□ むすこレポート


息子(1歳半とちょっと)は、最近、いよいよお友達の存在が
認識できてきたみたいです。他者との交流、はじまる。



土曜日、フレッシュネスバーガーで息子のクラスメイトのJ君&その父 に会いました。


息子:おうっ、おうっ!(口を尖がらせて、指をさす。息子の喜びのポーズ)
Jくん:(ニタニタ)

息子:(ジュースを飲むJくんに向かって)手を振る、手を振る、何度も振る。
Jくん:(えへへ)


こんな具合で、お互いに「どうやらあれは、知り合いのアイツだ」と
喜びつつ、認識している様子でした。
保育園じゃない場所で、ふいにあってもわかるようになったんですね。
なんだか、関係性を持った息子が急に大人に見えてきます。

なお、息子のクラスメイトの名前は、
わたしはとっさに5人くらいしか言えないけれど、彼は全員フル暗記しています。
Jくんでしょ、Rちゃんでしょ、Tくんに…と、十何人も。
こんなところに、保育者としての差が歴然。ありゃー。かあさん、がんばれ。

さらに、近ごろ息子がようやく「ママ」というように、まっとうに育ってきました。
息子の頭脳に、ママ君臨。ママ降臨。
とか言っちゃっていますが、Jくん認識とほぼ同一タイミング。

たぶん息子の中では

   (1)TOP of は、 パパ
   (2)次いで、クー先生(保育園の先生。息子は大好き)
   (3)おともだちのみなさん

という感じ。そしてわたしは(3)に属しているような気がします。かあさん、がんばれ。


おまけ情報として、息子が家でもっとも口ずさむ(?)お友達の名前は
Aちゃん(女の子)。
いやん、恋愛好きはママ似なのね♪ と。


ついでに、
(昨日の保育士さんの日記より)

---------------------------------------------
今日のムスコくんは、園庭で元気に遊びました。
おとなりのクラスのお姉さんたちに交じって、フラフープを園庭に運び出し
たくさん並べていました。

その後、フラフープで遊ぶのかと思いきや、
並べたままどこかへ行ってしまいました。

並べただけで満足だったようです。
--------------------------------------------

>>そうそう、わたしも大学に入っただけで満足しちゃって辞めちゃったもんね。
   一緒にするなという話ですが。




AD