7月21日(土)~8月12日(日)、
有明コロシアムにボリショイサーカスが来ていますニコニコ


わたしは長野のいなか育ちなので、あまりイベント慣れしておらず
サーカスが来る と聞いたら
もうそれだけで、こどものころのワクワクがよみがえってくる感じですo(^-^)o

わたしが子どものころに連れて行ってもらったのは
キグレサーカスと 木下サーカス。
どちらも日本のサーカスです。

ボリショイは、ロシアの国立サーカスとのことで
また日本のサーカスとはぜんぜん違うのかも。

というわけで、1ヶ月以上前から予約してワクワクと待っておりました音譜
$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)
▲会場の中は、一切撮影禁止なので写真はこれだけ。


Wむすこは初サーカスです。

会場がすこし暗くなるので、子どもたちが怖がらないかしらと心配でしたが、なんとかセーフ。
音楽が楽しい感じですし、はじめさえ乗り切れれば、
臆病なむすこ1でも、大丈夫でした。
(むすこ1、昨年、ディズニーシーのアリエル(でしたっけ?)ですらダメだったので汗

ほかの子どもたちからも、音や暗さで泣いている声は聞こえなかったと思います。


いぬ犬、ねこホンネコ、ゾウ、くまなどの動物も登場するので
1歳のむすこ2も、楽しそう。
指をさして、「おう、おう!」とコーフンしておりました。

むすこ1は、アクロバティックなおにいさん(しかも、カッコイイ)を見て
「おー!」と拍手なんかもしていました。


2時間(途中にトイレ休憩1回)が、ちょーーとだけむすこ1(もうすく4歳)には長かったようで
途中、飽きちゃう場面もありましたが
次々と展開していくので、飽きてもまた立ち直る感じです。

3歳であっても、人間がこんなことまでできるんだ、というのを
生で観られるのは面白いのではないかと思うんです。
ゴーカイジャーの世界ではなく、訓練と集中で実現できるあの感じ。


むすこ2は、はしゃぐだけはしゃいだあと、後半は寝てしまいました苦笑
薄暗くって涼しくって、きもちいいんですね、きっと(笑)


子連れで行くコツ的なところでは…。


アオキラベビーカーについて
・会場の入り口にベビーカー用のスロープがあります。ぐるっとまわりますが、あがるには問題なし。
・お席まではベビーカーが持ち込めないので、入り口にたたんで並べておきます。
 (預かってくれるというより、置いておくという感じ)


アオキラランチやお茶について
・有明コロシアムの中に、ランチのできる場所はありません。
 レストランがあるそうですが、テニスの大会以外はOPENしていないとのこと。

 外に、焼きそばやらの出店はありますが、赤ちゃんが食べられるかというと。。
 イスなどもないので、暑いですし、赤ちゃんには難しいかな。

 というのは、私は現地でお昼を食べればいいかなと思っていたので、失敗したんです悔し泣き

 かろうじて見つけたのは「ドンマイスタープラス」というベーカリーカフェ。コロシアムから徒歩4分くらいの場所です。
 木村屋総本店さんプロデュースだそう。
 中でランチやお茶ができます。13時ごろにいったら空いておりました。

アオキラチケットとお席について
 
7月29日(日)に行ってきましたが、席の埋まり具合は半分ぐらい。
当日でも購入できそうな感じです。


チケットは

ロイヤル席 6500円
S席  5500円
A席  4500円
自由席 3500円


の、4種類ありまして、
ロイヤル席は埋まっていたので、ここは要予約かも。
ほかは、当日でもいいかな~という気がします。(あ、でも早いと、より前のほうになるのかな)

なお、ほとんどの方が、ロイヤルかS席、A席で
自由席はかなり空いていました。
たしかに、ちょっと見えにくいかもです。

わたしはS席で見ていたのですが、
せっかくなら、ロイヤル席にすればよかった~あせると、現地では思いました。

いえ、S席でも十分よくみえたのですが
ロイヤル席は舞台のすぐ前にあるため、本当にまじかで観られますし
ピエロさんが投げてくれる帽子やらが飛んできて楽しそうです。
動物もかなりの大迫力だと思います。


そうそう。撮影禁止で「ええ~!」と思っていたのですが
おそらく、演技中にフラッシュをたいたりすると危ないんですよね。
集中力が乱されちゃいますし、動物たちも落ち着かないことでしょう。
(予想ですが)

とにかく暑いので、早めに行き過ぎると待っている場所に困りそう。
木陰が少しだけありますが、あとは一切なし、と思っていてちょうどよいかと思います。
中はクーラーが入っており、暑い~!という感じではなかったです。

そういえば、、、
子どもの時に、ちょっといやだった「サーカスのにおい」というのがなくてびっくりしました。
じつは楽しみにしていたんですが(^o^;)


というわけで、Wむすこの初サーカス体験でした。

ボリショイサーカスのサイトはこちらです。

AD

□ 下町の夏祭り

我が家があるのは、日本橋地区。
おしゃれデパートもありますが、下町情緒もたっぷり。

夏は、地区のお祭りがたくさん催されています。
○○町○丁目、という番地単位でお祭りがあるんですよ[みんな:01]

昨日は、むすこ1のお友達に誘っていただき、人形町のお祭りに音譜

photo:01




腰が引けた、パター[みんな:02]
photo:02



つるんで(?)お菓子。
photo:03




アツーイ
photo:04




引っ越してきて、1年半。
だんだん街に慣れてきました[みんな:03]
AD
ニンプスの大人気連載「私の出産物語」

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)


毎回、あらゆる分野で活躍なさっている女性の方に
出産当日の様子や、その病院を選んだワケなどについて、
かなりつっこんで聞いております音譜

取材はニンプス編集部のロコさん。


これまでも、
アオキラ道端カレンさん
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)

アオキラ仁香さん
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)

アオキラ岸紅子さん
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)


アオキラマドレボニータの吉岡マコさん
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)


豪華なみなさまが
ご自身の出産、病院選び、出産スタイルについて語ってくださっています。
出産した病院を教えてくださる方もいらっしゃいます。

バックナンバーはこちらです



そして最新号は、

じゃーん
アオキラ荻原和歌さん

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)

和服が似合う萩原さんは、ご存知!人気料理研究家さんですよね('-^*)/

東京女子医大で出産。
普通分娩を予定していたそうですが、結果としては帝王切開に。
産後のお写真も見せてくださっています~!



アオキラ高岡由美子さん
の回も、とっても人気。
$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)


高岡さんは自宅出産を予定していたのですが、34週で緊急入院に!


出産って、ほんとうにいろいろなことが起こりますよね。

だからこそ、
この連載が、これから出産を控えていらっしゃる皆様の
勇気のモトに、なれたらうれしいです好



あの人の出産のお話が聞きたい!などリクエストがございましたら
コメントくださいませ~!!
編集部のロコちゃんとわたしが、アタックしますっ。


※なお、画像はすべてニンプスサイトの記事からの抜粋です。

AD


最近、わたしがハマっている、
ほけんの相談。

今回、ニンプス読者さん限定で、「ほけんの時間」さんによる
ほけん相談会を開催いただけることになりましたクラッカークラッカー

========
読者モニターさんとして誌面にご登場ください♪
ニンプス読者さんのための、ほけん相談モニター会


日時:2012年8月31日(金)
※お時間はなるべくご希望にあわせます
※別日程のご希望もうかがいます!

ご応募はこちらです
========


ほけんの相談をしていただき、その感想などは
ニンプスサイトに読者モニターさんとして、掲載させていただきます('-^*)/


もちろん、具体的なお金の話などは掲載いたしません。
感想や気づきなどについてお話しいただき、まとめさせていただきます。
ニックネームでのご登場でも構いません。

また、相談中はFPさん以外は入室しませんので、じっくりご相談いただけます。
(取材は相談前後にすこしだけお話を伺う程度です)

FPさんには守秘義務がありますので、相談内容がニンプスにしらさせれることは
ぜったいにございません。


モニターさんとしてご登場いただきつつ、
相談は、ぜひ本気で!!
せっかくの機会ですから、しっかり相談しちゃってくださいませグッド!
すんごいスッキリしますから。


そして、今回はご相談いただいたかたに豪華なプレゼントをおつけします。
もれなく全員に3大プレゼントですっ

アオキラほけんの時間」さんより
JCBギフト券 6000円分!



アオキラニンプスshop」より
赤ちゃんが大好きな絵本

しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)

アオキラニンプスshop」より
ママバターUVケアクリーム
$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(0歳・3歳児の育児中!)




ぜ~んぶ、プレゼントいたしますっ。
ふとっぱら~。


相談会は、8月31日(金)
お時間はなるべくご希望に合わせます。

また、8月31日にご都合がつかない方は、info@ninps.comまでご連絡ください。
別日程にて調整も可能です。



詳細はこちらです!=========


下記の内容をご記入の上、メールにてご応募ください(※募集要項をよお読みください)

【ご応募アドレス】
info@ninps.com
※件名に「ほけん相談」とお書きください。

下記をメールにお書き添えくださいませ。

◆お名前
◆お電話番号(携帯可)
◆メールアドレス
◆現在の妊娠週数や、お子さんの年齢
(妊婦さん&ママさん、どちらもご参加いただけます!)
◆相談当日の、希望時間


------------------------------
★応募締め切りは、8月21日(火)です。
当選なさった方には、8月24日(金)中にご連絡いたします。
------------------------------


【募集要項】※こちらをご覧の上、お申し込みください

●募集内容
現在、妊娠中のプレママおよび、子育て中のママ 若干名様

●応募締切
日時:2012年 8月21日(火)

●当選者発表
2012年 8月24日(金) 中までに当選者様のみにご連絡いたします。

●日時
2012年8月31日(金)
※お時間はなるべくご希望に合わせたいと思います。ご希望のお時間をお知らせくださいませ。
約2時間程度となります。
※ほかの日程での相談ご希望の方は、info@ninps.comに
ほけん相談日程について とご連絡くださいませ。別日程の手配をさせていただきます!

●場所
東京都千代田区外神田
(東京メトロ銀座線「末広町」駅 徒歩5分)
※当選なさった方に、くわしい地図などをお送りいたします。


●謝礼と特典
参加いただきましたみなさまには、下記のお土産をご用意しています。  
(おみやげ内容)   
・JCBギフト券 6,000円分
・『赤ちゃんが大好きな絵本』
・MAMA BUTTER(ママバター)UVケアクリーム


●応募資格
下記すべてに同意いただける方

日本国内にお住まいで現在妊娠中もしくは、子育て中の女性
2012年8月31日(金) のほけん相談体験にご参加いただける方
※ ほかの日程をご希望の場合は、info@ninps.com までご相談くださいませ。
お話しいただいた内容およびご相談風景のお写真は、ニンプスwebサイトに掲載させていただきます。
これにご了承いただける方。 (お名前はニックネームでも構いません)




ではでは、お目にかかれますことを楽しみにしておりますo(^▽^)o

□ ボツ原稿のこと( p_q)


気持ちの整理がつかず、しばらく、放置しておりましたが


じつは、数ヶ月前に
自分としては、ものすっごいいい出来だわキラキラと自画自賛していた原稿がボツ叫びになりました。


わたしの本業は、編集者ですが
一番最初に、わたしに編集のことを教えてくれた会社が
「書ける編集者」を育てる方針というか考え方だったので
編集者ですが、書くことも、かなり大切に考えてきたつもりです。
 (誤字まつりのブログを書いておいて、そんなことをいっても説得力ゼロですが(;^_^A


最近はあまりやりませんが、ライターさんとして書くときには
それなりのコツがあるのではないかと思っています。(個人的な考え方です)


個性を表に出さずに

 わかりやすく
 読みやすく
 理解しやすく


ということを、心がけています。
自分の意見というものは、ほぼ入れません。

取材をしてわかったことを、文章になおす というか
翻訳のような作業です。

聞いてきた話・見てきたことを、文章を読んだ人がまるで見てきた・経験したかのように
正しく伝える。
これが大切なことかな と思っています。

「わたし」という人をフィルターにするので
個人としてのエッセンスも、どうしたって入ります。
そもそも、「聞いてきた話・見てきたこと」が
「私の耳に入った話・私の目がみたもの」ということですもんね。

ただし、その「私」という人が
書いたものを載せる媒体を読む「だれか」とイコールになるように
心がけてはいます。

おなじ「私」でも、
雑誌がかわれば、「私」もかわる。
つまり、「私」というのは、読者代表になるわけです。

ママ雑誌に書くときは、ママになり
ギャル雑誌に書くなら、アラフォーの私ですが、ギャルになります。( ←なれるかな(^_^;) 笑?)



ちなみに、おなじライターさんとして書くにしても
広告を書くときはまた別です。
正しく伝えるというよりも、商品なりサービスなりの魅力をくっきりさせる
というような作業になります。


そして、最近わたし自身の仕事として増えてきた、エッセイ的な書き物は、
またぜんぜん違った書き方をします。
エッセイは、随筆。
つまり、その人の個人的な考え方・物の見方を書くものです。
ブログはエッセイですね(^-^)/


今回、ボツにしてしまった原稿というのは、エッセイのほうです(ノ_・。)


ずっと追いかけていたあるテーマの取材ができることになったので
何日か追いかけて、本を読んで、頭と心と身体を駆使して書いたつもりで
いい仕上がりになった~。と思っていたのですが


意外や意外。
取材先のかたから、「掲載してほしくない」とお返事をいただいてしまったのです。


ショックというか、情けないというか。
あげく、
どこが悪いかすら、わからないううっ...

でも、その取材先の人のことが好きですし、考え方もたくさん聞かせていただいて
深く共感もし、今後はそのお仕事を手伝わせてもらおうとすら思っていたので
その人が「掲載してほしくない」というのであれば
それは受け入れたい。


それにしても、原稿のどこが悪かったのか、全く分からないんです。


悩みましたが、わからなくてつらかったので
しばらく放置しておりました。見なかったことというか。


が、数ヶ月経ってみて、少しわかった気がしています。


私は、そのテーマについて
社会に正しく知ってほしいと思っていたんです。
みんなが知ることで、ハッピーになる人が増える。長い目で見て、きっと増える。
そういう考えが私の「視点」としてまとめられた、エッセイです。


たぶん、ですが、それは間違いではなかったんです。


けれども、その記事が出ることによって
取材を受けた相手が、ハッピーになれないんです。
ここに気が付いていなかった。

取材を受けた相手は、世の中にしってほしいと思っていないというか
しってもらったところでハッピーにならないというか

いまは たしかに私が書いた通りであったとしても
それが文字として残ったり
誰かの心や頭の中に残っていくことが、負担や恐怖ですらあるかもしれません。


人の考え方は、月日とともに変わっていきます。
変わっていってほしいこともあります。

それを記事として残すというのは、
変わっていこうとする人への妨げに近いのかもしれません。


ある程度、ハッピーな形に落ち着いたあとで
「いや~、じつはあのときこうだったんだよね」という形でしか
表現できないものもあるのかもしれません。いやチカラ不足なだけかな苦笑


いずれにしても、とても残念でしたが、
年間に何十本と書いていれば、そういうこともありますし
ここで、傲慢さに気が付いて、さらに勉強していけば
また道がひらけてくるのかな。


と。忘れないために書いておこっと。