶのやめてさ。
クリスマスは、
日本の国家予算のあり方とその運用方法の問題点を
根本的なところから考える日にしようや。
{2E3F3FEC-9D34-4818-916A-D21D03748EAD}

{2FA663B6-C8C1-4750-9267-46E3B3638CCA}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{7D555DB7-B06D-457F-A717-2247A0AD1CEE}

フィリピンのマニラに行った。
フィリピンは経済成長率が今後30年間、全世界で1位だろうと予測されている国。人口1億の国民の平均年齢が24歳と非常に若い。
ASEAN諸国の中でも最注目国とされているフィリピンの若さと活気を肌身で感じたいと思い訪れた。

日系企業が進出するとしたら、という視点で見た場合、フィリピンの他国に無い特徴をいくつか挙げるとしたら、まずはノンネイティヴの中では世界一と言われている英語力の高さ。しかも英語ネイティヴな国と違って柔軟性が有り、かなりブロークンな英語でもほとんどの人に通じる。文法関係無く単語を並べるだけで大体会話が可能。中学校レベルの英単語があればとりあえず生活に困らない。だから語学に自信のない人でも中学レベルの英語が有れば大丈夫。
大統領を始め国民全体がかなり親日的なのも日系企業にとって有利な点。街には日本車が溢れ日本食レストランは常に大盛況。日本人というだけで富裕層とのパイプも容易に作れる。

また、個人の消費意欲の高さはすさまじく、年齢層の若さと南国的おおらかさも関係しているのか、月に2回ある給料日前に毎回金を遣い果たしている人がたくさんいる程。個人消費がGDPの80%を占めており、フィリピンにおける経済成長とは、個人消費金額の増加とイコールであると考えてもよい。年齢層と収入レベルによる人口ピラミッドは綺麗なピラミッド型になっている。人口増加はこれからも続くとされており、中間層の増加がそのまま個人消費金額増加に繋がっている。つまり個人対象の商売が成立しやすく、既に進出している日系飲食業が成功しているのはこれが要因だ。これからも中間層を対象にした飲食業の進出は有望であろう。

飲食業の進出に対して衣料品の進出はさほど進んでいない。年中30度前後の気候により、一年中薄着でいることが要因かもしれない。服装にあまり気を使わない国民性もある。経済発展に伴いビジネススーツなどの正装の需要が増えていく可能性はあるが…宝飾品などの方が早いかもしれない。

製造業に関してはマルコス独裁時代の混迷が原因で外国からの進出が進んでこなかった事情があるが、これからは安い人件費を武器に、海外からの製造業の進出が加速していくと思われるし、誘致も盛んになっていくだろう。

小売業に関しては国内業者保護のため外資企業に対して様々な規制が有った。そのため海外からの大手量販店の進出がされておらず、大半の小売店はフィリピン国内企業。前政権と繋がりの深い財閥が大手小売業に関わっていたことが要因か。政権交代に伴いここ最近、必要資本金総額の引き下げがされるなど規制緩和に向かっており、日本からも某大手量販店が進出することになっている。

注意すべき点としては、区域によっては治安がまだまだ悪い。富裕層は安全対策の整った富裕層だけのブロックに集中している。銃器が安値で流通しているためチンピラが普通に拳銃を所持している。日本人は裕福と思われているため夜間に1人でブラブラしてると危険。外出時はなるべく貴重品を入れたカバンや財布は持ち歩かない。強盗に会ったら素直にカバンや現金を渡す。強盗に会った時のために現金をポケットなどに分散して入れておくことをお勧めする。ポケットをまさぐる時は、銃器ではなく現金を出そうとしてるとしっかり伝えてゆっくり動く。まあ何よりも一番の対策は、治安が悪いとされている区域に行かないことだ。これはフィリピン以外の外国でも同じこと。

まとめると、世界中からフィリピンに進出する企業はこれからかなり増えることだろう。東南アジアの中でも最も注目すべき国であることは間違いない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実に久しぶりに、長期間日本に滞在してる。
すると色々な部分で中国仕様に変化している自分に気付く。どういう部分で感じたか。


(1)何食べても塩っぱく感じる
日本人の食事は多分、世界一しょっぱい。
日本にいた時は感じなかった。
つうか海外に行くと味が薄いというか
塩分足りないなあと思っていた。
特にラーメンやスープに関しては
中国で最初の頃に食べた時は
なんて味が薄いんだと辟易としていた。
でもそちらに慣れてしまったら
日本の料理のしょっぱい事しょっぱい事。
ラーメンや味噌汁の塩分の多さよ。
なんでも日本人は遺伝子的に、
塩分を体外に排出する機能が
他の国の人よりも発達しているそうだ。
米と一緒に食べたり酒のツマミにするために
味付けがしょっぱくなり
その内に塩分が少ないと美味く感じなくなったのかも。
日本に長期滞在している外国人は
健康状態は大丈夫なんだろうか。


(2)トイレに行くとゴミ箱の位置等を確認しちゃう
コンビニのトイレなんかに行った時
ゴミ箱の位置とトイレットペーパーの有無を
思わず確認しちゃう。
中国のトイレは空港やホテルを除いて
基本的に紙が無い。
そして使った紙はトイレに流さずゴミ箱に入れる。
流すと詰まるから。
なので座ったままの状態で
紙を使ってからスムーズにゴミ箱に入れる経路を
トイレに入った瞬間に無意識に確認する癖がついている。
そして日本であることを改めて実感し
安心しつつ用を足すのであった。


(3)人目を気にすることに疲れる
中国人は人目を気にしない人が多い。
他の人からどう見られるかという感覚があまりない。
日本に観光に来てる中国人は
この点ですこぶる評判が悪いようだが、
私は日本人は逆に気にし過ぎだと思っている。
少しでも自分達の感覚と違う人がいたら
奇異な人として後ろ指さして笑ったり不快になったりする。
中国人は人目を気にしない人が多いと書いたが
それは逆に他人の事を気にしないということ。
少々奇異な人がいても、
それはその人のことで
自分と関係無いから気にもかけない。
人は人、自分は自分なのだ。
例えば全身ピンクの服できついパーマあてた人がいて
日本人がそれを見たら一緒にいる友人と
林家ペーやんかとコソコソ笑いあうだろう。
中国人にはそもそも
他人の奇異な点を指摘してあざけり笑う習慣が無い。
私はそれに慣れてしまい、
日本のテレビのお笑い番組なんかで
奇異な人をみんなで笑う場面をしょっちゅう観るが
なんだかすごい違和感を感じる。
それで思い出したが、
ハゲとかブスとか身体的な特徴で人を笑ったり
人を笑わせる感覚も日本特有だ。
外国人との会話で自分のハゲを持ちネタとして
話しても引かれてしまうので要注意。
ツッコミと称して人を叩くのも外国ではご法度で
冗談でもしちゃいけない。
楽しい雰囲気とはほど遠いことになる。
話しがそれてしまったが
日本人が世界に誇る世界一の素養の高さは、
この人目を気にする文化が根本にあるのだから
これを否定しているのではない。
ただ、人目を気にしない社会に一旦慣れると
日本にいる時は少々ストレスを感じて疲れるという話。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんで俺のブログをスマホで見たら、常に頭皮に関する広告が出るのか。なんで分かるんだよこの野郎。


ま、そういうのはいいとして。
以前嫌煙ブームに関して書いた時に、少しだけ触れたんだけれどもだね。

なんでも、やり過ぎはダメだって話。


身体に良いとされている食品も、食べ過ぎたら身体にとって毒となるって記事があったんでご紹介。


【食べ過ぎたらアカン健康的な食品】

・納豆に含まれるセレン
→老化やガンを防ぐ抗酸化作用が高い
→食べ過ぎると腎臓への負担が高く、肝機能障害を起こす場合もある

・緑茶に含まれるカテキン
→脂肪の吸収を抑え、高い抗酸化作用も有る
→肝機能を低下させる

・サバやサンマなどの青魚
→DHAが豊富で毎日食べると脳の働きがUPする
→DHAが豊富だが毎日食べると血液ドロドロになる

・フルーツグラノーラやドライフルーツ
→食物繊維やミネラルが豊富でダイエットに最適
→ジヒドロ型ビタミンK1が含まれており動脈硬化や脳出血の原因になる
→果糖が体内タンパクと結びつき肌のシミやシワ、抜け毛や白髪の原因になる

・チアシードなどのダイエット食品
→栄養豊富な自然食品としてダイエットに最適
→置き換えダイエットに使うと、タンパク質や脂質不足で急激な筋力低下。それに伴う体重減少でダイエット効果があったと誤解をさせる。実は筋肉が減っただけ。つまり、やつれた状態。疲れやすく、体力が落ち老化が進み、余計に脂肪がつきやすい体質になっているというオマケ付き。


…てことらしい。
でもこれは、何度も繰り返すけど、それぞれが健康に悪いと言ってるわけじゃなくてね。むしろそれぞれは健康に良い食品なわけ。
とにかく、健康に良かろうが悪かろうが、同じもんばっかり食って身体に良いことなんて絶対無いって話。

これを毎日かかしません、これを毎日食べて健康になりました、みたいなもんは有り得ない。
変な宣伝を信じて妙な食習慣を取り入れるのはやめましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。