妊娠13週。
はやくも脚がおもだるく、ちょっとむくみも出てきました。
乾燥もいやん。

というわけで、ニンプスの編集スタッフがおすすめしてくれた
「Mamabee レッグ&フットクリーム」に初トライ。

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(ただいまニンプです)-mamabee



そうそう。Mamabeeというのはそもそも
リップクリームなどでおなじみのバーツビーズさんのママ(妊婦~産後)向けライン。
ちなみに Babybeeという、ベビー向けのラインもあります。



今回は、Mamabeeのアイテムのひとつ「レッグ&フットクリーム」です。
ニンプスのフリーペーパーにご紹介させていただいたご縁で
編集部にサンプルがあったので、すみません、持ち帰って試しちゃった。


おふろ上がりにマッサージしながら使っているのですが
まず香りが素敵。
ミント系にハーブを加えたすっきり系で、
日々つわりと戦う妊娠13週のわたしにぴったり。
「スッキリさわやかぁ~」とはこのことか、と思える勢いです(笑)。


フットクリームにありがちなベタつき感は ほとんどなし。
けれどもカサつきなどは、しっとりうるおって翌朝までツルリン。
しっとり成分、ミツロウ入りです。

マッサージした後、しばらくすると
じんわりとミントが“くる”感じ。
むくみやだるさが、スーンと飛んで行ってくれるような気持ちになります。
実際に翌朝はわりと、足元すっきり。

テクスチャは、軽すぎず・重すぎず。
いい具合に水っぽさもあるので、マッサージのてすべり感も
なかなかよいかんじかと。


しかも、100%天然由来成分。
さすがバーツビーズです。



こりゃ、いいぞ と思ったのでご紹介です!


なお、Mamabeeの妊娠線のケアもできるバームについては
「ニンプス」サイトでご紹介しています。
こちらもどうぞご覧ください>>





AD
こんにちは、高沖清乃@妊娠12週です。
せっかくニンプになったので、
妊娠中ならではのレポートをお届けしてみようと思います。

なにせ、毎日のように
マタニティ関連の情報が会社に集まってきます。
これを試さない手はないですから。
ニンプの&今後ニンプのみなさまが知りたいかな、と思うことを
わっちゃり記していきますね。


ということで、1回目はいきなりスペシャル。
今年、新しくできたばかりの聖路加病院の新施設、
「聖路加産科クリニック」へ行ってきました。ゴーゴー。


聖路加産科クリニックサイトはこちら>>


今回は、バースコーディネーターの大葉ナナコさんにお誘いいただいて
ナナコさんそして、バースコーディネーターの皆さんと一緒にお邪魔してきました。


副所長の堀内先生は、聖路加看護大学の先生で助産師さんでもあります。
聖路加産科クリニックについて説明をいただきました。

堀内先生によると、
一言でいうと「99%助産所のようなクリニック」だそう。

聖路加病院には、そもそも産科があり
セレブ出産(ほら、御三家病院でおなじみ)の、イメージなんかもあるので
産科クリニックも同じように、
大きな病院のお産、と思いがちなのですが、これがさにあらず。

聖路加産科クリニックは、
少ない人数を抱える施設で、しかも中心にいるのは医師ではなく助産師さんがメイン。
文字通り、アットホームな助産院で出産するようなイメージです。



…と、いってもイメージがわきにくいですよね。
では早速、施設とともにご案内を。


まず妊婦健診がすごいんです。
1回の妊婦健診にかける時間は、なんと45分間!
そんなに長い時間 何をするのかと思いきや、
じっくり話を聞いたり、場合によってはマッサージや食事の指導など
病院ではなかなか教えてくれない「具体的」で「丁寧な」アドバイスやケアを受けられます。
出産に向けた心と体の準備も。


診察室も、ほら。
足をどーんとのせる、あの台(内診台といいます)がないっ。

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記-shinsatus

あるのは、ゆったりソファのみ。
どうしても内診が必要な時や緊急時はもちろん、
別室に内診台もありますし、医師の診断も受けられます。
(所長は、産科の名医 進純郎先生です!)


こうして毎回の妊婦健診を受けながら、
別途、ヨガやベビーマッサージのクラスも、同じ施設内で受講できるそうですよ。

そうそう。助産師さんは5名くらいが1チームで担当してくれます。
しょっちゅう担当が変わってしまうことなどなく、
健診から出産まで、ずーっと同じメンバーで診てくれるんですね。
わたし、人見知りなので これはとっても助かります。


ちなみに、こんな素敵な待合室もありますが…

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記-matiai

しっかり予約制&少人数なので、待つことはほとんどないのだそう。
妊娠中の待ち時間って、しんどいですもんね。


はい。そして月日が流れて
さー、産むぞ! というとき。

入院は、全室個室。
和室と洋室から選ぶことができます。
面会時間もゆったりめなので、ダーリン(笑)の仕事終わりが遅い時なども
個室&ゆったり面談ができるのは、とってもよいのでは。

わたしのように、むすこちゃんがいる場合も
個室だとゆっくりあえて&遊べてうれしいです。
和室なら、むすこちゃんのお昼寝だってできる。



$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記-koshitu_you
↑写真は個室(洋室)です。笑顔の美女はナナコさん!


LDRもまたすごいっ。 (※LDRとは>>
これもまた、洋室和室から選べまして…

まずはご覧ください(↓)


$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記-waldr

ほら、ここが出産施設とは思えないっ。
こんなゆるやかな場所で出産できたら、どれだけリラックスできるか!

ふつうは(というか大きな病院の場合)
出産用の足乗せ台(分娩台といいます)に乗っかって、
電気こうこうの中 えらい人数に囲まれて、どーんとやる(産む)わけですから
それと比べたら、このゆるやかさ。
恥ずかしさも半減できます。

立ち会う家族も居場所がない、なんてこともないでしょうし
いいかも、いいかも。

LDRの個室内には、バスルームもありますよ。
私は経験がないのですが、
ナナコさん&バースコーディネーターのみなさんによると
陣痛中にあったかいお湯につかると、ふわ~んと楽になるのだそう!
やってみたいぞ。


そのた、お友達が陣中見舞いに来てくれた時などに
ちょっとお茶が飲めちゃうこんなスペースもあったりで
至れり尽くせり。


$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記-wacommunication



そうそう。食事も玄米と有機野菜を中心にした、
心にたっぷり届きそうなごはん。

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記-syokuji

1回目の出産のときは、「病院の食事なんて、どうでもいいじゃん」
なんて軽く考えていましたが
違うんですよ、これが。


大仕事をやり終えた後、
あたたかでやさしいごはんが出てきたら、どれほどうれしいか。
ホルモンバランスが崩れ、涙もろくなったハートに、手作りごはんがどれだけヒットするか…。

産後のごはんは、とっても大切なのです。
あ、もちろん。授乳や体調回復のためにも!



お産そのものは、原則、自然なお産を目指して
助産師さんが最大限、力を貸してくれます。
あ、もちろん自分の力で「産む」んですよ!

基本的には、会陰切開などしませんし
帝王切開や麻酔を使った分娩もナシです。

病院と思っているとちょっと違うかもしれません。
やっぱり「99%助産院」というのが近いです。


そのため、
・初産でとても高齢
・前回の出産が帝王切開
・妊娠や出産に大きくかかわりそうな合併症がある
などの方は、残念ながらここでは産めません。

こういった場合は、やはり医療システムや医師がそろう病院での出産が安心
ということなんですね。


詳しくは聖路加産科クリニックで「利用者相談会(無料)」を
行っているので、サイトを見てみてくださいな。

 聖路加産科クリニック>>



相談会は予定日が決まる、10週ごろ~16週くらいの妊婦さんがおすすめ。
(お、わたしはちょうどよい12週!)
聖路加産科クリニックでの受診は16週からのスタートになるそうです。



あ、そうだ。
料金、気になりますよね。
なにせ、200万円くらいとも言われている聖路加での「セレブ出産」のイメージがありますし
こんなに充実&贅沢な環境ですから。

でも。すごいのよ、おくさん。
なんと63万円~。
全国の出産平均費用が47万円台、東京はもうちょっと高いと思うので
そう考えると、63万円は「高っ!」という金額ではありません。
むしろ、個室でのこのケアでと考えると すごいなーと。

出産育児一時金が42万円(これを直接病院に振り込んでもらえます)ですから
差額の20数万円が自分で準備するお金になります。




さてさて、ほかに質問はありますか??

え?産後のケア?
いい質問!

母子完全同室(個室だしね)で、
同室というか、同ベッドで赤ちゃんと寝ます。
ベッドは広めのセミダブル。

わたし、前回の出産のときに「危ない!」と看護婦さんに怒られながらも
独断でむすこを自分のベッドに寝かせていたんです。
だってそうすると安心するのかよく眠るんだもの。

きっと一緒に眠るのはとってもいいことなんだと思います。


母乳のための指導も助産師さんが丁寧に行ってくれるそうですし
もちろん母乳がいやだという相談もできます。
産後は2週間目に検診もあって安心。
1ヶ月後だと、かーさん煮詰まってしまいますから。



そうそうそれから、「自然なお産」にこだわっても
もしもの場合は、医療の力を借りることになります。
その際は、聖路加病院をはじめとする、提携病院に搬送となります。
これはどこの助産院でもおおむね同じですね。



あっ。最後に大切なことを!!
すごい情報です。メモのご用意を。

なんとこの聖路加産科クリニック。
まだ分娩の「空き」があるそうですよー!!!

もしも「自分の出産のイメージに近い」と感じた方がいらしたら
一度、相談会に参加してみるといいかなと思います。


それでは、
みなさまの出産が素敵なものになりますように。
あ、わたしも素敵なお産にしよっと。



AD

□ 人生、初テレビ。


先週の金曜日、「にじいろジーン」というテレビ番組の収録がありまして
もぅ、人生初テレビでキンキンに緊張して臨んだわけですが
とにかくとにかく、おしゃべりがだめっちょな私は
反省満載。

おしゃべり、練習しよっと と
来年の目標がひとつみえました。


そのロケでは、新山千春さんと小椋ケンイチ(おぐねー)さんも事務所にいらしていただいて
スタッフ全員、大興奮!

長いロケで、丸1日ご一緒させていただいたのですが
新山さんは うちのむすこと散々遊んでくださったり
おぐねーさんは カメラが回ってないときも、たのしいお話をたくさん聞かせてくれたりで
嬉しいったら、嬉しいったら。


で、いま事務所引越しを終えてちょっと落ち着いたものですから
新山さんとおぐねーさんのブログを拝見したところ…

ななんと。
むすこと増田が、新山さんのブログに出てるー!!

ひゃぁぁ、うれしいっ。

ロケの合間に、新山さんがむすこにミッキーやらの絵を描いてくれていたんです。
その様子がほらっ>>
かーさん、感激です。
いい思い出になりました。



あ。ちなみに放送は来年1月です。
ちょっとおしゃれがいけてない女性社長を大変身させるコーナーです。
ニンプスもしっかり宣伝いただいちゃいます。

いやん、わたし
女っぷりがあがっちゃうわ(笑)

またおしらせしまーす。
AD