種をまき、水をやり、だいじにだいじにしていた芽たちが


花や実をつけ始めた、この数日。


まだ、台風や鳥の襲来には気をつけないとならないけれど、


小さく実りはじめた果実や、ほころびかけたつぼみを見て


なんとまぁ、よかったよかったと。ほかの子も実るかもなんて期待したり。 たとえばなしですが。





疲れ吹っ飛ぶ とは このことです。





投げ出さなくてよかったよ。











そんな中からひとつ発表できるものをご紹介。


カフェグローブさんで、ミーの新連載がスタートしました。





私と子どもの豊かな時間










もともと「子どもはいらない!」と言い切っていた私ですが


子どもと暮らすようになって気がついたのは、そこにあった誤解っぷり。


ママたちの出力が、わりとみんな似通っているから


間違って伝わっているんですね。とくに非ママの女性に。





黒人は足が速い。


長野県民はスキーがうまい。


巨乳は勉強ができない。


B型は奇妙。





そういう困ったすりこみと同じで


子どもを持った女性や夫婦はこんな感じ というイメージが消えない。








子どもがいると癒される


子育てはクリエイティブだ


子どもから学ぶことが多い





そんな言い方じゃだめです。


「そういわないとやっていられないんだよ、きっと」とか


勘ぐってしまう。わたしもそう思っていたもの。








なので、子どもと暮らすということが


なんというか、もっとバラエティに富んでいていいのではないかと。


そんな気持ちを持っていた矢先に


カフェグローブの矢野社長さんが、この企画のお話をしてくれたのです。








もー、うれしくって


「やります!やらせてください!お願いします!うまいです、わたし!いけます!」と


猛攻挙手で志願して やらせていただけることに。ふふふ、早い者勝ちだ。











子どもと暮らすというのは


1個の形ではなく、いろんな考え方や形があります。


あたりまえですよね(笑)。


私たちがそもそも、1個の形ではなくいろんな考え方や形で成り立っているし


夫婦の形だって、いろいろいろ。





だから、子どもとの暮らしだって


いろんな人がいろんなパターンで過ごしているはずで


連載という枠のなかで、さまざまっぷりがうまく表現できればいいなと思ったり。








初回は、笑顔がキュートな木村さん。


同じ年の子どもを持つ男性と再婚した「連れ子婚」です。


お子さん同士は、にゃんと、同級生。





私と子どもの豊かな時間

」を ちょろっとのぞいてみてください。























AD

by ニンプス で、恋愛を、いや間違えました 連載をはじめました。

MSN「ビューティスタイル 」のなかの
『30代で「妊娠」の新常識』 です。


第1回目は、「高齢出産のうそ・ほんと」。

だいたい、35歳過ぎているからって「高齢」って名前が失礼っ(←ちょうどいま35歳)
「妙齢出産」とか「艶頃(アデゴロ)出産」と 呼んでね
なんて思うのですが。

ともあれ、ほらそこのあなた。
35歳過ぎたら、なにがどう危ないって、だから「答えられますか。


なんとなーく

・(だれかの発言の影響で)羊水が古いんでしょ とか
・こどもがおりこうちゃん に ならないんでしょ とか
・障害が出るらしいよね とか

そのくらいの「イメージ」しかないのでは。
わたしもあまりハッキリしらなかったのですが、
お医者様にズバッとそのあたり聞いてきましたよ。

・ほんとに35過ぎると、子供に障害が出るの?
・羊水ふるいの?
・っていうか、35で区切るのはなぜっ。


などなど。


いやー、いずれは赤ちゃんほしいわよね というあなたも
子供なんて一生いらないわと思っているあの人も
まだ20代だからかんけーないと思っている ギャルも
妻や彼女が30オーバー、あるいはアラフォーな 男子も
嫁を孕ませにゃならんと思っている 60代のおばさまも

みんな みんな みーんなに読んでいただき、
「正しく」 知って

おごらず びびらず
セックスなり 妊娠なりを楽しんでほしいと
切に願っています。


MSNさんのビューティスタイルは、
じつは今日から大リニューアル!

装い新たに、コンテンツも増え
美女たちが大好きな情報たっぷりになりましたよっ。こちらもお楽しみにご覧ください。









AD