1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-09 05:40:15

平成28年度安全衛生教育研修会

テーマ:中屋敷スタイル[教育]
ゴールデンウィークの入り口の4月30日の土曜日のこと。

この日は当社の平成28年度安全衛生教育研修会でした。
今年もホテルの会場を借りて今年も「きちんと」行われました。

安全研修は「安全第一」を掲げる当社にとって、とても大事なイベントです。

訓練校と同じように、極力文字を少なくして、難しいことを少しでもわかりやすく伝えるために今年もプロジェクターが大活躍です。


この日は全現場、午前中で作業を切り上げて16:00に全員集合!
この日は今、仙台で頑張ってくれているメンバーももちろん全員帰札して参加です。


今年の新入社員3名の自己紹介を終え、私からのレクチャーです。

昨年一年間を映像や動画を交えて振り返り、よかったこと、反省点等を洗い出しました。
続けて今年の目標、そしてそれに対する重点施策等をみんなで共有しました。


私からの話は約50分間で終了。
最近は訓練校の影響なのか、1時限50分間が身体に染みついてしまっていて、ほぼ50分間で話がまとまります。
職業訓練指導員講習を受けて学んだことなのですが、これ以上長いと聞いている側が疲れてしまうんですよね~。

休憩を挟み次の研修は上西常務の方から。
今年から常務や若番頭の平木君にも分担してやってもらうことにしました。

上西常務からは施工に関する施工検討研修会。


昨年の施工事例を紹介しながら、みんなで材料のこと、施工方法について学びました。

みんなからもたくさんの意見が出て、とても有意義な施工検討研修会になりました。

続いては、安全担当の平木君の方から、昨年一年間の現場パトロールの反省点、改善点等を報告。

これまたなかなか良かったですね~

今まではある程度私が主体でこの研修会を行っていたのですが、常務や平木君にも参加してもらう事により、みんなからもたくさんの意見が出て、とても良かったと思います。

徐々にではありますが、全員参加型の研修会に近づいているな~と感じられた有意義な研修会となりました。


実はこの日の研修会はもうひとつイベントがあったのです。

つづく・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-11 05:41:54

若手の活躍

テーマ:中屋敷スタイル[教育]
今年は、新聞やらテレビやらとまぁ、取材が多いです。

この日は札幌市内のマンション新築工事の現場で取材がありました。


この日の取材対象は私ではありません。
うちの若手にです。
現在、学生さん向けに建設業のPRビデオを作成しているそうで、そのモデルになって欲しいとの依頼があったのです。

そんな訳でこの日は朝一から現場で撮影でした。晴れ

朝、朝礼が終わり危険予知ミーティングから。


なんと!この現場の職長は三年生の猪尾君です!!

三年生といっても、まだ入社してたったの2年半。
しかも10階建て45世帯ものマンションの職長として毎日頑張っているんです!叫び

その姿を映像に収めてくれました。

同じく三年生の藤木君も一緒に撮影。

私はこの日、仕事で撮影場所にはいなかったのですが、報告によるとうちの若手はカメラを向けられても、まったく慣れた様子らしい・・・(^^;;

最後に2人とも、ボードになにやらメッセージを書き込んだらしい。


それがこちら。

猪尾君「でっかいマンション一緒作りましょう!」
藤木君「技術を極められる楽しい仕事!!」
なかなかやりおるわい・・・

2人ともほ~んと、いい顔してる。

この撮影が終わってしばらくして今度は、パネルディスカッションのパネラーの依頼。


この日は札幌市内の高校の先生を対象にした、ハローワークさん主催のパネルディスカッションだったそうです。
入社後三年目までの新社会人の意見を司会者が質問形式で聞き取っていき、最後、先生方からの質問タイムという流れ。

この日のパネラーとして参加したのは、これまた三年生の高橋大輔君。


この日も私は行くことができなかったのですが、同行した平木君からの報告によると、「高校生の時に、5年後自分はどうなっていたいかを考えて過ごしていれば・・」「自分が着実に成長していることを実感できることが楽しい」などと高橋君が話したらしく、
「内側から湧き上がってくる自信をもって話している姿は本当に頼もしかったです」と平木君は感じたようです。

実は今、当社では6名の三年生のうち4人が職長さんとして現場で活躍してくれています。
もちろん、ベテランさんの助けをもらいながらですが・・・
2年生の中でも、小さくてもいいから自分でやらせて欲しいです!という声も上がっているそうで。

ほ~んと、とても嬉しいことです!

ひと昔なら2,3年生が「自分にも職長やらせて下さい!」なんて言おうもんなら
「おまえなんて百年早ぇよ!!」って怒鳴られて終わりだったでしょうね。
いや・・・今もまだそんな会社たくさんあるでしょうね。

うちの会社はやる気のある人間にはどんどんチャンスを与えちゃいます。

特に若手には「毎日、毎日、挑戦しろよ! 挑戦っていうのはね、今出来ないこと、成功が約束されていないことに挑むことを言うんだ。そしてそこに成長が生まれるんだ!!」って入社してからず~っと言い続けていることなんですから。

どちらが正しいとか、間違っているとかいうつもりはありません。

ただ、今のところそのやり方でうちの若手は活き活き輝いているようです。

今の時代の若い子は考え方もしっかりしていて、み~んな優秀ですよ~

若手の活躍がとてもうれしい今日この頃なのです。ニコニコ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-12 05:23:44

競争心と協力心

テーマ:中屋敷スタイル[教育]
ベテラン職人さんや年配の経営者の方々からよく聞く言葉。

「最近の若い連中はほんと、競争心がないよな~」って。

続けて「俺たちの時代は、同じ歳の連中には絶対に負けたくない!って頑張ったもんだ。」って。メラメラ

はい、そのとおりです。

昭和時代の職人さんはハングリーさと競争心がモチベーションとなり、成長してきました。

「今の若い子達は恵まれてるから」って。

そうかもしれませんね~

だから何なんでしょう?

若い子達が俺たちの考え方とは違うから、若い子が育たないのは彼らのせいだとでも言うのでしょうか?

私はここ数年、若い子達を訓練校や自社を通じて結構な人数を見ています。

その中で気付いたことが一つ。

「彼らは競争心はないけれど、協力心は今の先輩方よりはるかに強い」ということです。

はるかにどころが天と地の差ほどと言ってもいいくらい。笑

たとえば、今年の訓練校の自習の時間のこと。

薄塗り補修の練習架台は2,3人分しかスペースがありません。


すると「俺先に塗り壁やるから使っていいよ~」ってお互い譲り合ったり、
材料つくるのに悩んでいる生徒がいたら、自分の作業の手を止めて「これ大事だよ~」なんてアドバイスをしてあげたりします。


中屋敷左官工業も若手はみんな仲が良いんです。

先日・・・私が倉庫に行くと若手が集まっていて、その中の一人が「社長、お願いがあるんですけど・・・」と私の元へ近寄ってきました。
困ったような笑顔をしながら「あの~みんなでボーリング大会したいんですけど・・・あの~・・その~・・・」と。

「金を出してくれってことだな? よし、10年後の出世払いで貸してやる!」と私。

その後、お礼のメッセージとともに送られてきた写真はほほえましい写真ばかり。


全員うちの若い子達ですよ~


ボーリング終わって~焼き肉だったらしい・・・。ナイフとフォーク


昔の先輩方の世界観とはま~ったくの別世界。

彼らの世界観は、みんなで楽しく、力合わせて、過去ブログでもお伝えした「キャプテン翼」世代、いや!もうそれも古いですね~「イナズマイレブン」世代。

もう一方の昭和世代の職人さんの先輩方の多くは「巨人の星」世代。

どっちが優れている、劣っているということではありません。
ただ、今の子達は「イナズマイレブン」世代ということ。

イナズマイレブンという漫画はサッカー漫画で、うちの息子の影響で私も見ていました。
そこで出てくるテーマは主に「仲間」とか「チームワーク」なんです。

彼らに競争心だの負けるなだの言ったって無理。
彼らの素晴らしさを上手く活かしてあげる方がよっぽど大きな価値を生み出すと私は経験上感じています。

「巨人の星」の血のにじむ努力でライバルを打ち負かす!
「巨人の星」は歴史に残る素晴らしい漫画ですが、今の時代には流行らないのかも~(^^;;

どちらが正しいかより、どちらが良い結果が出ているのかにフォーカスしてみた方が良いのではないでしょうか?

私も今まで若手の育成でたくさ~ん失敗してきました。
その都度、「自分の何がどうだったら彼は辞めなかったのだろう・・・」と矢印をいつも自分へ向け、自らを変化させてきました。

その結果として、ここ2年間の訓練校の生徒が誰1人辞めていなかったり、当社も12名全員がこんな風に仲が良いのかもしれませんね~

私達左官業界の多くは、若手を「巨人の星」の世界観で育てようとするから上手くいかないんだと、様々な場所を見させていただいて思います。

厳しい言い方ですが、育てる側が時代ずれしている。

大きな変化が必要なのは若い彼らにではなく、私達なんだと最近さらに強く強く思っています。

私達が変化しない限り、どんなに素晴らしい金の卵を採用したところで、結果は変わらないと思います。

なぜ、こんなに厳しいことを言うのかというと・・・

それには理由があるんです。

つづく・・・

お知らせ
中屋敷左官工業は8月13日~16日の4日間、お盆休みをいただきます。
したがいまして、私のブログもお休みをいただきます。
皆さん、良い夏休みをお過ごしくださ~い!!船










AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-04-13 06:05:28

平成27年度安全衛生教育研修

テーマ:中屋敷スタイル[教育]
4月4日土曜日のこと。

札幌市内某ホテルにて、中屋敷左官工業(株)平成27年度安全衛生教育研修を行いました。
8

昨年もそうでしたが、最近はプロジェクターが必需品。
3
文章たくさんより、絵や写真たくさんの方が職人さんには伝わりやすいですよね(^^)v

この研修のために、現在、石巻の復興住宅の現場で忙しさ真っ只中で頑張ってくれいてるメンバーも帰省しました。
当初、葛西職長から平木君の方に「そのあたりは最後の追い込みの真っ最中で、とてもじゃないけど現場空けられる状態じゃないから行けません!」という連絡があったそうです。
そこで私は平木君を石巻まで送り、現場所長さんに「当社は安全第一なのでお願いします!」と現場を空ける許可をいただきに行かせもしました。
が、しかし!!
仙台に行った平木君から私にメールが来ました。
「葛西さんを説得しましたが無理でした。それに実際に現場を見てみると、たしかに現場もその土日に階段モルタルを取りたいというのもわかります・・・」と。

でも「絶対にダメだ」と私。

そこで私は、直接葛西職長に電話をして「なお(葛西君のこと)、うちの会社は『安全第一』だ。安全は何よりも優先だ。」と伝えました。
さらに「もし、どうしても忙しいというのなら月曜日から人をそちらに送って増員しても良い」と。

わざわざたったこの半日のために忙しい現場を空けてくることがどれだけ苦しいかはよ~くわかります、それにお金も時間ももちろんかかりますし。それよりなにより毎日疲れているところ、一泊二日の強行軍で来る疲労度も考えると、理解してあげたい気持ちも無いではありませんが、この一日はこの一年間の会社の方向性をみんなで確認し、共有するとても大切な一日なのです。

そこは妥協無しです!!

というわけで無事全員集合!!
1

平成27年度安全衛生教育研修がスタート!
23

例年のように、まずは私からのプレゼンテーション。
まずは昨年の振り返りから。
過去ブログでお伝えしましたが、昨年の講習会はベテラン島とヤング島と、エリアを二つ分けて座ってもらい「今のうちの会社はベテランと若手の間にこのように隔たりがあるように感じる」と。
そして「この隔たりをなくし、ベテランと若手が力を合わせない限り、当社の成功は無い!」と断言しました。
21

そのためには、
23
昨年一番社内で力を入れたことです。

結果・・・
23
「昨年度の振り返り以上、終わり!!」笑

我ながらなんと短い振り返りでしょうか・・・
今までで一番短かったかも。
でも、本当に文句の付けようのない働きをみんなしてくれました。

本当に嬉しいです。

1+1が2以上になった感じはみんなも感じているんじゃないかな~
実際に会社の数字にもその効果は現れました。(^^)v

今年もさらなるベテランと若手のシナジー効果を期待しています!!

さて昨年度の振り返りに続いて、今年のこと。

さて今年はというと・・・
昨年以上に素晴らしい一年にするためには何が必要なのか?
今の自分達に満足するのが一番心配なこと。

だからこそ「私たちにとって、一番の敵は油断!!」


現状に満足せずに、もう一段階上を目指そう!ということです。
ここから先の具体的内容はひ・み・つです。

ここ数年、私はみんなに当社の「幸せの未来図」を語っています。
文字や数字ではありません。
一言で言うと「中屋敷左官工業の幸せな日常の風景」です。
「1年中たくさんの仕事に恵まれて、毎朝、みんなが会社に集まって「おはよう!」という元気な声と笑顔が溢れていて、若手が育っているのでベテランさんはハードな仕事は若手に任せることができて・・・」と、どんどん理想の映像は広がっていきます。

私の一番大事な仕事は、みんなが「そんなところなら行きたいな~」と共有できる「幸せの未来図」を描くこと。
人はしたいことをしていれば辛いとも感じないし、行きたいところに行くためには頑張れるわけで・・・

ひとりひとりが自分の役割を果たし、自分たちの行きたい目的地に全員で日々向かっている感じ・・・

中屋敷左官工業は「ビジョナリーカンパニー」
なんちゃって~(^^;;


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-04-06 05:30:28

平成27年度入社式

テーマ:中屋敷スタイル[教育]
平成27年4月1日。
今年は新人3名が入社してきました。

中屋敷左官道場で入社式が行われました。クラッカー
1

自己紹介からスタート!
まずは会社側から。
私に続き、上西常務、平木君と挨拶。
2

続いて新入生。
福井将之君。
4
小樽工業高校を卒業し当社へ入社。

続いて、老松丈武君。
3
彼は3月に自衛隊を退職し、当社へ入社。
元自衛隊員は老松君で3人目ですね。

そして最後に吉田彩香さん。
5
恥ずかしがり屋の女の子です。
でも彼女は技術専門学院を卒業しているので、唯一鏝を持ったことのある経験者なんですよ~

自己紹介を終え、私からのレクチャーがスタート!!
6

毎年恒例ですが、入社する人達へのレクチャーは「企業理念」です。
76
なんのために中屋敷左官工業は存在しているのか?
中屋敷左官工業の目指すところ、大切にしている事、優先順位。
この企業理念はうちの会社の羅針盤。

仕事も人間関係も、日々起こる様々な出来事や問題すべて、この企業理念に沿って解決していくのです。

みんな、素晴らしい未来を創ろうね!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。