2009-07-24 05:51:30

金メダリストに見る、違いをもたらす違い

テーマ:第43回全国左官技能競技大会

第43回全国左官技能競技大会の優勝者


鹿児島県の田畑 隆さん。


公彦が4番、田畑さんが5番だったので、田畑さんは公彦のとなりでした。


当初は公彦の様子をビデオ撮影するつもりで、ビデオカメラを持っていきましたが


私のビデオカメラは田畑さんのすごさに田畑さんに向けられていました。


私が感じた基本の一つ。


シンプルです、それは・・・。


”汚さない” でした。


ほんと、当たり前って言えば本当に当たり前なんですけど、


これだけの状況で、最初っから最後まで、



中屋敷左官工業㈱-t1
いつもきれいでした。


写真を見てるだけでは、ついほんの少し前まで、


どろどろの石膏を練って置き引きしていたようには見えません。



中屋敷左官工業㈱-t2
休憩時間じゃないです作業中ですよ。写真右端に膝が見えていますね。



中屋敷左官工業㈱-t3
あ、今度は休憩時間でしょ!


イヤ違います。 扇風機の陰に隠れていますが、作業中です。



中屋敷左官工業㈱-t4


周りに何にもないじゃない! もう出来上がったあとじゃないの?


いえいえ、



中屋敷左官工業㈱-t5
写真を引いてみればこの通り!。


材料の置き方、道具の置き場所、置き方、向き、すべてが計算されつくしているようでした。


普通の人と一流の人との「違いをもたらす違い。」のひとつ、


”基本を極める事” ではないでしょうか。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-23 06:45:12

印象的だった出来事

テーマ:第43回全国左官技能競技大会

それは競技大会最終日、最後の第五工程のときでした。


第五工程とは、終了時間までに作業を完了し、片付け、清掃までしなくてはなりません。




残り10分をきり、残り5分が過ぎ、


「選手にお伝えします。残り時間3分です。」


このコールが聞こえても公彦は漆喰と土壁の切り付け部分の補修をやっていました。




私はもう我慢できずに、「公彦!!!何やってる!片づけまでが第5工程だぞ!。もう作業やめろ!」


と言ってしまいました。




公彦は私の方を見て、「いや!」と強い眼で私に言いました。


そして、漆喰の壁を再びいじりはじめました。




その瞬間、私は自分のした行為を恥じました。


彼がどれだけの思いでこの課題に3日間取り組んでいるのか。


「たとえ、掃除が間に合わなくて減点されても、自分の作品を最後の1秒まで使ってでも良い物にしたい。」


公彦の執念を見ました。




最後の一分が過ぎ、のこり30秒ぐらいになってからでしょうか。


彼が、ようやく道具を洗い始めました。


作業終了の合図。


各工程ごと、作業終了の合図と共に自分の番号札を競技員席に返さなくてはなりません。


その札を返して始めて作業終了と認められます。




でも、彼はその場に立ちつくしていました。


私は彼に、「何やっている!!札をもどしてこい!!!」と大きな声で彼に伝えました。


それでも彼は茫然自失としていて、動けません。


私は、彼のシャツを引っ張り「早く札をもどしてこい!!」と彼をうながしました。


そして、ようやく彼はその札を返しにいきました。




その瞬間、きっと彼は抜け殻になっていたのでしょう。


彼のすべてを出し尽くしたのでしょう。




自分はこんなに風に自分自身、空っぽになるまで何かに打ち込んだことがあるだろうか?


彼に何か大切なことを教えられた気がします。











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-07-22 09:48:15

マシンガンVS火縄銃

テーマ:第43回全国左官技能競技大会

全国左官技能競技大会という場所は本当に凄い場所でした。




日本一を決めるということはやはり、なんでもそうでしょうが並大抵ではありませんね。


壮絶!という言葉がぴったりでした。




そして、ある意味選手同士の戦いの他に、支部同士の戦いでもありました。


それぞれの代表選手には応援部隊が付いていて、メダリスト達が試行錯誤して


いろいろな武器を考案してきます。




たとえば、石膏の置き引きを決まった長さに切ること一つとっても各選手いろいろな道具を自作して持ってきていました。




中屋敷左官工業㈱-o4


台の上にある箱に置き引きを通すと、自動的に45度の角度で切れるようになっています。




中屋敷左官工業㈱-o1



長さが自動的に決まるようになっています。




中屋敷左官工業㈱-o5



こちらは、数種類の置き引きすべての長さも角度も自動的に決まるようになっています。


凄いです!!!



中屋敷左官工業㈱-o3



チャンピオン田畑さんの道具です。


置き引きを90度と45度に正確にきれいに切れるような物になっています。


のこぎりを箱の細い切れ目に入れて切っているところです。




置き引き切ることひとつでもこれだけ各県連で知恵を絞って考えていました。


私達にとっては、最新鋭のマシンガンに火縄銃で応戦!みたいな感じでした・・・。




何度も参加している岐阜の小倉前日左連青年部部長さんにお伺いしたところ、こういう道具も


各県連の楽しみになっているそうです。




我が北海道も次回はこのような地域の戦いにも参戦したい! と痛切に感じました。




北海道から金メダリストを出す!!!


新たな私の目標です。

















AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-07-21 09:56:08

成績発表!

テーマ:第43回全国左官技能競技大会

第43回全国左官技能競技大会成績発表です!


昨日はとてもすがすがしい良い天気でした!。




中屋敷左官工業㈱-4-6





優勝は、 5番 日左連会長推薦  鹿児島県 (有)田畑工業  田畑 隆さんでした。


おめでとうございます!




中屋敷左官工業㈱-4-2



今回、3度目の挑戦で念願の優勝でした。




中屋敷左官工業㈱-4-5



田畑さんは公彦のとなりでした。


初日からすべてにおいて凄かったです。


慣れているせいもありますが、すべてが計算されつくしていました。




残念ながら、公彦は入賞とはいきませんでした。


3位以下は、努力賞です。




中屋敷左官工業㈱-4-3



でもこの顔を見てください!。


自分が作った作品の前で、とても満足そうないい顔をしています。




彼自身、競技の3日間、同じ苦労をともにした選手とも、とても良い関係を築けたとのこと。


中屋敷左官工業㈱-4-4



田畑さんとの2ショット。


「もう一度挑戦しろよ!。応援するから」と言ってもらったそうです。




表彰式で、越猪審査委員長から総評をいただきました。


委員長がお話しされたこと・・・・それは


「選手達には基本を競い合ってもらいました」


私が感じていたことは間違っていなかったんだ!!!


これだけ難しい課題をしても、大切なのは基本なんだと。


素晴らしい学びを頂きました。




中屋敷左官工業㈱-4-1



表彰式を終え、日左連の守谷会長を囲んでの記念写真です。


今回の参加者では、公彦は最年少でした。


まだまだ彼の人生はこれからです。


とても素晴らしい経験をさせていただきました。




ありがとうございました。




そして、公彦の応援をしてくださったたくさんの方々に、心からの感謝をお伝えしたいと思います。


「本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします。」









いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-07-20 08:05:51

左官の凄さ、素晴らしさを知る

テーマ:第43回全国左官技能競技大会

第43回全国左官技能競技大会の競技が終了しました。


本日、10:00より審査発表、10:30より表彰式が行われます。




私自身、恥ずかしながら今回初めて左官技能競技大会を見ました。


正直、私の想像をはるかに超えるすごさでした。




本当に技術の優れた職人が3日間、計18時間死に物狂いで施工して、ぎりぎりできる課題に設定されてあります。


「左官ってこんなにすごい仕事だったのか!」ということを、左官の社長をしていながら恥ずかしいですが、


あらためて知ることができました。




「左官」という仕事に、”官”という文字が付いているのがわかったような気がします。(私の個人的な感覚ですが)




今回、初めて選手を出して、参加させていただいたことによりたくさんのことを学ばせていただきました。


一度には書ききれない内容なので、何回かに分けてお伝えしていこうと考えています。




まず、一番の学びです。


この難易度の高く、時間設定もわざわざ厳しいセッティングだからこそ、わかることがありました。


それは・・・


 「基本がすべて」 ということです。




そんなの当たり前じゃないか、と思われるかもしれません。


自分も分かっているつもりでした。


でもごめんなさい。 頭で知っているだけで、本当にはわかっていませんでした。




簡単な課題や、時間に余裕があったりすると、それでもごまかせることもあります。


でも、今回の様に本当に難しく、一流の職人をしてもぎりぎりの時間設定のような仕事をきれいに仕上げるには、


基本が体にしみ込んでいないと絶対に無理だと強く感じました。




逆に言うと、超一流の職人さんの早く、きれいに、正確に作った仕事を細かく分析し、無駄なものを究極にそぎ落としていったもの、それが基本だということでしょう。




だからこそ、基本には全くの無駄がなく、むしろとても理にかなっていて、効率的である。




基本の重要性は、すべての道に通じることだとおもいます。




まさに、左官の仕事は "左官道” です。




新たな目標ができました。


無謀なチャレンジだったかもしれません。でも、見学だけではただ「すごいなぁ」で終わっていたでしょう。


参加して、苦しんで、失敗してみたからこそ、今回のたくさんの学びを得ることができたと思っています。




”まず、やってみることが大事! やってみればわかるさ!” 


これからも挑戦し続けます。







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。