生まれてから40日。なんとなーく、「あれ?いま笑ったかもデレデレ」とか思える表情がでてきたような気がしないでもない今日この頃。あやして笑うようになるまで、あともうちょっとな気がしますラブラブあーたのしみ。

 

子育てには、「ここ!!」という、感動シーンがいくつもありますが、個人的には「あやして笑うようになる」は、かなり上位の感動シーンだなぁと毎回思います。過去のブログを見てみたら、むすこ1は、50日目ごろに笑ったみたい(当時の感動ブログはこちら右矢印ニヤニヤ笑)です。

 

40日が経過しまして、授乳もだいぶ勘を取り戻してきました。波に乗ってきた感じ。若干、乳腺炎っぽくなったりもしていますが、「とにかく赤ちゃんに飲んでもらう」「ゆっくりやすむ」で乗り切っていますウインク

 

というわけで、今日は授乳アイテムをご紹介したいと思います。授乳歴ももう3回目、すなわち通算3年目くらいになりますので、だんだん良い物わかってきましたよ、っとOK

 

まず、こちら授乳ケープ。

 

と、いうか。そうなんです。こちらも前回ご紹介したエイデンアンドアネイのおくるみです。(前回の記事はこちら右矢印

 

おくるみを首の後ろで結んだだけニコニコ外出先や、家の中で家族の視線が気になるときや、がやがやしていて赤ちゃんが集中できない時にはこれが、とにかく便利ですまじかるクラウン

 

エイデンアンドアネイといえば、授乳に(とくに夏場の授乳に太陽)あると便利なのがこちら「バーピービブ」。

 

広げるとこんなかんじ

 

ミルクの後のげっぷ時などの吐き戻しの際、ママ・パパの肩にかけておけるクロスです。こんな感じですねウインク

 

わざわざ吐き戻し用に用意しなくても..と思うかもしれませんが、ふつうのガーゼハンカチではちょっと小さくて薄いので頼りないですし、タオルでは大きすぎ。このサイズとかたちがちょうどよいです。しかも、こちらスナップが付いていてスタイに早変わりルンルン

 

まだちょっと大きいですが(笑)ちゅー もうしばらくするとよだれが出てきたり、半年後には離乳食も始まるので、この厚手で大判のスタイが活躍すること間違いなしニコニコこんなかんじですね。

 

 

さらに、最近かなり気温があがってきまして、授乳時に私の腕とむすめちゃんの頭のくっついている部分が、汗をかくようになってきましたが、こんなときも「バーピービブ」がつかえる!と気が付きましたウインク 腕にのっけておけば、汗を吸収してくれるので、あかちゃんのあせも予防に最適ラブラブ

 

ちょっとわかりにくいかな。ここです。

これからの暑い時期にぴったり。授乳の際に、吐き戻し兼汗取りパットとして1枚用意しておけばOKですねOKついでに、口の周りについたミルクも拭けちゃいます。

 

最後に、授乳クッションは、こちら。

 

わたしは、もっちりした(厚みのある)授乳クッションが使いやすい!と感じるので、いろいろ探していたのですが、今回はこれがばっちりはまりましたキラキラこちら、ちょっと笑えるのですが、なんとビームス製です。ビームスの商品ページはこちら右矢印

ベーグルみたいにもっちりしていて、へたらないので、赤ちゃんがよい高さになり腕や肩の負担が少なめですウインク

 

ここにエイデンアンドアネイのおくるみをかぶせれば、赤ちゃんのちょっとしたミニベッドにもなっちゃいます。

 

考えてみれば、授乳も一生のうちでほんのわずかな期間。痛かったり出にくかったり(出すぎたり)と、凹むこともありますが、こどもが大きくなってみると、懐かしくて甘いしあわせな記憶でしかありませんちゅー3年生のむすこ1を、もう膝に乗っけて1日すごすことはないですもんね笑い泣き

 

 

今日のBaby365は、こちらウインク

あっという間に過ぎ去る毎日は、やっぱり残しておきたいものです照れ

AD