フィンランドの首都ヘルシンキ
エストニアの首都タリン
イタリアの首都ローマ

と、3都市の旅をして、同じ首都でもそれぞれ全く違うなと感じました。当たり前ですが東京ともぜんぜんちがいます。

短い滞在での超主観ですが、こんなことを感じました。


まずヘルシンキの人は、みんなおしゃれでびっくりします。
寒い地域なので厚着なのですが、みなさん色やボリュームのバランスが抜群に良くて、見惚れてしまうほど。
つい暗い色に傾きがちな冬の装いも、マフラーや手袋がとてもカラフルで(しかも真っ赤とかスカイブルーとか、パッとした色味)、本当にかっこよいです。


そしてみなさん親切。何かを聞けば丁寧に教えてくださいます(英語が堪能!)。とてもやさしい。
無駄に笑ったりはしませんが、とても紳士的で、街に怖い感じの雰囲気がまったくありません。

きもーーち残念なのは、歩きたばこがOKなこと、かなと。


タリンの人は、お顔がちょっと怖く感じてしまいます。
おそらく、お顔の個性として、口角がさがっていて眉間にしわが寄っているのと、男性の上半身がとても大きいので、いかついというか、そう感じるだけで怒っているわけではなさそうです。
ヘルシンキと船で2時間しか離れていないのに、ファッションは全く違います。タリンの人はグレーや黒一色といった感じ。若い時はダウンジャケットを着ていて、年を重ねて裕福度が増すに連れて毛皮の分量が増え、最終的には全身毛皮のコートを着るのがステイタスの様でした。街にはデパートなどがたくさんあり、思っていたよりずっと都会的です。日本の街に近い!


ヘルシンキの人と比べると、それほどフレンドリーではありません。
観光地なのでもう観光客にはうんざりなのかも。

でも、観光地の商店のかたはとっても親切で英語も通じるので、困ることはまるでありません。



ローマのかたは、表現が難しい。
オシャレ度でいうと、ちょいわる雑誌レオンの言う通りで、男性はみんなおしゃれ。かっこいいです。驚くほどかっこよい。ですが、女性はそうでもないかんじ(すみません)。アイメイクを強めにしているせいか、女性のほうが強そうに見えます。

そしてローマの男性はみんなおしゃべり好きで、数人で並んで歩いて楽しそうにぺちゃくちゃしゃべっていました。まるで日本の女子高生。

また、ローマのかたは携帯でもほんとうによくしゃべっていて、きっとおしゃべりが好きなんですね。


大人にはわりと不親切で(東洋人だからかな?)、バス停などで困っていても助けてくれることはありません(笑)なにかを聞いても、ぶつぶつめんどくさそうに答えています。
が、一転、子どもにはものすごーーく優しくて、街でもバスの中でも、子どもを見ると「チャオ!」といって目を細め、頭やほおをなでてくれます。
最初はびっくりしましたが、たくさんの愛を受けて感激。




でもやっぱり、いちばん時がクイックに動いているのは東京。
ローマもタリンもヘルシンキも、東京よりはゆっくり時が流れていて、そして人も少ない印象です。

数日いただけの主観ですが(^ ^)

AD
家を手放して1ヶ月。
ノマドライフにもだんだん慣れてきました。

家がないのなら、世界中どこにでも行ける!ということだと気付きまして
ノマドスーツケースをそのまま持って、旅に出ています。

2月4日 ノマド27日目

成田空港から出発。


10時間のフライトを頑張りまして
到着したのは、フィンランドの首都ヘルシンキ。





2月5日 ノマド28日目

家族全員、初のフィンランド。
なんて美しい街!
人々がていねいに生きている様子が、街全体から伝わってきます。



こちらはヘルシンキ大聖堂。



2月6日 ノマド29日目
フィンランドでは、Airbnbでアパートメントを借りて滞在しました。
東京でも借りたAirbnbの物件は、子連れの滞在に本当に最高です。

洗濯機あり、キッチンありで
日常生活のまま旅先で過ごせます。


まさにAirbnbのサイトにある言葉の「暮らすように旅をしよう」。
子どもにはこれが一番!

お米を炊いておにぎりだってできちゃいます。
(お米は現地のスーパーで購入。海苔は日本から持ってきました)


そして、現地のかたのインテリアセンスが素敵!
雑誌で見るのとは違い、実際に暮らしてみることで
住宅やインテリアについても、とても勉強になります。
工夫の詰まった家のつくりに感激。




2月7日 ノマド30日目
ヘルシンキの西の港から、大きな船に乗りました。




到着したのは、エストニア。
なんとヘルシンキから2時間の乗船で、バルト三国エストニアの首都タリンまで行けちゃうのです。

2月8日 ノマド31日目
エストニアのタリンは、おとぎの国!





2月9日 ノマド32日目
タリンでももちろんAirbnbのアパートメント。世界中に家を貸してくれる人々がいます。すごい!

私たちは英語がそんなに得意ではないので、やり取りに行き違いが生じたりもしますが、ホスト(貸し手)のかたはみなさん親切で優しいので、とくに問題は起こりません。
現地のかたと直接話す機会にもなり、いいことばかり。

タリンのお部屋はとても広くて(ベッドルームが2つも!)、サウナまでついています。





ずっと住みたくなります。


旅のレポートは、こちらで日々更新中です。

AD

“海外ホテルも国内ホテルもお任せ。ホテルはすべて最低価格保証!”
といえば、みなさまご存知エクスペディアさんですが
このたび、エクスペディアさんの「WE♡EXPEDIA」にて
子連れ旅行のコラムを書かせていただくことになりました。


初回は、昨年9月に行ってきました「バリ島」から
象とラクダに乗れるスポットをご紹介しています(^ ^)

記事の中でご紹介している「エレファント サファリ パーク ロッジ」は
子どもと一緒に象洗いまで体験できる、わくわくのホテルです音譜

子どもが喜ぶこと間違いなしです(・∀・)




クリックほかにも、旅のコツがたくさん!
「エクスペディア」さんの「WE♡EXPEDIA」はこちらです!

AD