2011-08-11 11:44:17

完成間近!!

テーマ:古くなったサイディングの住宅が塗り壁に大
苫小牧の物件に引き続き、もう一物件。

「古くなったサイディングの住宅が素敵な塗り壁に大変身!」

もともとはこんな感じの住宅でした。
$中屋敷左官工業(株)-伏見18

$中屋敷左官工業(株)-伏見20
はい、よくあるサイディングの住宅ですね。

これを大変身させました。

まずはサイディングの傷んでいるところを補修し、つづいてサイディング外壁に金網を貼ります
(詳細は過去ブログに掲載してあります。サイディング補修金網貼り
$中屋敷左官工業(株)-伏見39

そのあとに樹脂や繊維が入っている特殊軽量モルタルをおよそ10ミリ塗り付け、
$中屋敷左官工業(株)-伏見42

さらに表面にグラスファイバーメッシュを丁寧に伏せ込み塗る壁下地を作成します。
$中屋敷左官工業(株)-伏見45

下地を十分に乾燥させた後、仕上げです。

今回のオーナー様はかなりのこだわり派でした。
壁のところどころにアンティークレンガを貼りたいとのこと。
$中屋敷左官工業(株)-伏見45
当社の吉田職長が奥様とマンツーマンで、「ここですか?」「もうちょっと右かな」などと細かいやりとりを行い、こだわりのタイルが貼り上がりました。
$中屋敷左官工業(株)-伏見44

外壁はジョリパット仕上げです。

テクスチュアは当社のオリジナル仕上げです。

一見、ただの白っぽいジョリパットに見えるでしょ?
$中屋敷左官工業(株)-伏見80

ところが違うんです。

壁に白地の生地を塗り終えたあと、
$中屋敷左官工業(株)-伏見70
なにやらローラーを手にしてコロコロと壁に何か塗っていますね・・・。

で~~

出来上がった作品がこれです!

アンティーク調の外壁です。
$中屋敷左官工業(株)-伏見88

なかなか素敵でしょ!?
$中屋敷左官工業(株)-伏見89

足場解体されたら完成写真をアップしま~す!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-07-08 05:53:55

サイディングの住宅が塗り壁に大変身! 下地編

テーマ:古くなったサイディングの住宅が塗り壁に大
昨日に引き続き、「サイディングの住宅が塗り壁に大変身!!」ネタです。

今日は下地編。

「サイディングの壁にそのまま塗り壁を塗るの?」

いえいえ、サイディングの住宅にそのまま仕上げ材を塗るのではありません。

まずは外壁を高圧洗浄しその後、金網を貼り付けていきます。
$中屋敷左官工業(株)-伏見8
キレイに金網が貼られていて、下地の状態でも美しいです。

いい仕事は下地も美しいものです。

ひび割れしやすいコーナー部分は斜めに補強。
$中屋敷左官工業(株)-伏見10

この金網は特殊な金具で止められていて、しっかりと既存の住宅の柱に固定されるんです。
$中屋敷左官工業(株)-伏見9

壁の下端も美しく仕上げるために、このような受け材が取り付けられています。
$中屋敷左官工業(株)-伏見11

ここのオーナー奥様のこだわりにより、今回の仕上げはおもしろいんです。
$中屋敷左官工業(株)-見本1
いまのところのサンプルはこんな感じ。
$中屋敷左官工業(株)-伏見12

この後、特殊なモルタルが外壁に塗られていきます。

まだまだ続きます、お楽しみに!!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-07-07 09:39:12

古くなったサイディング住宅が塗り壁に大変身!!

テーマ:古くなったサイディングの住宅が塗り壁に大
「古くなったサイディングの住宅が塗り壁に大変身!!」
そんな楽しい工事がスタートしました。

これから随時レポートしていきます。
$中屋敷左官工業(株)-伏見
「古くなったサイディングの外壁を塗り壁にしたいんです。」とホームページからお問い合わせをいただいたことがきっかけでした。

お客様のところにお伺いしお見積もりを提出させていただきました。

すると・・・

「ホームページを見ていて、きっと、すっご~く高いんだろうなぁ、と思っていたんですよ」と笑顔。

はい、当社は決してお値段も高くはありません。

最近のインターネットのお問い合わせのお客様の声で多いのがこれです。

・大きな仕事ばかりで、小さな住宅なんてやってくれないのかと思っていました。

・良い仕事はするんだろうけど、すっごく高いんじゃないかと思っていました。

・・・と思っていました。ということは違ったということですよね。

はい、そのとおりです。

当社は、ブロック一枚、タイル一枚、穴一つの補修からでも喜んでお仕事させていただきます。
そして、決して高くはありません。

当社ではゼロの数、すなわち金額の大小は当社では重要と見なしておりません。1人でも多くのお客様のお役に立てることを重要だと考えております。

と、そんな話はここまでにして。

というわけで、即受注!という事になりました。

古いサイディングに施工するには、既存のサイディングの劣化状況等を十分に把握し、それに対応することがとても重要です。今回の住宅で大きな問題だったのはこの部分。
$中屋敷左官工業(株)-伏見2
サイディングが傷んでいます。
劣化の仕方が局所的で普通の痛み方ではなく、どうも建物の内部側からの湿気により傷んでいるようでした。
したがって、この問題を解決しない限り、この上から塗り壁を施工しても数年後には、また壁が同じように傷んでくることが予想されます。

この劣化している問題を解決しなければ、塗り壁作業に入れません。
まずは傷んでいるところを撤去。
$中屋敷左官工業(株)-伏見4

下地のフェルトがかびだらけ。うん、やっぱり内部からの湿気によってやられているようです。
さらにフェルトを剥がしてみると・・・
$中屋敷左官工業(株)-伏見5
下地の胴縁の右端のエリアだけが黒カビ発生しています。
ということは、この右端のエリアで湿気が発生しているということです。

んんん!!???

なんとユニットバスの換気フードが配管に繋がっていない!!
$中屋敷左官工業(株)-伏見6
原因がわかりました。ユニットバスの換気ダクトと換気フードがきちんと繋がっていなかったために、壁の内部へ水蒸気が入っていた事で内部に湿気が溜まり、外壁のサイディングを侵していたのです。

いつものお仲間の設備屋さんに緊急要請!
しっかりと設備配管をやり直し、新しいフェルトを貼り、下地となるサイディングを貼り付けました。
$中屋敷左官工業(株)-伏見3
劣化サイディングの剥がしから復旧まで、設備工事以外はすべて当社の職人が施工します。

これで塗り壁に入る準備が完了です!

今回の補修した部分をもし、「うちは塗り壁を施工するのだから、事前施工の不具合は当社には関係ない。」ということで塗っていたらどうなるでしょう?

結果は、ほんの数年後また同じところから壁が傷み始めてくるはずです。

そんなんじゃいけないですよね?

壁を塗り替えるのにあたり、考えられる様々なリスクを洗いだし、お客様に事前にお伝えしそのリスクを取り除いていくことも当社の仕事の一つだと考えています。

「左官屋さんってそこまでやるの?」

はい、私達は壁のプロフェッショナルですから。

>塗り壁リフォームは安心して当社にお任せください!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。