□ 逆説的、教育法


【 トップページ へ】


タイトルの割に、中身が ばかっぽかったら ごめんなさい。

書く前から 謝っときます。


ブログはあれですね、バカ露呈 甚だしい。

ブログのおかげで とれた仕事もありますが、おそらく その影で

ブログのせいで おとした仕事も40個くらい ある気がします。ま、いっか。


(↑タテに読んだらブブブ)




さて。

取材をしていただいて、はじめて 「取材され側のキモチ」がわかり、

以降、取材記事のチェックに、厳しくなりつつあります。


取材記事は、読者にまともなことをお届けするだけでは 33点で、

クライアント(もしくは編集長)の納得 を得てようやく合計66点。

ほいで、

話してくれた人の「ほんとう」を 正確に拾って⇒伝える。ここまで できて やっとこ100点なのですね。


客観的にみると当たり前ですが、

これがなかなか難しい。


おまけに、駆けだし編集者が学ぶのは、多くのばあい 上2つ。

66点分だけです。

おもしろけりゃー(役にたちゃー。お金になりゃー)いいわけです。

意味ないわね、まったく も。




も1つ。

会社を作ってみて、はじめて 会社にとって必要な働きっぷりが

わかりました。

評価のされポイントとか、自分のキャリア形成ポイントとかも。


これは、わたしがアホなだけで、

みなさんとっくに気が付いているのかもしれませんが。


それでも、こっち側に来てみると

いろんなことがよくわかります。


なぜ、年間2億もとってくる営業さんの年俸でも、せいぜい700万なのか。

なぜ、辞めたい というと引き留められがちなのか。

なぜ、目標は年々高くなるいっぽうなのか。

なぜ、がんばっているのに評価が付いてこないのか。

なぜ、あの人が昇進していたのか。

なぜ、あの企画は通らなかったのか。


など。




そうそう。

おかーさんも、言います。

子供を産むと、親の気持ちがわかる。とか。

それも、おんなじことなのかもしれません。


たしかに。

両親が離婚して初めて、片親魂は わかりますし、

妻子ある人に 恋をしてみて初めて、あの苦しさもわかります。

二日酔いって、そういうことだったのね、ってのは18歳の時 (あ、いけね)。

などなどもろもろ。


経験とか、立ち位置が

「なし」→「あり」へと変化しただけで

すーっと、いままで分からなかったことが 伝わってくる。

パンシロンやら、バファリンの 溶け具合に匹敵。


先人の教えが、合っていたことも わかったり。



ってことは、あれですよ。

観てない映画を 批評するなど 無礼の極み。ぶれいものー。


パチンコしたことないくせに、

パチンコする人を嫌ったりするのも、案外NGかも。

たばことかも、しかり。




逆説的に わかることが 結構あるところを見ると。

たとえば、みんなも政治とか やってみたらいいのかも。

文句ばっかり言っていないで、とりあえず、やってみろ と。



さっき、選挙カーを見ていたら

なんだか近頃、「政治」と「経済」って

ぜんぜん別の生き物になってる 気がしない? なんて、大人みたいなことを 思ってしまったので

生意気な自分に、ダメだし含め。





あー。クライアントからの、原稿戻りが遅れておるがや。

はやくかえしてー。


戻り待ちの気持ち、おしえたろかー。われー。







AD

□ ジョン・メタボルタ


【 トップページ へ】


いえ、タイトルに 特に意味がありません。
リズムがよかったので、書いてみたくなっただけです。B型なので。


弊社の、編集最高責任者 フクロウ が、
ダイエットをはじめました。

理由は、簡単。メタボったからです。


わたしども、今年の初めに子ネコを2匹もらってきたのですが
 ↓
フクロウは、そいつら、もとい、その子たちのことが、あんまりにもかわいくなって
 ↓
絵にかいたような、親ばか街道を突き進み
 ↓
ついには、ネコたちのために煙草までやめて
 ↓
結果、太ったのです


わたしの片頭痛のためには、決して煙草をやめることはできなかった、フクロウ。
おそらく、罰があたった… ざまぁ見…

もとい、
猫のために、大好きな煙草だってやめられる、
こころ優しいマイダーリンです。



ともかく、フクロウは、ダイエットをはじめたのです。

その様子は、「フクロウブログ 」にて、随時、ご覧ください。


まだ2日分ですが。
あえて公開して、プレッシャーをかけてみます。



あ。そうそう。
フクロウブログを読むと、とある フィットネスのプログラムが登場します。
まじダイエットを考えているなら、必見です。

なかよく させていただいている、森さんのスーパープログラム。
ただ痩せるんじゃ、ありません。
なりたいカラダに、なるのです。すなわち、ボディデザイン。

ストイックさも、不要です。大事なのは、きもち。
そんな、あたらしいプログラムです。


ハゲは、治らないかもしれませんが
デブは、必ず治ります。森さんと一緒なら。


と、世界中に証拠提示をするためにも、フクロウには 頑張ってほしいものです。



最後になりましたが、本日のメインイベントです。
女性陣のみなさま、お待たせをいたしました。
メタボったフクロウの写真や、わたしの生涯ナンバーワン写真には もう うんざり。
そんなあなたのための、コーナーです。

森さんの肉体美を、とくとご覧ください。
 「森さん特集をつくりました。魅惑のメタボ特集よ




※お友達のみなさん、節度あるコメントにしてくださいね。
 先に言っておきますが。








AD

□ われながら、名言か。


【 トップページ へ】


先日、取材をしていただいた時に

ふと出た言葉


「会社員より、社長のほうがラク」


結局、原稿では これを タイトルにしていただきました。



職業柄

キャッチーなコピーを 作ったかのようですが、

そうではなく 本当にそう思って。



だって、ラクだもの。



いえ、そりゃ、

責任とか、恐怖とか、プレッシャーとか、不安とか、

夜中にハッと眼が覚めちゃうこととか、増えもしないのに、何回も 電卓を叩いてみちゃうこととか

あります。ありますよ。2回言うくらい、ありますよ。あ、3回。



でも、それ以上に

自由です。



給茶器のお茶がまずかったら、銘柄 変えちゃえばいいし

嫌な上司は、もちろん ゼロです。

無駄な会議には出なくていいし、

業務報告書とか、査定とかもないです。おれさま査定。

出る杭でも、打たれません。むしろ、出っぱなし。

得意先にセクハラされたら、「おさわりか お金か」自分で選べます。



いつだって、子供を産んだりできそうですよ、マイ産休制度にて。

お金が欲しければ、倍 働けばいいんです。

暇が欲しければ、休めばいいし。


ダメだった時も、問題は、自分の非力だけです。

人を呪ったり、環境のせいに しないですみます。




なにもかもを、手に入れるのは

簡単なことではないけれど、


大きな会社にしようとすれば

またちょっと違うのかもしれないけれど、




でも、すくなくとも、自分で自分を 選ぶことができる。

シンプルでわかりやすい 働き方です。


証拠に、

お金がなくなって、倒産することはありますが

会社がうまくいっているのに、サラリーマンに戻る人はいません。




ちなみに、うちの 父さんは、カレー屋さんです。


面倒くさい日は、遅刻するし

機嫌がいいと、ご飯の 「盛り」が 増し、

嫌いな客のは、辛さが倍増します。


暇だと、パチンコ行くし、

もっと暇だと、ナンバーズの予想とかして遊んでいます。鼻毛切ったりとか。

高校生を占って、キャーキャー言わせたり

 (あ、父はカレーではなく、占いで客引きをします。カレーには自信がありません)


まったくもって、やりたい放題です。



それでも。

40代で脱サラ後、15年くらい続いています。



おおもうけ、は できていませんが、

きっと娘に 遺産とかも残してくれませんが、

はたして、激務だったサラリーマンで居続けたら、おおもうけできたのかといえば

そうでもなく。



年金とかの微妙さを差し引いても

たのしそうに見えます。



………………


起業について、「すごいね。」「りっぱね。」と

言われちゃうこともありますが、

じつは結構、心は平和にやっています。


好きなことや、ラクちんをして、生きてゆけます。




と。来年もまた、言っている自分だと良いです。

決算月に、振り返ってみた次第であります。





AD

□ うちのケミヤさん


【 トップページ へ】


ケミヤさん(仮名)は、弊社 初の採用人。
週に2日。派遣さんとして、通ってくれています。


ケミヤさんは、りっぱです。
だって、ママだもの。


いえ、わたしのママじゃなくて。



お家に帰れば、ちびっこふたりがいるのです。

ちびっこと遊んだり叱ったり、
だんなさんのご飯を作ったり、
そんな日々のかたわらで
記事を書いたり、企画案を手伝ったりしてくれます。

すげー。
ひとり何役?



そんなケミヤさんですが、ついこの間。
みんなでブログパーツの話をしてたら、

「わたしのおすすめは、これです!」

と、自信たっぷりに あるブログパーツを紹介してくれましたが
見ると

ヒデキカンレキ 」という、
西城秀樹の還暦までをカウントダウンするツールでした。
     ちなみに今から 2832日だそうです。


ケ、ケミヤさん …?


そりゃそうです。

弊社に、自社サイトもブログも見た上で 来てくれたわけですから、
勇気ある、もしくは なにか大切なネジが抜けている

そのいずれかに該当する人物です。


というわけで、わたしどもとケミヤさんは、
日々、共通言語で話ができます。

ケミヤさんが、わたしに合わせてくれているのでは?という疑惑もありますが、
そんなことをしたって、
ケミヤさんには、一銭の得にもなりませんし。たぶん。


ナイスマッチングな紹介をしてくれた
派遣会社さんにも感謝。


あすは、ケミヤさんが来る日です。
なにしてあそぼー。



□ されてみました、取材。


【 トップページ へ】






いまさらのご紹介で恐縮ですが

わたしども、インターネット上の記事をつくる会社であります。


ネット版、編集者といったところです。


ネットの世界では なぜか

コンテンツディレクターとか、メディアプロデューサーとか

呼ばれる事が多いですが


なんのことはない。編集者です。


というわけなので、

普段は、記事の企画案を練ったり、取材をしたり、ロケに出かけたりが

主な仕事となっております。

あと。もちろん しゃちょう業 も ですが。


ホームページとかは、あんまり作りません。

だって、編集者は、会社案内パンフレットとか、あんまりやらないじゃないですか。

その分野に秀でた会社さんがたくさんありますし、そのほうが良い。もちはもちや。





前置きが長くなりましたが。


そういうわけで、取材には慣れているつもりのわたしですが

今回、はじめて取材を するのではなく、していただきました。


ある媒体の編集長さんと知り合うきっかけにめぐまれて。


被取材。受身の取材。



浮気は するとされるじゃ 大違い。

子育ても するとされるじゃ 大違い(らしい)。

告白も するとされるじゃ 大違い。


といったように。

取材も するとされるじゃ 大違い。 でした

これは、はっけん。



初の取材を、このひと にしていただいて

よかったな、と心から思える取材でした。



わたしも、わたしの会社も

そういわれる、インタビュアー・編集者を目指したい。




記事はコチラ>>

自由形の人生 25/100  



載っけていただいた媒体は

フリースタイルライフ 」 ~人生に勇気をあたえる、webマガジン~


インターネットには、極稀な 

メッセージある「メディア」です。 ツールばっかしだからね。およそは。




おっと、読んでも ひかないでよ。