千葉県佐倉市の障害年金社労士 namas0です。
みなさんおはようございます。
嵐の土曜日です。
昨日の陸上選手権での室伏選手、かっこよかったですね~。
最後までベストを尽くす姿、そして引退への去り際のコメント。
まさにまさにやり切った感がありました。

パニック障害の発症率は約0.8~3.0%、100人中1~3人が発症していることになります。

また、発症年齢は若年層に多く、平均するとおよそ30歳で、男性よりも女性に多い傾向がみられます。さらに、パニック障害の人の家系をみると、パニック障害やうつ病などの精神障害を発症している人の割合が多いという点も特徴のひとつです。

誘因には日常生活も関係パニック障害は、食生活の乱れから生じる低血糖が誘因になることもあります。また、パニック発作はアルコールやタバコ、ストレスなどの要因で起こりやすくなるので日常生活の見直しも重要ですね。

パニック障害も決して、珍しい病気ではありませんので、暖かい手を差し伸べてあげてください。


明日はブログの更新はお休みします。
続きは、月曜日に。


AD