2007年05月03日 01時09分30秒

バベル

テーマ:映画

菊地凛子アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、日本人女優としては史上2人目と騒がれ、話題の「バベル」映画

映画「バベル」ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピク...

賛否両論極端に分かれる映画っぽいですね…

観る人によって感じたりすることが違うのが顕著なのかなと思いますひらめき電球

重厚なテーマを扱ってるので、伝えたいことが難しくて伝わらなかったりするのがそこに影響を与えてるかなと…

個人的にはちょっと演出が激しすぎるかなと思うところもあり、本当にこの映画にその演出、場面が必要なのかという疑問を感じたりするところもありましたあせる

ただすごくいろいろなことを考えさせられる、観終わった後も強烈な印象と余韻が残る映画でしたカチンコ


4つの言語で描いたこの「バベル」の世界は本当に斬新で、見事に誰しもが叫びたくても叫べない、人の心の奥のどこかに必ずある叫びを描き切っているように思う。

改めて人間のちっぽけさを感じました。自分の中にも世界があって、でも自分の外には現実の世界があって、1秒1秒いろんなところでいろんなことが起こっている。それは幸せだったり、悲しみだったり…

そうすると自分の存在ってといろいろ考えてしまう不思議な作品。


その現実を改めて突き付けられた時、あまりにも残酷で気持ちは沈むけど…考えざるを得ない。


人間って複雑ですよね。

思ってることは言葉にして口にしないと伝わらない。

言葉にしても、その人が思ってることそのままは伝わらない。

その思いを推察することはできても、本当に合ってるか保証はない。

だから人は自分の心を受け止めてくれ、より理解してくれる人を探し求めるのではないだろうか…


とか、ちょっと思ったり考えたりしたことを書いてみました。


菊地凛子の登場シーンは4分の1程度ですが、聾唖の少女の行き場のない揺れ動く思いを見事に表現していて、見応えがありました。

「バベル」来日記者会見で、「世界を○○で繋げたい」の○○に当てはまる言葉というテーマの記者からの質問に、「許し」と書いた菊地凛子さんの回答とコメントに、とても共感できます。


テレビで流れていたCMは、ストーリーが重い印象を少しでも払拭しようとの試みで作られたCMらしいですが、その「バベル」をPRするCM がこれまたおもしろかったのもよかったです。特に部長編を初めて見た時はその下らなさに笑えました。


これから観に行かれる方へ

観に行かれる際には、ニュースでも話題になっていますが、上映されてから1時間20分程経った頃に菊地凛子演じるチエコがクラブで踊るシーンで、光がチカチカして、音響効果が激しいシーンがあって、そこで気分が悪くなるかもしれませんので、直視することを避けるなど注意されるといいと思います。

配給会社から公式HPでも注意がなされています。

自分もちょっとそのシーンが思ったより長く想像以上に激しい演出で、確かに気分が悪くなるというのもちょっと分かる気がしたので、時々目をそらすようにしました。


壮大で深い、でも一人一人の近くにあることをテーマにしたいい作品だと思います。


参考リンク:バベル公式HP

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年05月02日 21時23分53秒

ラブソングができるまで

テーマ:映画

今何かと話題性のあるこちらの映画、「ラブソングができるまで」です映画

オリジナル・サウンドトラック「ラブソングができるまで」

ドリュー・バリモアは先日アメリカの雑誌の「ピープル」が選ぶ”最も美しい人100人”No.1に輝きましたクラッカーキラキラ
ヒュー・グラントも先日パパラッチといざこざを起こしてしまい、逮捕されてしまうなどいろいろな意味でさらに注目されている二人が主演の映画ですカチンコ

自分はラブコメというジャンルが好きな上に、この作品の邦題が好きな感じで、さらにラブコメと言えばのヒュー・グラントが好きな俳優なのでとても観たい作品でした。
原題は「music and lyrics」というタイトルですが、「ラブソングができるまで」という何とも分かりやすいのとそのバックグラウンドを深く感じさせるタイトルにまず惹かれました音譜

さてこの映画ですが、80年代の曲という扱いで様々な音楽が流れますが、とてもキャッチーで結構好きな感じでよかったです。

劇中でヒュー・グラントとドリュー・バリモアが二人で作る歌「WAY BACK INTO LOVE」、そしてヒュー・グラントがPop時代に歌っていた歌「Pop! Goes My Heart」なども本当にいい曲で家でも聴いていたいですねヘッドフォンできることならヒュー・グラントの面白おかしいダンスも観ていたいですね(笑)歌詞もよかったです(「WAY BACK INTO LOVE」の歌詞はこちらこちら「Pop! Goes My Heart」の歌詞はこちら 、というかサントラ「ラブソングができるまで」の収録曲の歌詞はこちら )ビックリマーク

ってことで正直サントラ欲しいです…CD

そしてやっぱりドリュー・バリモアはキレイでかわいいし、ヒュー・グラントも雰囲気があってかっこいいですアップ


自然に肩の力を抜いて、楽しめる映画というのでしょうか。

自分の中では映画というのは、普通のテレビなどとは違って、よし観るぞというちょっとした心の準備というか張り切りが必要なものなのです。

それでもラブコメディは気付いたらストーリーに引き込まれていて、気付いたら笑ったり共感したりしている。

この「ラブソングができるまで」もその通りで気付いたら先の展開が気になっていて、ストーリーに引き込まれ、笑ったり共感したりしていました。

そして、毎度ラブコメを観た後は、ちょっぴり幸せでほんわかと温かい気持ちになれるのです合格


参考リンク:ラブソングができるまでオフィシャルホームページ (音が流れるので音量等注意して下さい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月22日 23時57分26秒

もしも昨日が選べたら@試写会

テーマ:映画

久しぶりの記事ですね冷や汗

タイトルからして期待していて観たいと思っていた映画でした音譜

そんな時に友人が試写会当たって、観たいって言ってなかったっけと誘ってくれたので、試写会に行ってきましたビックリマーク

最近テレビでも予告が流れている「もしも昨日が選べたら」という映画ですテレビ

予告にも出てくる”リモコン”がポイントになってますひらめき電球

個人的には結構楽しめましたアップ

コメディの要素も入っていて、かつ泣けるポイントがあって、笑えて泣けて思っていた通り個人的に好きなテイストの映画でしたキラキラ

笑って泣いて、まんまと映画制作者の思い通りになって、いい客になってました天使

主人公マイケル・ニューマン役のアダム・サンドラーもさすが主役らしくいい味出してましたグッド!

が、その妻ドナ・ニューマン役のケイト・ベッキンセールはすごくキレイでしたブーケ2

後は息子ベン・ニューマン役のジョゼフ・キャスタノンと娘サマンサ・ニューマン役のテイタム・マッキャンもかわいくてよかったですねこへび

所々に出てくるサンダンスという犬、下ネタですけどいい演技(?)してます(笑)わんわん

生きていく上で大切なことを改めて考えさせる作品になっていて、共感できました宝石ブルー

個人的には思い出の中の記憶を鮮明に思い出したい時があるので、過去に限って、過去の体験をもう一度見れるリモコンがあったらいいなとは思いますが…

興味がある方はぜひ観に行って下さい!!

9月23日公開なので明日公開ですクラッカー


とりあえず最近思うことは、映画観て泣いちゃう時はひどいと嗚咽しそうになって、声は抑えられるんだけれど体が揺れちゃうから映画館の椅子繋げるのやめて欲しいなぁってこと(笑)


「もしも昨日が選べたら」公式サイトhttp://www.sonypictures.jp/movies/click/site/index.html

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月03日 00時16分57秒

UDON

テーマ:映画

8月26日、「UDON」 がついに公開されましたクラッカー

1週間編集部
UDON オフィシャルガイド

試験がなければ観に行きたい映画の一つですテレビ


実は昨年の夏、讃岐うどんを一つの目的に据えたツーリング一人旅を敢行し、数軒巡って食して来ましたラーメン

それから讃岐うどん大好き人間ですビックリマーク幼い頃にも四国を旅行したりしてますので、たぶん食べたことがあるのですが、やはり物心ついてなかったのか覚えてないのです。

が、昨年の夏の讃岐うどんは今も鮮明に記憶に残っていますナイフとフォーク


一人旅でしかも「おいしい讃岐うどんを食すこと」を旅の目的の一つとしていたので、前もってツーリング雑誌やネットで調べた評判の店を数軒回りました。

時間の関係(フェリーが昼過ぎに到着したことと四国のうどん屋の開店時間が朝から昼までという短い時間のため)や本場の四国の讃岐うどん屋の分かりづらさ(四国のおいしいうどん屋は民家と同じ構えの所が多いのです…今夏はUDON公開もあり、行列が長くなっているようですが、自分が行った頃は行列を目当てに見つけることは不可能でした…有名店でも行列なし…お陰で食事はスムーズにできましたが)もあり、本当に食べたい一部の店しか回れませんでしたが、今も最高の思い出です晴れ


その中で一番讃岐うどんとして普通のうどんとの違いを自分の中に植え付けてくれたのが宮武うどん店 です。

もともとそばかうどんかと言われれば、うどん派だったのですが、うどん贔屓でもさらにうどんの概念を変えてくれました流れ星

ここにはどうしても行きたいと情報収集の段階から思っていて、時間の関係で行けなかったのですが、ここまで来たんだからどうしても行きたいと予定変更して近くに一泊。そこで1368段にもなる長く続く参道の石段が有名な金刀比羅宮 にお参りして、長くバイクを運転して疲れた体をゆっくり休め、朝も早起きして大浴場へ行き、ホテルの朝食も程々にし、楽しみにしていた「宮武うどん店 」へとバイクを走らせるのでした。

朝開店時間ちょっと過ぎくらいに到着したのに、もう店内には近所のおじちゃんおばちゃんと見られる方々が5,6人いて、楽しそうに談笑していました。朝ごはんにうどんというのが、四国では当たり前なんですよね。店に入るとその近所のおばちゃんが「店の者じゃないんだけどね。」と言いながら、優しくいろいろと説明して下さいました。こういう人との触れ合いで温かみが感じられたのもよかったです。そして、まだ大将が麺を打っているのを眺めながら、ゆったりとした時間を楽しむことができました。しばらくすると、待ちに待ったうどんが目の前に。念願のうどんですから最初から2杯注文しましたよ。しょうゆかけうどんと何かを注文したのを覚えています(笑)ここのうどんは麺がツヤツヤしていて、光り輝いているんです宝石白見ているだけでコシがあるのが分かる仕上がりですひらめき電球そりゃ朝から大将が愛情込めて打ってるんですから当然ですよね。今では珍しい手切りの麺ですし。味はもちろん最高でしたビックリマーク目でも楽しめ、食べて楽しめ、大満足でしたアップ


そう、うどんと一口に言ってもいろいろ食べ方がありますが、自分は釜玉が一番好きな食べ方です。たまに自分でも作ったりします。丼に卵を溶いて、茹で立てのアツアツのうどんをそのまま入れ、ちょろっと醤油やダシ醤油をかければ出来上がりです。シンプルだけど、これが美味!!


でもやっぱり本場の讃岐うどんをあの田舎の景色に囲まれてゆったりとした時間の中で食べるのが絶対に一番ですキラキラ

また讃岐うどん巡りツーリング行きたいな~…とりあえず「UDON」観に行きたいなぁ…ちょっと試験の嵐から現実逃避したい今日この頃です(笑)走る人

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月13日 23時37分33秒

容疑者 室井慎次

テーマ:映画

― 容疑者 室井慎次 ―

松本晃彦, サントラ

容疑者 室井慎次(初回限定盤)


「容疑者 室井慎次」観て来ましたエクスクラメーション

いやぁ「交渉人 真下正義」に続いて、これまた踊るシリーズのスピンオフですね。

眉間にシワを寄せる室井さんエクスクラメーション 今回はあの室井さんがま、ま、まさか…です(笑)


今回の映画は今までの作品と作風が全く違うなと感じました。これが今世間でおもしろいという人とおもしろくなかったという人と二極化する要因の一つかなと思いました。

まぁ実際自分も少し物足りなさは感じました。何か内容に入ることはできるはできるんですが、気付いたら終わっている感じです。どこがヤマかあまりメリハリもなく、大事(?)なストーリーの大半が今回弁護士役で登場している田中麗奈のナレーションで進んでいくところが、なんだかなぁ~と思いました。手抜きというか淡々とし過ぎているというか…冷や汗

後、今回の作品で思ったことですが演出のためにわざと小声で話して、それを観ている側にもあえて聞こえないようにしているのが狙いなのか聞こえない場面が多かったこと、またそうでなくても登場人物の発音のせいなのか聞き取れないところがあったりして、そこも少し不満が残りました。


そして肝心の室井慎次こと柳葉敏郎ですが、今回も眉間にシワを寄せて、考え込む姿は印象的でした。存在感は相変わらずありますね。

後の登場人物の人たちについては…印象に残ってるのは田中麗奈八嶋智人くらいでしょうか…他にも筧利夫真矢みき哀川翔とかいましたが。観てない方は観て確認してみて下さい。


感想は、おもしろいですが物足りなさは残りますエクスクラメーション 個人的には、今回結構法律的なことが劇中にも出てきて、自分は法律を勉強しているので、その点についてもいろいろ思うところはありました。でも、弁護士はあんなじゃないので安心して下さい。

最後の終わり方も結局予想通りで、また次に繋げられる無難な終わり方だなぁと思ったので、また何か続くんじゃないかなダブルエクスクラメーション

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD


gogo.gs
パーツ提供:ALL外為比較

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。