1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-29 05:23:44

中屋敷左官道場も進化します!

テーマ:中屋敷塾〔教育〕
2012年の11月のこと。
翌年から6名の新人を採用するに当たり、私は彼らを教育する場所を探していました。
当時は塗り壁トレーニングも事務所の裏や倉庫で行っていましたが、6名同時にできるようなスペースは当社には無かったのです。

すると、銀行の支店長さんが探してきてくれたのです。
「社長、場所はちょっと会社から遠いけど家賃も安いしどうだろう?」と。

それがこちらの物件でした。
23

当時は民主党政権、株価は7000円台だったでしょうか・・・
日本の経済これからどうなるの?的な社会全体が不安な雰囲気でしたね~
「そんなことない!大丈夫!!」なんて思えるはずもなく、私も皆さんと同様不安は抱えていました。

でも、6人採用すると決めたからには「絶対に失敗は許されない!!やるんだ!!」という強い意識は持っていました。
そしてこの物件をお借りして、翌年4月から「中屋敷左官道場」がスタート!
4

今思えば、この場所は当社にとって新しいスタートの場所でもありました。
6

しかし、翌年からは新人の育成を札幌左官高等職業訓練校で行うことになったので、こちらの左官道場を使用する機会はめっきり減ってしまいました。

ここで話はちょっと変わりますが、昨年あたりから新しい道具やら機械が増えて当社の倉庫があふれ出したのです・・・
「どこか資材置き場みたいなところ探さなきゃいかんな~」と言っていた矢先、

なんと!!
「今の物件、大家さんが売りたいと考えているんですが、社長買いませんか?」と不動産屋さんからお話が来たんです!

嘘みたいな本当の話。

もちろん安い買い物ではないので、いろいろ考えました。
もし、他の方に売却されるとなると、契約の関係もあり私達はあそこから出ていかなければならない可能性があったのです。
そして、この物件は当社にとって思い出深く「まさにこのタイミングは神様からのプレゼント!」と思い購入を決断しました。
6

今までは、迷惑にならないように気を付けて遠慮しながら使わせていただいておりましたが、これからはたくさんの事が出来そうです!

別棟の倉庫も増えました!
7

この倉庫の外壁に大きな壁を作り、若手のトレーニングや、サンプル作成、外部施工の場合の施工シミュレーションまでできるようにしました。
9

倉庫内部にも大壁を作成し、外部と同じようにサンプル作成や、雨の日でも若手がトレーニングできるような施設にしました。
8

なかなか忙しくて、一気に整備とはいきませんが、6月中をめどに当社の今年の目標でもある「きちんとする」を実行したいと考えています。

中屋敷左官工業はさらに進化します!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-08 05:55:33

新入生と新2年生の交流研修会

テーマ:中屋敷塾〔教育〕
4月3日。
この日は午後から訓練校の終了式と入校式がありました。
午前中の時間が空いていたので、1年生と2年生の顔合わせを兼ねた合同研修を左官道場にて開催しました。

研修といっても机はいりましぇ~ん!
12
まずはみんな輪になって座って、名前覚えゲームからスタートです。
一人一人自己紹介をしながら、全員の名前を覚えていきます。
このゲームをやると、みんな全員のフルネームを簡単に覚えられるんですよ~

続いては本日無事、訓練校を卒業する2年生より「昨年一年を振り返って」というテーマでプレゼンテーションをしてもらいました。

まずは、今年「青年の主張全道大会」で優秀賞をいただいた笹木優人君からのプレゼンテーション。
5
社長からの突然の無茶振りにも関わらず、動じず素晴らしい話をしてくれました。

続いて竹崎君、
1
そして竹中君の発表。
3

いやいや・・・手前味噌になりますが、本当に3人とも素晴らしかったですね!!
社会人になるとたった一年でこんなにも成長するんだな~と感心しました。
「3人ともしっかりしてる!!」
新入生と比べても全然雰囲気が違いますもんね。

2年生の発表を終えると、続いては新入生と2年生向かい合って、新入生から先輩への質問タイム。
12

「一番辛かったことはなんですか?」
「一番うれしかったことは何ですか?」
「失敗したときはどうすればいいですか?」
「恐い先輩はだれですか?笑」などなど・・・これまたなかなか面白かったです。
4
新入生の気持ちを一番わかってあげられるのはなんといっても、つい一年前、同じ立場にあった新2年生ですもんね。

特に失敗したときのアドバイスは3人とも共通していました。
「なぜ失敗したのかを具体的に考えて、次の行動をとる。」と。
「自己成長モデル」
私の教育で一番大切にしていることが身に付いているようです。

一番大切なのは「ものの見方・考え方」

未来が楽しみですね~(^^)

つづく・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-11-04 05:56:06

2年生研修 その2

テーマ:中屋敷塾〔教育〕
先週の続き。

2年生向けの研修会。
今、毎日使っている「セメントの基礎」のお勉強をしたのは先週お伝えしました。

この忙しい時期にどうしてもやりたかった理由のもうひとつが、「今の自分を見つめること」です。
2年生になって半年が過ぎ・・・半年前の自分と今の自分はどう変わったのか?

「自分を客観的に見てみること」

過去ブログでもお伝えしましたが、今の1年生は4月の集中訓練を終え、5月以降は毎月訓練校でフォロー研修を行っています。

月一度のフォロー研修は、生徒達にはバス停と例えています。
毎日乗っている「仕事」というバスから一度降りてみて、自分を客観的に観察することです。
訓練校でやっていて、このフォロー研修はとても大事と感じています。

当社の2年生にもこの「自分を客観的に観察する」ことを体験させたかったのです。

今の自分を振り返った後、一人一人に自分が5年後になっていたい姿を発表してもらいました。
2

プライベートなことなので内容は秘密ですが、皆、素晴らしい目標を持っていました。
1

全員の発表を終えると、私は皆に言いました。
「みんな素晴らしいね!!なっていたい5年後の映像を巻き戻してみよう!」
「5年後、その目標を達成している自分をイメージして、そこから5年前の自分はどんな自分かを想像してみるんだ。今の自分が5年後の成功している自分とつながっていると感じられるのなら今のままで良いわけだ。もし、そうでないのなら、今の自分を成功した5年後から見た自分に修正する必要がある。」

「これが成功する秘訣」ひらめき電球

34

「成功とは誰かと比べる物ではなく、自分のなりたい自分になること」

そんな授業を終え、午後は場所を移動して実習研修!!

「学んで、即実践!!」これが私の教育のモットー!
「モルタルの基本」を学んだのですから、モルタル塗りの実践!!

現場に移動して、みんなで材料を降ろして~
6

材料を練って~


塗り付けです!!
一度「がりっ」としっかりとこすり塗りをしてから~
65

2回塗り。
43

皆、がっつがつ塗っていきます。パンチ!
8

みんな本当にたくましくなりました。メラメラ

最後は櫛目を入れて下塗り完了!!
9

みんな~5年後の目標を達成しようね~!!








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-04 05:34:32

大切なのはより良いお手本

テーマ:中屋敷塾〔教育〕
昨日のブログでも書きましたが、左官技能を教えていく上でとても難しいのが「やり方はひとつではない」ということなんです。

たとえば、訓練校の授業で行われた「Pコン埋めトレーニング」

現場に入ったら新入社員がやる仕事です。

Pコンと呼ばれる穴に、補修材を充填する作業です。
34

このPコン埋め、会社によってやり方は様々、職人さんによっても様々です。

でもこのPコン埋めでも「早く、きれいに、エラーがなく」を追究することが大切です。
たかが「Pコン埋め」されど「Pコン埋め」です。

今年の訓練校では、菊地先生の会社を含め5社のやり方がありました。

みんなでそのやり方をシェアし合い「その中で一番早く、きれいに、エラーがなく」埋められる方法を選択しました。
p

「あ~こっちの方が絶対に早い!!」なんていう生徒もいましたね~

Pコン埋めトレーニングの架台は、1枚の板に28個の穴が付いています。
この架台を「よ~いどん!」で競争してみれば「どちらの方がより早く、きれいに、エラーがなく埋められるのか?」が、その差がほんのわずかな差でも必ず具体的に結果は現れます。
23

昨年の中屋敷左官道場でもそうだったんです。
早いと思われているPコン埋めのやり方が2種類ありました。
去年の新入生がその2種類でやってみると、6人全員が同じやり方の方が20秒程度早いという結果が出たのです。
そしてその時において「一番早くきれいにエラーがなくできる方法」を選択したのです。
65

他のやり方が間違っていると言うことではありません。
とりあえずその状況に置いて「一番早くきれいにエラーがなく埋められそう」と思われるものをやってみよう!ということです。

だからもっと早い方法はあるかもしれません。
もっと早い方法が見つかれば訓練校の教えるやり方も即座に変更します。

「技能は進化するんですから!」

訓練校ではどんな作業でも「これはやり方の一つであり絶対ではない」と教えています。

大切なのは「より良い方法を求め続けること」
それに必要なスキルが「モデリング」なのです。

だからこそ訓練校では「できるかぎり良いお手本を」選んで、それを「モデリング」させるという手法をとっているのです。

塗り壁トレーニングを例にとると、「久住章さん」の塗り方をお手本にしてそれを「モデリング」しているわけです。
dw

毎月行われるフォロー研修では「伝統工法」を学ぶ授業もあるのですが、今月は「洗い出し仕上げ」についてでした。

教科書で学ぶより、実際に施工しているのを見るのが効果的です。
「できるかぎり良いお手本を」ということになるとやはり「荒木富士男さんの洗い出し」です!
こういうときにモデリングDVDが役に立つんですよね~
3

左官技能育成において一番大切なのは「良いお手本」だと私は考えています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-02-04 05:58:10

4つの秘訣 その4

テーマ:中屋敷塾〔教育〕
「加速成長を生み出すための4つの秘訣」

4番目 集中して行う

モデリングによる塗り壁トレーニングを社内で取り組み始めて今年で4年目になります。

2011年、スタートは「ねじりハチマキ」こと篠岡君。
435

翌年は「左官ガール」の萌香。
rt

そして昨年は「6名の新入社員」
34

塗り壁トレーニングをやった全員に例外なく共通した表れがありました。

それは・・・

月曜日になると、ガクッとできなくなることでした。
月曜日から土曜日まで毎日トレーニングを行います。
日曜日はお休みするわけです。
たった1日休んだだけで、全然できなくなっちゃう!

全員!!

例外なく!!!

篠岡君は当時、「日曜日やらないと全然だめっす!」と気づき、競技大会までの半年間、1日もかかすことなく1時間の塗り壁トレーニングをやり続けました。

人間の体って面白いですね~

24時間以上開けてしまうと、体が忘れちゃうんでしょうか?
実際これが科学的に正しいかどうかはわかりませんが、私の経験上全員が同じ体験をしているので、私は正しいと思っています。

あくまでも私の経験上ですが、やったりやらなかったり、時間を空けてやったりするのは、効果が無い訳ではありませんが、効果性は低いと思っています。

「毎日集中してやりつづけること」

できれば同じ時間帯に、同じ時間、同じ事をやるのが最大限の効果性を発揮するのではないかと今の私は感じています。

これまでご紹介してきた「加速成長を生み出すための4つの秘訣」

「モデリング」「目標設定」「日々の分析・改善」「集中して行う」

今回これらの事を文章にしてみて、この4つは互いに補完し合っている関係にあると気付きました。

今回の記事は、私自身にも大きな気づきがありました~

みなさんの人材育成のほんのわずかなお役にでも立てればうれしいです。

もっとこういうのあるよ~!など、私の知らない事があれば是非、是非教えてくださ~い!!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。