2013-10-28 05:33:36

真空コンクリート その4

テーマ:真空コンクリート工法
先週の続き。
スロープ床の真空コンクリート床工事。

コンクリート打設を終え、ゴムリングを埋め込み、特殊な真空マットを敷き真空ポンプでコンクリート中の水分を脱水し、
$中屋敷左官工業(株)-5

その真空作業を追いかけるように円盤コテをかけている所まで先週はお伝えしました。
$中屋敷左官工業(株)-8

せっかく埋めたリングが円盤コテをかけるにつれ、消えていっているように見えます。
$中屋敷左官工業(株)-12

大丈夫なんでしょうか?

そしていよいよ最後の仕上げ部隊が入ってきます。
円盤ゴテをかけたところをもう一度、最後は手作業で細かな凹凸を平らに均していきます。
$中屋敷左官工業(株)-45

そして両端に木製定規を置いて刷毛を真っ直ぐに引いていきます。
$中屋敷左官工業(株)-9

そして先が針のように尖ったもので、たこ焼きを取るようにクルッとゴムリングを取るんです。
$中屋敷左官工業(株)-10

これでようやく完成です!!
$中屋敷左官工業(株)-56

リングの目がきち~っと通っていて美しい!
$中屋敷左官工業(株)-67

コンクリート打設からリングを取り外すまでの一連の作業、これを40メートル延々と繰り返し作業をしていくんです。
$中屋敷左官工業(株)-15

コンクリート打設がすべて完了し、一番最初の作業であるリングを下まですべて入れ終えたメンバーは、今度は一番上から外し終えたリングを持って降りてきて、汚れたリングを洗う作業をしていました。
$中屋敷左官工業(株)-55

なんと効率的な作業計画なんでしょう!!合格

みんながそれぞれの役割をひとつひとつエラーなくきちんと行う事で初めて、この工事が上手くいくんです。
前日の「施工前会議」がとても活かされていましたね~
$中屋敷左官工業(株)-4

本当のチームワークとは仲が良いとか、助け合うとか、そんなものではないと思うんです。
各自が自分に与えられた仕事をしっかりと責任をもって果たすことによって、決して一人ではできない、難しく大きな仕事が可能になる。
10人の仕事は10人前ではなく、12人前にも15人前にもの価値を創り出すことが可能になる。
そういう事を「チームワーク」というのだと思います。


「どんどん良い会社になってきているな~」と心でつぶやきながら現場を後にしました。

最高だね!!アップ



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-10-25 05:18:15

真空コンクリート その3

テーマ:真空コンクリート工法
昨日の続き。
スロープ床の真空コンクリート床工事。

ドロドロのコンクリートを所定の高さで平らに均し、
$中屋敷左官工業(株)-5

7人がかりのチームワークで、丸いリングをコンクリートの床に埋め込んでいきました。
$中屋敷左官工業(株)-13

板の穴にリングを合わせて、コンクリートと同じ高さにひとつひとつ埋めていく作業。
型板をスロープに沿ってま~っすぐ盛り替えていかなければリングの並びが真っ直ぐになりません。
$中屋敷左官工業(株)-12
写真を拡大するとわかると思いますが、スロープの真ん中に上から下まで黄色い糸を張ってあるんです。
その糸に合わせて型板を盛り替えていくことによりリングが真っ直ぐになるようになっています。

リングを入れ終わるといよいよここからが真空工法のスタートです。
$中屋敷左官工業(株)-12

リングを入れ終えたコンクリートの床の上にベースパットという特殊なメッシュ状のマットを敷き、
$中屋敷左官工業(株)-3

その上にブルーの真空マットを空気が入らないように隙間なくピッタリと敷きます。
$中屋敷左官工業(株)-5
真空マットのセンターに白いホースが見えますよね?

このホースは外部にある真空ポンプの機械に繋がっています。
$中屋敷左官工業(株)-2
そしてこの真空ポンプを使って、コンクリート中の水分を吸引して強制的に吸い上げるのです。

詳しくはこちら。(真空工法のイメージ図)
$中屋敷左官工業(株)-12

吸引マットを敷いたら脱水作業開始。
真空ポンプのスイッチオン!!

すると、真空ポンプの排水ホースの先からコンクリートから脱水された水がジョロジョロと出てきました。
$中屋敷左官工業(株)-6

吸引する力は決められており、バキュームゲージという目盛りで表されています。
$中屋敷左官工業(株)-12
吸引時間もコンクリートの厚みに応じて決められており、今回は1サイクル8分間で吸引作業を行いました。

脱水作業が終わるとこんな感じ。
$中屋敷左官工業(株)-45
この作業によって、コンクリート中の約15%の水が脱水されます。
水分が脱水されることによりコンクリートが緻密な構造になるのです。

でもまだ終わりではありません。

脱水作業を追いかけて続いての作業は、円盤コテによるフローティングという作業。
$中屋敷左官工業(株)-7

床を凹凸のない平らな床に仕上げていきます。
$中屋敷左官工業(株)-8
スロープの下の方で脱水作業を行っているのが見えますね。
脱水作業を追いかけていく感じです。

でもこれでもまだ、終わりじゃないんです!!

作業は続くよどこまでも・・・

つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-10-24 05:39:21

真空コンクリート その2

テーマ:真空コンクリート工法
昨日の続き。
真空コンクリート床工事の施工です。

本日の施工場所はこちら。
200㎡弱のスロープ床の工事です。
$中屋敷左官工業(株)-2

コーナーもある約40メートルの長さのL型のスロープ。
$中屋敷左官工業(株)-3

まずは元請け工事責任者の方と、現場確認。
$中屋敷左官工業(株)-6
スロープのコンクリートの高さ、リングの配置場所の確認等、最終確認を行います。

並べられた2枚の丸い穴がたくさんあいているベニヤ板。
$中屋敷左官工業(株)-4
さて、何に使われるのでしょうか?
後ほどのお楽しみです。

コンクリート打設スタート!!
$中屋敷左官工業(株)-7

ドロドロのコンクリートを決められた高さに平らに均していきます。
$中屋敷左官工業(株)-5

ここまでは通常のコンクリート床工事とまったく同じ手順です。

ここからが真空コンクリート工事のスタートです。
先ほどの丸い穴の開いたベニヤ板をまだ軟らかいコンクリートの上に敷いています。
$中屋敷左官工業(株)-10

ここで登場するのが黒いゴムで出来たリング、
その数、約1,100個。

$中屋敷左官工業(株)-12

それをひとつひとつ手作業で型板の丸い穴に合わせコンクリートの中に埋め込んでいくのです。
$中屋敷左官工業(株)-11

1,100個も二人でチマチマ埋めていたのでは間に合わない!
そこでこうなります。
リング埋めに7人がかり!
$中屋敷左官工業(株)-12

若手中心のメンバー構成で今回の真空コンクリート床工事は行われているのも大きな特徴です。
メンバーの中には2年生の山内君、萌香ちゃん、新入社員の猪尾君、藤木君も参加!!
$中屋敷左官工業(株)-13
もう彼らも十分な戦力ですね!合格

リングをコンクリートの床と同じ高さに埋め込み、入れ終えると板を下に盛り替えて・・・この作業の繰り返しで順次下に向かって進んでいきます。
$中屋敷左官工業(株)-14

この作業、チームワークが絶対必要条件なんです。
$中屋敷左官工業(株)-1

すると・・・
今度は別の人がリングを入れ終えた床に入ってきましたよ~
$中屋敷左官工業(株)-12

何が始まるのでしょう?目

つづく・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-23 05:22:04

真空コンクリート

テーマ:真空コンクリート工法
当社のホームページへのお問い合わせで多いものの一つに「真空コンクリート」というものがあります。
$中屋敷左官工業(株)-67

真空コンクリートとは、昨日までお伝えしたコンクリート床仕上げ工事の一種で、ドロドロのコンクリートを打設し平らに均した後、機械を使ってコンクリート中の水分を強制的に吸引することにより、通常より緻密なコンクリートを作り出す工法です。
この工法を用いることにより、
・コンクリートの表面強度の増加
・耐摩耗性の向上
・コンクリート中の水分蒸発にともなうひび割れの低減
・白華現象の減少

などの効果が得らます。

したがってこの工法は床が磨耗しやすい場所などに採用されるのです。
例えば駐車場の床、それも一番摩擦力が強くかかるスロープによく採用されます。

大きな駐車場のスロープでこんな丸い凹みのある床見たことありますよね?
$中屋敷左官工業(株)-1
この丸い凹みはタイヤが滑るのを防ぐために作られているのですが、この床が磨耗しづらいように真空コンクリート工法を併用する場合が多いのです。

この真空コンクリートを施工するためには、専用の機械が必要となるのですが、北海道では当社の他2,3社しか所有していない貴重品。

先週の土曜日から、札幌市内某所において真空コンクリートの施工が行われたので、その現場リポートを通して真空コンクリート床工事の詳しい施工方法をお伝えしたいと思います。

先ほどの写真にあるように丸いリングはスロープに沿って綺麗に配置されてあります。
これは事前に当社でリング配置図を作成しているんです。
リング配置図の作成も当社のサービスのひとつです。
$中屋敷左官工業(株)-2

スロープのコーナー部分などを綺麗に納めるのもこの図面次第なんです。
$中屋敷左官工業(株)-3
リング配置図を元請け業者さんに提出、ご承認をいただいて施工準備完了!

当社では施工前にもうひと準備をします。
施工前日におこなう「施工前会議」です。
その日の作業を終え、明日の参加メンバーが事務所に集まり「施工前会議」がスタート!
$中屋敷左官工業(株)-4

工事長から今回の現場の概要、施工ポイント等の説明があった後、
判職長を中心に明日の人員配置、施工手順、施工注意点等を全員で確認し合います。
$中屋敷左官工業(株)-45
テーブルの上には図面やら写真やらが並んでいます。

この工事、難易度の高い失敗の許されない一発勝負の仕事なんです。

$中屋敷左官工業(株)-5
みんなの目も真剣!!

これで施工準備が整いました。

いざ出陣!!

つづく…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。