川越なかよし幼稚園のブログ

川越なかよし幼稚園の先生たちが園生活や、子どもの様子、日々の雑感や気づきを書いたブログ


テーマ:

皆さんは、どんぐりを英語で

なんて言うかご存じでしょうか?


とても日常にあふれている物だけれど

実は英語でなんて言えばいいのか

大人でも、実は知らないっていうこと

結構あったりするものです



なかなか英語を日常的に使う機会が

ないと、こうした身近にあるものでも

案外しらないものです


なかよし幼稚園の子ども達は、

毎日の日常生活の中で

ネイティブのアメリカ人教師エリック先生と

過ごしています







そんな子ども達は、日常生活の中に

たくさんの英語が溢れていることを

ごく当たり前としてとらえています


今日も、たんぽぽ組のお友達が

園外活動PICにエリック先生と一緒に出掛けてきました








今日の目的はどんぐり拾い^^


アメリカ人のエリック先生と一緒にどんぐり拾いを楽しむ

子ども達は、自然な会話の中で

どんぐりという物体が「Acorn」だと気づいていきます


決してだれかが、「どんぐりはAcornっていうんだよ」

なんて訳さなくても、子ども達は

英語をそのまま理解し飲み込む能力があるので

しっかりと理解してしまいます







本当に、母国語としての日本語を吸収する時の

おなじプロセスをたどりながら

英語を理解している子ども達


秋のキラキラした日差し、

どんぐりを沢山みつけたという大きな喜び、

一つ一つのどんぐりが大きさや形が違うことに気づいた驚き


そうした沢山の色々な経験や想いが折り重なるなかで

自分の体験として身につけた英語の力は

まさに子ども達の深いところに落ちていきます


決してお勉強ではない、幼児期の今だからこそ

経験させたい英語環境を整えることで

未来の国際人がこの幼稚園から育ってくれることを

私達は願っています^^












AD
いいね!した人

テーマ:

今日は、11月生まれのお誕生会が

ありました。


なかよし幼稚園のお誕生会は

保護者の方もお招きして

盛大にお祝いしています


11月生まれの子ども達は

今日が主役の日!





朝から、どことなくソワソワ、ワクワク

している様子がとても可愛らしいです


そんな今日のお誕生会の様子を

早速お伝えしたいと思います







今日も沢山の保護者の方が

参加してくださった、なかよし幼稚園のお誕生会。


いつも通り、年長のお兄さん、お姉さんのかっこいい司会進行で

始まります




年長さんともなると

幼稚園生活のあらゆる場面で

自分の役割をもっていてお仕事をしたりしています


また、活動のあらゆる場面で

自分の思いをお友達の前で

お話しする機会があります


そんな経験をたっぷりと積んでいる、年長さんなので

お誕生会の司会も、ばっちりカッコよくできました



なかよし幼稚園のお誕生会では

司会の子ども達だけでなく、お誕生日のお友だち

そしていらっしゃった保護者の方にも

お話してもらっています


お誕生日の子ども達には、

好きな遊びをインタビューしたり、なんと英語での質問に

英語で答えてもらったりもしています^^


わが子が、かっこいい英語で受け答えをしている姿を見て

保護者の方々も思わずにんまり^^されていました




そして、保護者の方々には

子ども達へのメッセージなどをお話していただきました


子ども達の名前にこめた思いや、今の子ども達の様子

将来に向けての期待など、

子ども達への愛情たっぷりのコメントをいただくことができました


自分のお父さんやお母さんが、みんなの前で

自分のことを話してくれたという経験は

きっと忘れられない思い出になってくれるはずです











そんな、お父さん、お母さんに

誕生会では、子ども達からのプレゼントを渡しています


普段のお父さん、お母さんへの感謝の気持ちを込めながら

大好きなお父さん、お母さんの事を思い浮かべて

一生懸命作った、プレゼントです









「生まれてきてくれて、ありがとう!」

「お母さん、お父さん、いつもありがとう!」

そんな、嬉しい気持ちが行き交った

なかよし幼稚園の誕生会を、今日はご紹介しました!



AD
いいね!した人

テーマ:


なかよし幼稚園では、

学年の枠を超えて、年長さんも年中さんも、年少さんも

一緒になって活動を行う、異年齢活動を大切にしています。


かつては、近所の子ども達同士の交流の中や

家庭の中でも兄弟同士のなかで

年齢を超えた人間関係が自然とたくさん存在していました



そうした年長者や年少者とのかかわりを

通じて、色々なことを学ぶことができました

大きい子どもは小さい子どもに対して、優しくし守る

小さい子どもは大きな子どもに憧れる気持ちを持ち、感謝する


こうした一昔前までは当たり前にあった

異年齢の活動も、少子化や都市化の流れで

少しずつ少なくなっています。







なかよし幼稚園では、昔から

この異年齢での活動を教育の重要な柱として

位置づけています


今日行われた、焼き芋パーティーでも

3学年の子ども達が、みんなで一緒に協力しながら

おいしいホクホクの焼き芋をつくりました


今日の焼き芋パーティーの様子を

早速お伝えしたいと思います






先日、行ってきたお芋ほりに続き

秋の味覚を楽しむ行事として

今日は、焼き芋パーティーを行いました^^


年長、年中、年少の子ども達をそれぞれ

チームに分けて、それぞれのチームごとに

作業を開始します









お芋を洗うチーム、お芋をくるむ新聞をぬらすチーム

新聞をくるむチーム、アルミホイルをまくチームなど

それぞれに分かれて頑張っています


年中、年長のお友達は、

去年も行った焼き芋パーティーを覚えてくれているようで

手際よくお仕事を進めています


それと同時に、どうしていいか分からない

年少のお友達には、親身に優しく、丁寧に

教えてくれています








なかよし幼稚園では、この焼き芋パーティーに限らず

年上の子どもに優しくされた経験をたっぷりとしています

この経験が、年中・年長に進んで行ったときに

自然と年下の子どもに優しくする気持ちを育んでいくのです


優しさあふれるなかよし幼稚園の伝統が

今日も子ども達の心をすくすく育んでいます。


「やさしさ」と「おいしさ」がひろがる秋の

焼き芋パーティーをお伝えしました。










AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード