今時の中学生

テーマ:
個人レッスンで、英語を教えている中学生の男の子。

最初は、戸惑うことがありました・・・・。

というのも、彼は、急に機嫌が悪くなり、

本を投げたり、シャープペンを机にたたきつけて、

壊したり、明らかに反抗的な態度で、

ため息をついたり・・・。


『いい加減にしてほしいわ~!』と

イラッとすることも何度もありましたが、

そこは大人として(笑)、冷静に注意します。


『部活がしんどい、学校が面白くない』

と愚痴をこぼすこともしばしば・・・・。

あまり上から目線で、正当なことを言っても、

たぶん耳に入らないだろうし、とりあえず、

『ふ~~ん。そうなん。』 と聞く日々。


『子供の人生も、いろいろ大変なんだな~』と思い、

彼が楽しい中学生活を送れるように祈りつつ・・・。



本人の機嫌はいい時と悪いときで波がありました。

まぁ、気長につきあっていくしかないな~ということで、3年目。


私がしばらくインドに行っている間と、

彼が部活等で忙しい時期に、数か月間が空いたのですが、

久しぶりに会ったら、なんと敬語が使えるようになっていました。


3年生になり部活もなくなり、ゆとりができたのか、

愚痴ではなく、いろんな楽しい話もしてくれるようになり、

(勉強はまぁ、そこそこ・・・毎回あまり進みませんが、笑)


今まで 『将来、生きていても面白くない』 と言っていた彼が、

野菜作りに興味を持ち始め、近所のおじちゃんの畑に手伝いに行っているそうです。


先日、彼のお母さんと直接お話しをすることがありました。



お母さん曰く、『困らせてないですか?』

『最初は、ちょっと・・・はい。 笑。

ですが、最近は態度もよくなり、

いろいろ話をしてくれますよ~。』と私。


お母さんによると、

彼は、女の先生は苦手で、反抗的になってしまうらしい。

でも、私のことは好きみたいで、楽しみにしてクラスに行っているらしい。

(『へぇ~知らなかった』)


今まで、いくら部活でしんどい時も、

とりあえずクラスには休まず来ていました。

しんどい時は、勉強せず、ゴロゴロしたり、

愚痴をこぼしてましたけど・・・。笑


確かに、『家でも、休めない』と言ってたことがあったので、

せめて、1週間に一度、身内とは違う大人に話をすることで、

ちょっとは息抜きになったかな~~と。


自分の子供ではないけれど、かわいい存在です。


塾の先生なら・・・、

子供にしっかり勉強させて、

点数とらせて、ナンボの世界でしょうが、

勉強も大事だけど、心が育って、

いろんな人と調和しながら、

社会と関わりあっていけることのほうが大事だと思う。


子供たちが回りから大事にされていると感じ、

自分も、人の役に立ちたいと思ってほしいな。


子供たちが、自分の能力と可能性を伸ばして、

好きなことをしながら、生きられる

素敵な大人になってほしいな~~。


~~~~~~~~

『相手の心を慮って、温かい言葉を投げること。

相手が間違っていたとしても頭ごなしに否定しないこと。

正論よりも、相手に対する配慮が優先・・・・。』


『私が微笑めば、相手も微笑む。』


『自分に関心を持ってくれる人、

見捨てないで想ってくれる人がいると強い。』


~~~~~~~~

最近読んだ本より抜粋っして手帳にメモってます。笑






AD

空手 初体験~!

テーマ:
空手初体験~!!

武術を習って、1年・・・。

ベトナムで体験した空手に、圧倒されました。

柔らかい武術は、なんとなく体にしっくりくるのですが、

剛の動きは全然、できなくて・・・・。

今更・・・?

と言われそうですが、

空手を習うことにしました~~!!

『そういえば、昔から空手を習いたいって

言ってたね。夢がかなってよかったね。』

と母。

そういえば、小さい頃から習いたかったんですよね~。


体を動かすことが大好きなのに

ピアノや、そろばん、書道は習ったんですが、

でも体を動かす習い事はしてこなかったんですよね~。


で、大人になって、ヨガに、武術に、ダンスに、そして空手!


素晴らしい先生に出会えてよかったです~。


しばらく空手にはまります。

AD

ベトナム・~武術の旅~

テーマ:
先日、ベトナムに行ってきました~。



去年から習い始めた武術、『気空術』なのですが、

毎回すごく楽しくて、体がほぐれていくんですよね~。

武術といえば、『戦う!』イメージなんですが、

気空術は、戦うのではなく、相手と調和して、

戦わずに収めてしまう。

自分も相手も痛くないどころか、

体は緩んで、気のめぐりが良くなります・・・。



近年は毎年、インドにしか行っていないので、

『どこか違うところに行きたいな~』と思っていた矢先、

その気空術の先生方が、ベトナム在住の空手の達人に

招待され、ベトナムに行くということで、

無謀にも 『一緒に行きたいです!!』

とお願いしてみました。

まだ習い始めて、1年あまりの初心者の私を

よく承諾してくれたな~と、先生の懐の大きさにも感謝です。


自分でも『勇気あるな~』と、思ったのですが、

先生方も嫌な顔せず受け入れてくださり、

スムーズに話は進んで、ベトナム初旅行3泊4日・・・行ってきました。



二人の先生方は、ベトナムでは、大歓迎され、

もてなされ、毎日のように、練習の後は、晩餐会だったようです~。


私は、最後の練習に参加(見学?)させてもらい、

ベトナムの方たちの熱心な姿を見て、感動しました。

みなさん、礼儀正しく、心から空手を愛していらっしゃるのだな~

と感じました。ベトナムで、こんなに空手がブームになっているなんて、

知らなかったです。

道行く人たちの中にも空手の道着を着て歩く姿がちらほらとありましたよ。



ベトナムで教えているのは、沖縄生まれの、

武術の先生で、すごく国際的な方でした。

今までにも、ブラジルや中国で空手を広めていらっしゃったようです。

いろいろと接待をしてくださり、自宅にも招いてくださり、

世界でご活躍されている空手の達人の

練習以外のお茶目な側面を見ることもできて、

熱いお話しも聞かせていただき、本当に素晴らしい日々でした~。


『武術を通して、国際親睦を深め、

さらには国際平和を実現しよう!!』

と、意見がまとまり、さらに、

来年度は、気空術の世界のつどいが開催されます~。

すごい展開ですよね~。


空手の練習だけでなく、ちょっと観光もしてきましたよ~。


ハノイの旧市街地を電気自動車で廻ったり、

ホーチミン廟を訪れたり、

おいしい南国フルーツを食べたり、

ベトナム伝統料理をいただいたり・・・・

あっという間に楽しい時間は過ぎました。



気空術の先生方二人は、強いだけでなく、

超優しくて、面白くて、笑いの絶えない時間でした~~。

ありがとうございます。。。


私のクラスの生徒自慢

テーマ:





高校生のT君はみんなのアイドル的存在です。

今ちょうど夏休みで、最近はクラスのない日でも

会場として使わせてもらっている公民館に来てくれて、

水やりをしてくれています。

時々、『先生、T-シャツ かわいい・・』などとT君が私をほめてくれます。

やっぱり、『いいね』とほめてもらうと、うれしいものですね。


今日から、ベトナムに、出発します~。

また、アップしますね~。

問題の受け止め方

テーマ:
私たちは、問題が起こったら、力が入って、つい構えてしまう。

先日、ヨガのクラスで、生徒さんたちに、

力をいれて踏ん張ってもらって、

私が前から後ろから、軽く肩を押すと

みん~なぐらぐらと足がよろけてしまった。


次に、リラックスして、立ってもらうと、

みなさん、意外と踏ん張れている。


武術の練習でも、『愛魂上げ』をするとき、

強く握られ、上から押さえられると、

『こんなに押さえられると身動きとれないよ~』

って、頭は、一瞬動揺してしまう。


そんな時、体の力を抜いて、

問題に直面している当事者にならないで、

ちょっと距離を置いてみる。傍観者になってみる。


ぼ~っと遠くを見つめるような視線で、

ちょっとアホになったような感じで・・・。笑


すると、自然と問題は問題ではなくなっていて、

別に最初から問題もなかったことに気がつく。


考えすぎると無駄な動きをするんですよね~。

緊張感が自然な動きを妨げてしまう。


ほどよい緊張感が集中力を高めてくれるけれど、

力んでしまうと本来の力が半分も出ないと思う。


答えは、すごくシンプルで、超簡単であることが多い。


自分がやる!自分がしている!!

っていうエゴをできるだけそぎ落とすといいんだな~。


聖典の勉強も、つい気合が入ると、

自分からすごく遠いもののように、感じてしまう。


けれど、肩の力を抜いて、心をオープンにして

先生の言葉に耳を傾けていると、少しずつ

自分のこととしてしみ込んでくる。

客観的で論理的な先生の世界観と

同じ世界が見えると、エゴが入ってくるすきまがなくなってくる。


自分も他人も大事にする、さらに、

ものに対しても、愛情を持って接すると

ずいぶん違ってくるのだと実感させられます~。

2種類の知識

テーマ:
~~今日のみちか先生のクラス

(ムンダカ・ウパ二シャド)の覚書~~~

知識には2種類ある。


・究極の知識と、

・そのための準備の知識。

究極の知識とは、知ってしまうと、他のすべてが明らかになる知識。


『自分とは何か、世界とは何か』

・・・を理解し、常に心が穏やかでいられる。


それ以外の知識、例えば数学や、地理学など学校で習うこと、

ありとあらゆる学術的知識は、究極の知識のための準備になっている。


人生で学ぶことは全て、最終的に、

『常に幸せでいるためのステップ』となっている。


自分も他人も、世界も・・・すべてが愛と知り、

愛そのものの体現として生きる・・・。

自分が幸せそのもの。




その究極の知識を得るためには、

正しい認知能力、論理的で客観的な思考が必要になる。

そして、感情的、情緒的な成熟もまた大切。


いつも自分のことばかり考えている人は、決して幸せではない。

客観的で、世界の調和や平和を祈れる人こそが幸せであるのは事実だと思う。


自分ができること、できないことをきちんと理解し、

できないことに関しては助けを求め、


自分がすべきこと、すべきでないことも理解し、

すべきことを実行する・・・、そんな人が知的な人というそうだ。


確かに、自分ひとりで成し遂げたって言えることは、何一つない。


体や知能でさえ、与えられたものであり、

親や、導いてくれる先生がいなければ、

私たちは人として成熟できない。


周囲の環境や、たまたまラッキーだったとか、

さまざまな自分ひとりの力以外のものが複雑に絡み合って、

今の自分があり、何かしら功績を収められる。


昔から、人は、太陽や月、天体の動きに従って、

生活していたし、大いなる力に敬意を払い、

自然と調和しながら生きてきた。



そんな謙虚な態度で、かつ、

肩の力を抜きながら努力を続けていきたいな~~~と思う今日この頃でした。

みちか先生のサイト


武術~~気空術~~

テーマ:
今日は月2回ある武術のクラスの日!

いつも楽しい武術の練習ですが、

今日はなんと、会長先生が来てくださる!!

ということで、さらにわくわく


いつものメンバーに加え、

大阪や、山口県からの参加もあり、

本部の方から空手の達人の方々も参加してくださり、

熱気あふれる練習でした~。



練習前に、会長先生と少しお話できる機会もあり、

気さくな会長先生のお話は、とっても興味深いです。


マイペース、かつ猪突猛進型の私を、会長先生は、

『OK!!』って受け入れてくださります。


もう片方のナイーブな私も

『これでいいのだ~!』

ってニンマリ笑顔になります。




練習では 思いのパワーがいかに私たちに影響を与えるか、

ということを体感することができます。


仰向けの人に対し、『もう!!!何してるの?!』

という思いで、手をひっぱり起こそうとしても、

その人をすんなり起こせない。


次に、意識を変えて、『起きてくださいね~。』

と優しい思いを持って、手を握り、起こそうとすると、

相手の方から軽々と自然に起き上がってくれる。


あれれ?!なんで?!って最初はびっくり


寝ている人の側から言うと、手を握られた瞬間に、

相手の愛の思いが伝わってきて、自然に体が反応する・・・・

って感じかな~。


これは、毎日の生活にも、取り入れられる。


周りの人や、家族のことを思って、行動していると、

自然にすべてがうまく回りだす。


逆に、いらいらして、自分勝手な行動をしていると、

さらに状況はひどくなって、いらいらは募るばかり・・・。



家族皆が幸せで、周りの人が幸せで、

世界中の人が幸せであるように・・・

と願いながら行動すると、

絶対に世界はうまく回っていく。

(そう信じてる。楽観的すぎる!と言われようが・・・いい。)


周りが幸せになると、確実に自分の幸せ度は上がっていく。

相手の幸せを願う人が増えていくことで、世界は平和になるよね!!!


武術で世界平和!! って、ありえないような話が、

着々と実現しそうな雰囲気がしてます。


武術のことは何も知らない 初歩の私ですが、

愛の武術で 世界平和を実現できる!!って

強く賛同しています~~!!!



~~~今日の覚書~~~

『不必要な力を抜いて自然な動きをする』

・・・・これが結構難しかったりするんですよね。


『相手を思いやって、自分の愛を発動させる』

・・・・言葉で言うのは簡単なんだけどね~。


『自分の感覚を研ぎ澄ませる』

・・・・普段、いかに鈍感になっているか、思い知らされます。

『自分も相手も信じ、さらに大きな力と融合する』

・・・もう悟りですね。笑!!


肩の力が抜けて、ちょっとあごは上向き加減・・・。自然体~~~!!


謎の空手・氣空術: 合気空手道の誕生

世界とのかかわりかた

テーマ:
今日の みちか先生の Vedanta (インドの聖典)クラス



テーマは


いつも冷静で、穏やかな心で、ものごとを見ること


人生、どんな状況が起こっても、それを客観的な視点で見ること



客観的でいれば、状況にふりまわされず、うまく対処できる。ラブラブ



『客観的視点を持つこと』

と言葉では簡単にいえるけど


実践するのは かなり難しいんですよね・・・。



自分の主観を入れて世界を見ることに慣れすぎているから。


偏りのない、純粋な目で、客観的に世界と関わりたいものです~~。目


そして、この瞬間瞬間 何をすべきなのか 状況に対処し

自分を成長させていこうと思います~。



さらに、聖典曰く


自分と神とは切り離されない存在であるということ


ゆるぎようのない信念をもって進むこと



・・・と 教えは続きます・・・。



素晴らしい先生の元、学べることに感謝です。

歌に自分を見つける?!


人生って、思いがけないことがポンっとやってきて、

(本当は、ちゃんと計画されているのかもしれないけど・・・。)

私たちに成長の糧を与えてくれる。

時に試練だったり、時に至福の体験だったり、

平凡に見えるような出来事でさえ、

すべて私たちの人生のキャンパスに彩りを加えながら、

ひとりひとりの人生の作品を作り上げる。



今回は、イタリアから来たマエストロとの再会。



2年前にお会いして、レッスンを受けましたが、

今回は通訳として、3日間先生に密着させてもらいました。


先生のピアノ、先生の歌声、

先生の指導による生徒さんの歌声を聴いて、

生徒さんの変化を側で見せてもらって、

音楽や、歌うことのすばらしさを実感させられました。



『なぜ、歌うのか?』



『自分をよく見せよう』とか、

『いいパフォーマンスをしよう』と、声をコントロールすると、

とたんに、音楽の美しさが失われる。


地に足をつけて、自分とつながると、

心から歌いたいという思いや、感情があふれて、

歌声に乗って出てくる。



悲しみも、嫉妬も、怒りも、

一見ネガティブに見える感情も、

捨てようとするのではなく、

抑圧してしまうのでもなく、

自分の大事な一部として、受け入れてあげる。


体も、感情も、神様から与えられたもの。

体と感情をリスペクトして、信頼して、

自分の声に本当の自分を見つける。




先生曰く、

『声を探すのではなく、声に、自分を探しなさい・・・』


先生は、アルゼンチンの先生で、声のプロ。

癒しのパワーを持っています。

生徒さんの声、歌を聞くと、その人の心の状態や、過去のトラウマまで見えてしまう・・・。



ここからは、私の体験なのですが、

レッスンのとき、歌っている途中、

急に涙がポロリとでてきまきました。



『女の子の声で歌って』と、言われ、

自分の幼いころのイメージが沸いてきてなぜか、涙が・・・、

またひとつ、心のひっかかりが取れたような気がしました。



レッスンの後、車で移動中・・・

ちょっと車酔いした私を見て、何か感じ取られた先生は、

『子供のころ、ブランコが苦手だったでしょう。』と。


自分では何も怖くないふりをしてますが、

実は今でも、ブランコに乗ると、ちょっと気分が悪くなります。


そして、

『刀とか、ナイフが怖いでしょ。』

『昔、ずっ~~~と昔、 誰か愛する人、親か誰かが、

殺されるのを、小さい頃に目の前で見ているかも。』

って、言われました。



実は、首を切られるイメージは、

よく普段から沸いてきていて、

ぼ~っとしているときに、ふと背後から首を切られるような、

そんな映像が沸いてくることがありました。


過去生で、そういう場面に遭遇していたのかもしれない

と思うと、ちょっと納得でした。




『孤独だと思ったり、何かと切り離されている

というような感覚があるんじゃないか?』 と先生。


自分では、一人でも全く平気だと、思っていますが、

確かに、何かが足りないような喪失感は

感じているかもしれないなぁ・・・。


先生曰く、

『この地球上に生まれた私たちは、

孤独に耐えなければならない運命で、

それによって、愛を知る。

でも真実は、私たちは、決して一人ではない。』



『一人の時間をもっと大事にしたらいい。』

とアドバイスをいただきました。


そうなんですよね~。

インドにいるときは、瞑想とかして一人で過ごす時間が多いのに、

全然、孤独を感じないんです。

意外と、日本で、親や皆といても、孤独を感じるのは、

一人の時間をうまく過ごせてないからなのかもしれないな~。


少しずつ、本当の自分と向き合って、

思考も、感情も、体も統合していきたいな~と思っています。


次の来日は、来年の一月です。
マエストロ Miguel ジャパン