□ 近視傾向、スモッグ。


【 トップページ へ】






反省すべきこと ・ 振り返り修正すべきこと ・ 未熟さ ・ とんずらっぽいもの ・ 不義理
などなど…、たりておりません、わたし。


も少し、仕事もプライベートも暮らしも
ていねいに扱いたいものです。
これまでは、比較的、ていねい自慢な日々だったのに。


それは、
半年間
直前ばかり見て走り続けた ツケ? 
はたまた、会社創りとは そういうものでしょうか。
それとも単に、わたしの手抜きか。怠慢か。

あー、わたしの足らなさで
人に 悲しんで欲しくは ありません。


人には
よろこんでほしいです
心配させないで いてあげたいです
サプライズを届けたいです


なのに。
チカラ及ばず、むねん。



クサクサしていてもあれですし
ひとまず、

ディズニーシーへ。なんとなく、いきおいで。

sea


事務所から、たったの20分ばかりでした。案外、近かったです。
 今度はぜひ、ご一緒に。



さて、
ウォールトさんは、りっぱです。

だってほら、来ている人が、みな笑顔でした。
(↑私も、例にもれず笑顔)

いくら裏方が必死でも、ミッキー汗だくでも、
その姿は 見えず、来た人は、みな笑顔。
こうありたいです。


その間、
フクロウ(弊社、編集責任者)は、
どうしていたかというと


やっぱり

sea2

ディズニーシーへ。(笑顔です ↑)

煙草をやめたら、太ってしまいましたが、
カミナリさまでも、まして、高木ブーさんでもありません。

弊社の、編集責任者です。

こんな姿ですが、
クリエイティブは、大丈夫です。案外、やります。



今週と来週は、少し予定が緩めです。
遠い眼をして、遠くを見るのに 良いチャンスかと思います。



AD

□ 深く、いや 不覚。

【 トップページ へ】






いまさらながら、「7つの習慣」その2の
『7つの習慣 最優先事項』 を 読み中。

共感多々。(まだ、途中だけどね)
けれど、1つだけ気がかりが。



恋愛中は、どうすればよいのでしょう。


最優先事項だの、時間だの、羅針盤だの の
一切合財が、すべて不要に見え、目の前に、お花畑だけが広がってしまう
そんな、
恋愛中は、どうすればよいのでしょう。


恋愛中だって、じつは

会議もあるし
夢は追いたいし
本も読みたければ
冷たい白ワインも飲みたい。

英語も話せるようになりたいし
査定会議で やられたくはないし
お母さんは 大事だし
ほうれいせんも気になる。

けれど、恋愛中は
それらすべてが、なぜか一瞬、霞んでしまい

24時間のすべてが
「あのひと」 へと むかってしまう。

葉っぱ達が、太陽だけを追いかけてしまうみたいに。
すべてが、2番目以降に、いえ、1番以外は存在しないみたいに。

爪を塗ったり
「あのひと」が好きだと 言った本を何度も読んだり
あたらしい香水を買ったり

そんなことだけに、時間をついやしてしまいます。



そんな、恋愛期間中に、人生を踏み誤らないための法則は
だれも語ってくれません。

『7つの習慣』にも、注意書きに

※ただし、恋愛中に、最優先事項を見極めるのは無謀。
 ひたすらに、その恋愛に溺れましょう。
 そして
 そこからくる、結果 は、
 あまんじて受け入れましょう。

とか、書いておいてくれたら 安心できるのに。 え、これ逃避?







さて。
弊社は、『恋愛系IT企業』です。

わたしはあくまで

 日々恋愛。ときどき しゃちょう 

で (いたいと願っていま) す。



そして 今日のおひる
不覚にも、ゼクシィの新しいコマーシャルで、一瞬、涙。


アラいやだ奥さん。
結婚に、いまさら夢とか見ちゃうなんて。

AD
パワーのかかる仕事がひとつ着地。おもしろかった。


でも。着地してみてわかったのは、
わたしってば、ちょいと緊張してたのね。いやん、ちいさいやつめ。


いつもの仕事を、「映画」にたとえるとしたら
今日の仕事は、「生放送」。

前者は、準備を重ねて、こだわって撮り、まちがったらもう1回。終わった後も 編集などなどできちゃうが
後者は、いっかいこっきり。失敗したらさよーなりー。 しかも、とびきりをやらなくちゃ、いけない。


とはいえ、そういうことも
日頃から、あるには あるので

べっつにぃ~。

とか余裕でいたのですが、
やはり、生放送的重圧に
わたし、ちょっと緊張していたみたいです。しかも、おとといくらいから。

えへ。かっちょわる(笑)


そうそう。今日の仕事には、
弊社がもっとも信頼している、書き手が参加してくれました。

ゆうこねーさん。

   完璧。(キラリン)
   


前から、うすうす わかっていたのですが

すごいことができる人は、

すごいことができる、才能やらDNAやらは もちろん
すごいことができるようになるための、プラクティスもでき、
さらに、すごいことを見せるのにちょうどよい場面を、ちゃっかり引き当てちゃったりもして、
おまけに、すごいことを決めなくては いけないシーンで、ばっちし決められる

これが、ほんとうの すごい人 なのですね。

才能があるだけじゃ、たらない。
もちろん、プラクティスだけでも 限界はある。
運もね。ハートの強さもね。


再来年くらいの目標に「すごい人になる。」を
おきたいなぁ。

ひゃー。つかれた。たちっぱなし。




※企画は、6月18日に、ゴー! 
  6月18日は、2本まとめて、ゴー!



AD

□ もっとも哀しいお話とは

【 トップページ へ】






わたしにとって、もっとも哀しいお話は

ごんぎつね でも
ギリシアのイカロス でも
岸壁の母 でも ありません


人や自分の 命がなくなってしまうということに、もちろん 絶望はあるけれど
でも、これは、生まれた時から
だれもが どこかで 覚悟している問題。周知の事実。

いいかえれば、「しかたないのだよ」と 常に聞かされている お話のようなものです。

いつか消えてしまうものだからこそ 大切にね、と 
へっぽこ気味の 学校でも、ちゃんと教わったりします。


今日現在、死んでも死なれてもいないタイプなので
やたらなことは言えませんし、
実際に起こってみたら、撤回するかもしれません。
やっぱりもっとも恐ろしいのは 命が消えるお話ですね、と。



それでも、いまのわたしにとって
もっとも哀しいお話は

たしかにあった、なにかしらの感情が
すっかり消えてなくなってしまうお話。



ごく普通の日常で

たとえば、11時頃の「今日のお昼は、パスタだな。いや、煮魚定食かな」の瞬間とか
      15時頃の「眠みぃぞよ。超 眠みぃぞよ。」の瞬間とか
      18時頃の「19時集合。お化粧直しに15分。ってことは、あと20分で会社を出発」の瞬間とか
      23時頃の「新しいシャンプー買おーっと。ついでにサランラップもないや」の瞬間とか

そういう、ありふれた瞬間の 延長線上のようなタイミングで

ふっ

と、きえてしまう感情のお話。

マカロンより、口どけよく
気がついたら、「もうありません」
まるで、スリにやられたみたいです


いえ、誰にも消す気なんてないはずだったのに。
強い、強い感情でしたし。
なのに消えてしまった。 そんなお話。


たとえば、恋の歌なんかが、季節にたとえられるのは
ほんとうによくできていて


ふわっとして、ぶわっと情熱UPするくせに、すぐに落ち葉で、最後に木枯らし。さようなり。


さみしいなぁ、とおもった矢先に
でもまたちゃんと、春が来る。来てしまう。

それがまた、どうにも哀しい。
消えるところに、輪をかけて哀しい。



恋が消えても、愛情は残る、といって
なぐさめようとしてくれる人もいますが
それは、甚だうたがわしいロジックです。背理法でも証明できまい。

諦めとか、自己納得とか、義理とか、見栄とか、やり直しにおけるパワー不足とか
そういうものを さっぴいても、愛情が残るのかといえば。
摩擦なしで仮定して計算する物理は、ウソっぽいように。


憎しみが消えて、憐れみが残るのかといえば
それもまた、うたがわしい。


今日は、貧血気味なので やっかいな人になっていますが、わたし。
こういう日に思ったことも、きっとわたしの一部ということで
むりやりまとめに入ります。


感情のように、形ないものは
こうして、文字やらで残しておかなければ。
せめてわたし本人だけでも 覚えていてあげなければ。


と、いくら嘆いてみても

ママーズは、
「やーねー、アンタ。まだそんなこと言ってるの。子供を持ったら変わるわよ」
と、断言。ミラクル。


がるるるる。












【 トップページ へ】





「ブログ見ましたよ」 といわれるのが
なによりうれしい32歳。

ふだん作らせていただいている広告のほうが
よほどたくさんの人が 見ているのに おかしなものです。
アイデンティティ姫。(姫か?)


さて。

青田典子さんが、なんだか大変なもよう。
美人だし、快活だし、けっこん くらい、いいじゃん。減るもんじゃないし。
とか。


そうそう。
じつは先日、取材をさせていただいたんですよ、青田さんに。
ちょうど、今週から掲載になっています。



そんなニュースを、ワイドショウで見ていて
ふと不安になったことが。

勘違いや、誤解があるといけませんので、改めて言っておかねば。これを、みなさまに。

(コホン)
 申し遅れていたかもわかりませんが
 わたしも 結婚していたことがあり、離婚歴があり、いま熱愛中です(別の人と だけど)。



…よぉし、これで、どんな取材も、ばっちこい。

今がチャンス!
謹んでお受けいたしまするよ。