□ ド♪ ソ♪ 


ヨーグルト入りのお皿に手を突っ込んだうえで
拍手をすれば…


ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-yoghourt4




そりゃ、こうなるでしょうよ(↓)。つぶつぶまみれ。点画?

ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-yoghourt5



さて、依然ママと呼ばない息子(1歳5ヶ月)は、
ママ以外の単語は、かなり出てくるようになりました。


for example…

パパ
あっち   (訳:おれは、向こうの部屋に行きたいのだ)
ぅみゃ~ぉ(ネコ)
ぶっ、ぶ (車)
ばうわう (犬)
ちょっちょ (蝶々)
ババ   (ばあちゃん。うちの母)


ババまででているのに
なぜ、ママと言わないのか という問題は さておき(現実逃避)、



息子の言葉の音程について気がついたことが。
なぜか全部、下から上に向かって音程があがり右上矢印ます。



ふつうは

-------------

  パ
-------------

と下がるところが、
------------
  パ

------------
と、上に向かう感じ。


音階でいうと、 ド→ソ音譜 といったところでしょう。


なにもかも全部、ド→ソ音譜



あ、ちょっちょ(蝶々)は、
そうでもないか。毎回、やたら急いですごいスピードで言う。



結局、あのひとってば寝返りもしないままだったし
これはきっとママも言わないまま、大人になるに違いない。
となると、わたし、なんて呼ばれるんだろう。


清乃さん? 


いやー、彼女か、わたしは。
彼(夫)が、清乃さんって呼ぶせいかなぁ。


わたし?


わたしが自分のこと、わたしって言っているから。
わたしって呼ばれたら、ややこしいな。





そうそう
ももちゃん。やっと掃除機の意味を理解した模様(↓)
一緒に掃除などして、たのしんでいます。
あらためまして、ありがとう。



ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-sojiki




AD

□ おれ占い


やってしまった。
ももさん&芳麗さんというキーワードでつい。

ももさんの結果はこちら>>



■このタイプの人には、こういう傾向がある

・身近な人を大切にする
・多くの人に応援される
・年配の人と仲良くなりやすい
・この上なくお金が好き
・礼儀正しくありたいと考えている
・場の空気を大切にする
・何かを集めるのが好き


>>はい。この上なくお金が大好きで、礼儀正しく(見せかけだけでも)生きたいと願っています。
場の空気が乱れるくらいなら、自分をころし気味です。
そして、年配の多くの皆さん、応援ありがとうございます。



■特に清乃には、こういう傾向がある

・映画を見るとすぐ影響されてしまう
・こう見えて警戒心が強い
・妙にカッコイイ表情をするときがある
・ぞんざいに扱われると地味にショック
・嘘をついて不安になる


>>はい。丁寧に扱ってくれるレストランやお店が好きです。
嘘をついて不安になど、しょっちゅうなります。大きなことを言ったときもしかり。




■俺から清乃へのアドバイス

・しっかりと野菜を食べておけ

>>ごもっとも。
今日食べた野菜は、サンドイッチに挟まっていたピーマン。だけでした。



俺占い>>
AD

ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-ucyu


宇宙人、捕獲!とおもったら、息子でした。
(足もとにいるのは、ネコ=秋山さんです)



さて。
10年くらい前でしょうか、自分が結婚した時に、結婚パーティをしました。
たのしかった。


結婚がその後、継続したかどうかはともかく、(←というか、しなかった)
自ら主宰でパーティを、みんなで やいのやいのとするのは
一生に一度くらい、たのしいものです。


と思っていたら、
彼と暮らすようになってから、ひと様主催のパーティに行くのが
なんとまぁ、たのしいったら。
さらに、子が現れてからは、もっとたのしい。

出不精のわたしのはずが、これはどうしたことでしょう。


というわけで、出版社でともに働いた(叱られた)先輩の
結婚パーティーに行ってきました。

日曜日、16:00、銀座です。イタリアンです。



お支度は、こんな具合(↓)。自宅でタイマーで撮りました。案外、いいぞ。


ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-party

※用はないと思いますが、クリックで拡大します。
 (私の後ろにいるのは、ネコ=秋山さん)



わたしは、ずいぶん前に、イッセイミヤケのファミリーセールで手に入れつつ
あまり着る機会のなかったニットのワンピースドレス。
彼と息子は、わたしのラベンダーカラーにそれぞれ、ネクタイとカーディンガンで合わせてもらって、
親子3人 ザ・春の宴、というかんじ。
ちなみに、親子3人、髪形を右わけの7:3で統一してみました。


せっかく着飾ったので、早めに出て歩行者天国をぶらぶら。
ちょっと寒いけど、たのしいっ、たのしいっ。



ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-party2

※もちろんこれも、クリックで拡大します。


え?化粧が濃い。
はい、作り込みましたよ。せっかくだもの。うきうきだもの。


ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-party3

アイカラーは、ルナソルの新色 を試しました。いいですね、これ。
ラメが品よくなじむ。私が使ったのは、[05]です。



いやー、たのしい。たのしいぞー。
と、結婚パーティの模様は、うっかりビデオにしか撮ってなかったので
ご紹介できないのですが
パーティでは、みんなと、みんなの彼(夫)に会えたりしておもしろかったです。


いまどきの女性にとって、子育てって、大変だったりネガティブなイメージも多いと思います。
(わたしもそう思っていたし)

でも、ほら こういうところに楽しさってすごくすごくあるのです。
これは、そう言わないとやっていられないから とは、ちょっと違うと思う。
この浮かれ具合、どうしたら正しく伝わるのでしょう。





AD

□ ホワイトリボン!


先日、ジョイセフの報告会 というのに行ってきました。

ジョイセフ というのは、
「世界中の女性が 安全に赤ちゃんを産み育てるための支援をする、
ニッポン生まれのNGO」。

すぐ、意味わかります?私は最初わかりませんでした。安全に赤ちゃん?という感じで。


では、いきなりですが数字、いきます。
お産が原因で亡くなる人って、だいたいどのくらいいると思います?

おおむね、15,000~20,000人に一人、だそうです。

この数は、多い感じがしますか?少ない?
女性にしてみたら、他人事じゃないですよね。
産むだけで20,000分の1の確立で亡くなるなんて、
どうかわたしには、あたりませんようにっていう話です。

でもこれは、日本の数字。
ナイジェリアは、8人に1人が、お産が原因で命を落としてしまうのだそうです。


8人に1人って言ったら、産婦人科の待合室にいる妊婦さんのうち
2人くらいが、半年後には いないイメージです。

ないですよね、そんなの。あったらいけない。
でもある。それをどうにかしようというのがジョイセフさんです。



先日の報告会は、
ninpsもお世話になっているバースコーディネータの大葉ナナコさんが、
タンザニアへ実際にでかけて、見てきた現状のレポートだったのです。

レポートはこちらから>>
(今月号のVERYを持っている人は、VERYをご覧ください。詳しく出ています。)

大葉さん、きっとすっごい多忙なのに、仕事の時間を空けて
おまけに自費でタンザニアに行ったそうです、なかなかできません。
(出かける前日、ninpsの原稿を送ってくれました。あすからタンザニアです!って言って!!)


会場には、冨永愛さんやninpsでもお世話になっている一色紗英さんやヴィリーナの青木さん、
企業では、西武そごうさんなどもいらしていました。
みなさん、ジョイセフさんを支援をする人たち!


レポートの中で教わったのですが、日本は、世界で一番、安心してお産ができる国だそうです。
すごい。
わたしたちは、産みたくないとか言っているけど、じつはこんなに恵まれている。
不景気とか何とかあるけれど、こんな肝心なところが世界一です。

だから、日本に生きるわたしたちが
できることってあるのかもって思いませんか?


遅ればせながら、ninps&ミー も
マタニティを応援する媒体として、ママばっかしカンパニーとして
ジョイセフさんのホワイトリボン活動に参加したいっ、

というわけで、善は急げで
さっそくきょう、ジョイセフのミッチさん
あってきました。企画の内容はまたそのうちに、ふふふ。
こんなことができるのこそ、起業のだいご味、仕事っていいなぁって思う瞬間です。



うちの会社は、ママが5人、パパが1人。
みんなの子供を合わせると、8人。
8回の無事なお産で、いま、みんなで わいのわいの と、働いています。


できることは、お金もそうだけれど
まずは、知ることだったり、知ったら広げることだったり
もっといえば、ちょっと考えてみることだったり
安心して産めることについて思いを巡らせてみることだったり です。きっと。















こんにちは。
まだ、ツイッターに乗り切れない35歳です。ええい。

本日、共同通信さんの「子育てさがし」という連載に
出していただきました。

 どーんと丸ごと1ページ>>


弊社発刊のマタニティ誌「ninps」のことは もちろんですが

それだけでなく
わたしのこと わが家のこと わが社のこと も お話をさせていただきました。
ついでに、目じりで年齢も表現しています。


一般的に
「仕事とプライべート時間のメリハリをつけよ」 という人が多いですが

私の場合、10年以上のトライアルの結果わかったのは、
公私混同が いちばんしっくりくるぞ ということ。

マタニティ誌「ninps」と、わたし自身と、わたしの家族と、そしてもちろん会社の方針、
スタッフのみんなのお仕事スタイルは、限りなく イコール です。
誌面でだけキレイ事をうたっていたって、そんなの現実的にできないことが含まれる、
ウソになってしまうじゃない。なーんて。

ま、競馬でも投資でも一点集中は危険なんですけどね。


「ninps」は、
どたばた彼と二人、1歳児に振り回されつつ暮らしながら、生み出し
スタッフみんなも、お迎え時間を気にしながら右往左往しつつ企画を出し、記事を書き、
ふと、子どものことを思い出して、話に夢中になったりして
そうやって、働くママたちの気持ちに寄り添って作っています。今後もね。

だから安心して読んでほしい、働く女性のためのマタニティ誌です。



そうそう。
編集部みんなの声もふくめ、じっくり丁寧に取材してくださった共同通信・城山さんに感謝!
(取材の時、一緒に写真を撮ればよかったな、と)